驚くほど健全で、楽しみ上手なメンバーたち。

メンバーからの話

 前半に続き、先日「夏の懇親会(後半)」が行われました!

【イベントの概要・目的 、 夏の懇親会(前半)】の記事はこちら

https://apro-c.co.jp/event-2018-8-5-endo/

皆で懇親会を楽しむと共に、最後にはメンバーが1学期の振り返りと2学期の目標宣言を行いました!!その内容の一部をご紹介します。

「今回の計算特講では、GWで出た課題をもとに、システム面を具体的に改善したことで、良い結果につなげられた。またこのプロジェクトを通して、口だけではなく行動に移していくこと、大小関わらず約束を守っていくことが、自分にはまだまだ必要であると気付かされた。」( 計算特講リーダーより )

「同じミスを繰り返していた生徒に話を聞いたところ、“多くの情報を詰め込むことに重きを置いてしまい、ミスの改善まで気が回っていない”と打ち明けられた。自分としては、ミスをなくすよう指導していたつもりが、生徒の状況を把握しきれていない課題に気付かされた。限られた時間で遠回りのないよう、今一度初心に帰り、生徒とのコミュニケーションを大切にしたい。」(化学科講師より)

「毎日ここまで生徒一人一人のことで悩める環境、エネルギーを注げる環境、職場によってはここまでやらせてもらえないと思うので改めて感謝している。受験まで残り半年。油断せずに、しっかり責任を持って指導をやり遂げたい。」(合宿運営リーダーより)

イベントでわかる、A&PROの魅力

こちらの会社に転職し、人財開発担当として働き始めて2年。メンバーに対し変わらない想いとしてあるのは、「驚くほど健全で、楽しみ上手な人達」ということです。

どのような職業もふたを開けると、どれも地道な努力の積み重ね。上手くいかないことや苦しいことは日常茶飯事の中で、楽しみながら取り組み続けることは決して簡単ではないと思います。

だからこそ私が驚かされるのは、どのような状況でも、メンバーが“いかに楽しむか”という姿勢を忘れないこと。苦しい課題を目の前にした時も「この問題の本質はそもそも何か?」「確実に結果を出す為にまだ出来ることはあるか?」「ピンチをチャンスに変えるには?」「感謝されるだけではなく、感動を与えるには?」など、真正面から課題と向き合い、知恵を絞ることを全力で楽しんでいる。一社会人として、尊敬するメンバー達です。

この組織を更に発展させていくために、私自身も楽しみながら、人財開発担当として魅力あるサービスを創っていきたいと思います!

この記事の著者/編集者

大庭彩 A&PRO リーダーズカレッジ本部 

社会人・大学生・中高生の人材育成を支援するリーダーズカレッジ本部に所属しています。自身のステップアップ・上司部下との関わり方・チームマネジメントなど、人材育成に関する役立つ情報をお届けします*

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。