「本気で自分と向き合ったことはありますか?」その答えを変えた研修

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

①自分との約束を守ることで自信がつく

自分の自信というものへの根拠が無いと実感しました。自身の過去の経験を振り返り、出来たという結果に対しての自信のみを自分の中で持っており、過程に対しての自信が無いことを痛感しました。これに対しての原因は二点ありました。①過去の行動において、自分が期間毎での目標を具体化せず、行動を定量的に考えられていなかったこと ②他人と比較して自分が出来るという事実に基づいた自信であったことです。もちろん結果として残すことも大切ですが、過程としてどれくらいの計画、自分との約束を自分が守ることが出来たかということが自信において重要であると学びました。結果は過程を踏んだのちに得ることが出来るものだと思います。今後は目的に向かって取り組む際、その時々の目標を自分の中で定め、きちんと自分との約束を守るという形で自信をつけていきます。

②リーダーは準備出来ている人がやる

これまでの経験において、リーダーはやりたい人、経験がある人、周りからの人気投票で決める機会がほとんどで、私もそれに対して疑問を抱かずにいました。しかし、今回の研修を通して組織にとって最適なリーダーは準備ができており、且つ組織に対して誠実に取り組むことができる人であると感じました。やる気はあっても準備ができていなければリーダーになるべきでは無い。やる気の先の、誠実に向き合い準備する行動が、真のリーダーには必要であると感じました。

③あらゆる仕事はコミュニケーションを通して豊かになる

考えられる仕事を一つ一つ深掘りした際、その全てがコミュニケーションを必要とするもの、もしくはコミュニケーションを取ることでより最適化できるものでした。「コミュニケーションが必要」とは良く耳にしますが、なぜという部分を今回例に取って具体化することで、改めてコミュニケーションの重要性を感じました。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

初めに、今回の二日間の研修を通して私に対して本気に、誠実に向き合ってくださった森口さんに心から感謝申し上げます。森口さんの御指摘や御助言で「出来なかった過去、出来ていない現在に執着するのではなく、出来る未来にどう変えていくか」という考えを持つことが出来ました。

本研修の1日目、何も出来ない自分、そしてどうしようもない状況での対処の仕方が分からず、ただ悔しくて涙を流していました。初めて弱みを痛感し、向き合った瞬間です。しかし、弱みを痛感し悔しいという感情は抱いたものの、実際の行動では「分からないから」と他人任せで一歩引いて行動していました。これでは気づきだけで終わり、今までと変わりません。

具体的な行動として森口さんからいただいた御指摘や御助言を元に「敏感に動く、挨拶や返事は一番に大きな声でする」という具体的な行動を目標に立て、2日目は実行しました。今回のワークで出来なかったことに対しての直接的なアプローチではないですが、今の自分にとって事実と向き合い、自分なりの誠意を行動で示すということを実行出来たことが大きな成長であり、今回の経験の積み重ねが弱みの克服に繋がると感じています。出来ないことがすぐ出来るようになるわけでもなく、「日々の積み重ね」として小さな行動でも確実にこなしていくことが今の私に必要であると再認出来ました。

今回の研修は、これまでの人生の中で一番濃く自分と向き合えた二日間であったと感じています。

最後になりますが、今回の研修の準備をしてくださった皆様に心から感謝申し上げます。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

この文章を読んでくださっている人の中には、この研修を受講するかどうか迷っているという方もいると思います。その方に問います。

「本気で自分と向き合ったことはありますか?」

偉そうな問いかもしれませんが、数日前の私は「Yes」と答えていたと思います。しかし実際に研修を通した後に感じる過去の自分への答えは「No」です。二日間の研修は決して甘いものではなく、精神的にもきつい期間になるかもしれません。しかし、今の自分であれば本気で自分と向き合ったと心から言えます。そして、その先に様々なネクストアクションが生まれ、今後の自分の成長にワクワクしています。一歩踏み出したあの時の自分に感謝し、皆さんにも是非一度「本気で自分と向き合って欲しい」と感じています。

