• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 野村修史

      野村修史

      2021年01月10日

      ■研修を受けて■
      ・その場しのぎなコミュニケーションは、自分や相手に不誠実であり、不利益しか得ないということ
      ・交渉する際に相手に伝える情報を正しく認識し、正しくお伝えすること
      ・交渉の際に、目先の利益だけを追求するのではなく、お互いにとって素直に交渉し、win-winな状況を作り出すこと。それが長期的な付き合いに繋がる。
      ・遠慮して言えないという「passive」な伝え方はlose-winである。嫌われたくないなどの自分を守るだけの行動。
      ・作為型ののコミュニケーションはlose-loseであり、成果を出すうえでこのようなコミュニケーションをとるころは危険
      ・4つの柱・7つの基本姿勢DECE法を用いたコミュニケーション方法が素直なコミュニケーションに繋がる
      ・理不尽のことはお互いのために認めない。譲らない。
      ・3つの「きく」の違い

      ■今後に向けて■
      まず、自分のコミュニケーションの傾向を再度復習して、それぞれの改善策を検討。その後、習慣(数字等に落とし込んで)にして実践改善してゆく。
      特に、自分が思っていることをまずしっかりまとめ、メンバーに伝えてゆこうと思う。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      本日も研修ありがとうございました。私は、これまでメンバーに自分が思っていることをあまり素直に伝えることができていなかったと改めて感じることができました。例えば、自分の心ではちょっと断りたいことも、引き受けてしまい、自分の素直さや自分の時間を大事にできていませんでした。また、周りにたいしても「もっとこうしてほしい」など感じたことを素直に伝えず、解消してほしいアクションだけを伝えていました。しかし、それは本質的な改善ではないと思っていて、自分が感じたことを「私は○○と思っている」と素直に伝えてゆけるように実践してゆきたいと思います。
      今後も引き続きよろしくお願いします。

      +3
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 16フォロワー
萩原佑太

早稲田大学 基幹理工学部

22フォロー 17フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

25フォロー 15フォロワー
山口賢人

早稲田大学 法学部

6フォロー 8フォロワー
河本のぞみ

早稲田大学 文化構想学部

13フォロー 9フォロワー
26フォロー 13フォロワー