人生の悲劇は まだ生きているのに、心が死んでいるということである。

プロジェクトも同じ。

上手くいっていないこと自体が悲劇なのではない。

まだ継続中のプロジェクトなのに、妥協したり、出し惜しみしたり、投げ出したりすることが悲劇なのだ。

例え、想定外が起こっても、プロジェクトはまだ続いている。

本日、別のメンバーに襲い掛かろうとしていたピンチを、荒リーダーが我が事として責任をもって向き合った。

そしてピンチを見事に大きなチャンスへと変換した。素晴らしいリーダーシップとチームワークだった。

想定外を他人のせいにせず受け入れられる社会人は、行動も心もブレずに美しい。

確かな理論と実践力、A&PROの研修プログラム

――――――――――――――――――――――――――――――

人生の悲劇は まだ生きているのに、心が死んでいるということである。

The tragedy of life is what dies inside a man while he lives.

アルベルト・シュバイツァー

――――――――――――――――――――――――――――――

この記事の著者/編集者

森口 敦 A&PRO President & CEO 

■マーケティングと人材開発の専門コンサルタントとして活動中■ 社会人・大学生・高校生・中学生の成長を支援しています。 社会人育成:リーダーズカレッジ、エイアンドプロワークスペース 大学生育成:リーダーズカレッジfor大学生 高校生育成:難関大学受験専門塾 中学生育成:難関大学受験専門塾

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

学校教育や社会人教育を通じて、様々な授業や研修に人々は多くの時間を費やしています。その一方、人材育成・人材教育という活動は美化されやすく、時に科学的アプローチが疎かにされてきました。