推薦してくれた方へのメッセージ

山田飛翔さん

この度は推薦していただき、ありがとうございました。
私が当初想像していた何倍も自分と向き合い、辛く、苦しく、そして楽しい期間を過ごすことが出来ました。
そして測れないほどの知識を吸収することが出来ました。
エンカレッジの活動に最大限活かすべく、今後も継続して行動として取り組んでいきます。
引き続き、よろしくお願いいたします。

研修を通じて学んだこと

  • 自分との約束を守ることで自信がつく
  • リーダーは準備出来ている人がやる
  • あらゆる仕事はコミュニケーションを通して豊かになる
  • 相手に価値を提供することで学ぶ
  • 資源や知恵を使いこなす
  • 権限の中には義務がある、それを全うすることが責任
  • 本質を重視する
  • 相手との約束を守ることで信頼が生まれる
  • 概念化と構成要素
  • 基準化、数値化を行う
  • 目標にはSMART+C
  • 顧客の価値の最優先

この記事の著者/編集者

荻野 まみ 早稲田大学  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 白石 知朗

    早稲田大学 2022年03月12日

    リーダーは準備が出来ている人がやる。とても本質で、私も日々意識し続けなければいけないなと感じました。また、本当に自分に向き合った2日間だったからこそ、今「NO」といえる荻野さんが素敵だと思います。
    これからも自分に向き合い続けていく事を期待しています。一緒に成長していきましょう。

  • 山田飛翔

    2022年03月10日

    記事からも2日間荻野さんが本気で自分に向き合ったことが伝わってきました。
    「できる未来にどう変えていくか」を考え、日々の積み重ねとして小さな行動も確実に実行するといった言葉は私自身考えさせられました。
    目の前のことを着実に積み重ね、ぜひ準備のできているリーダーを目指して欲しいです。応援しています。

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2022年02月23日

    様々な活動に取り組む際、ともするとなんとなく活動を始めてしまうことがあります。
    何が目的でありそのために今は何をするのか、そうして目標を定めて歩む過程を積み重ねることの重要性を再確認しました。
    まずは自分ができることから。誠実に行動に移すことを続け荻野さんが準備のできたリーダーとなることを応援しています!

最新記事・ニュース

more

早稲田大学商学部の4年生。 "新たな価値観を知りたい"という思いのもと、幼少期から多くの挑戦を重ねてきた。 大学時代は様々な方法で将来の進路に悩む中高生のサポートに力を入れてきた。大学四年時は自らができる価値提供先を増やしたいと考え、キャリア支援団体にて就活生の自立支援をおこなっている。団体においては人事部署のリーダーを務め、組織力の向上を目指している。

報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

荒 諒理 川瀬 響 本田花 須賀渉大 上野美叡 19Picks

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

本田花 西本 明希 谷口 宗郁 香山 渉 古屋大和 15Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原駿介 星野歩華 伊藤純希 65Picks

今回の研修で弱みを初めて言葉にし、弱みが単に触れたくないものから、本気で克服したいものへと変わっていきました。自分の弱さと向き合うことはその瞬間は苦しいですが、本気で自己変革をしたいと思う原動力になります。今後は自身の弱さから目を背けず、向き合って準備をやりきり、自分にも相手にも約束を積極的にして守り続けられる人になりたいと強く思っています。

須賀渉大 古屋大和 2Picks

世の中の商材は有形商材と無形商材に大別されます。それぞれの長所を理解し、活かすことで生産性の高いサービスを作り上げましょう。

研修前の自分は正直、リーダーの経験はこれまでたくさんやってきたし、ノウハウなんてどうせ知っているものだろうと思っていました。しかし、この研修をしてみて自分のリーダー力はまだまだだなと心の底から思うことができました。

研修講師の森口様は、私を学生扱いして甘やかすことなく、社会人としてできているところは褒め、できていないところはしっかりできるように宣言させてくださった。2日間で学生としての甘えについて顧みて向き合うことができた。学生だから」という理由で社会人に甘やかされてきたり、時間が有り余っていることが当然であると感じたりしている人がほとんどだと思う。そのような人にこそ研修を受けてほしい。

田村稔行 1Picks

メンバーの主体性を引き出すためには戦略的にメンバーを育成する必要があります。メンバーの主体性を引き出したいリーダーにはぜひ読んでほしい記事となっています。

星野歩華 信宗碧 原駿介 3Picks