• 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 内田黎

      内田黎

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      ・責任を負うためには権限と、義務が必要。権限と義務は対である。
      ・責任を全うするためには権限という武器が必要であり、権限という武器を制御するためには義務が必要となる。
      ・「人材」には4つあり、人財・人材・人在・人罪がある。
      ・報連相は、「判断」「決断」の有無によって分類できる
      ・報連相をすることで、上司は部下のマネジメントができ、部下は自分が成長できる。

      ■今後に向けて■
      私たちが現在行っているプロジェクトの活動として、記事作成がありますが、記事を作成することは一種のルーティンワークのようなものとなっていました。この行為には、価値のある記事を作成する「責任」、記事を作成する研修に参加する「権限」、そしてその研修に参加するためのルールやマナーを守るといった「義務」が伴います。今回の研修で、責任を全うするための権利・義務をしっかりと果たせているか改めて考えました。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      報連相という言葉は、一見簡単そうな言葉に見えて、よく考えると重く、様々な活動において欠けてはならない言葉だと感じました。このように、今までは気にも留めなかった知識を、毎回の研修で深められ、実践できるほか、周囲の方の考え方を学ぶこともできる非常の貴重な体験ができること、本当にありがとうございます。

      +3
  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 内田黎

      内田黎

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      学んだこと
      ・マクレガーのXY理論
      ・マズローの欲求5段階
      ・コーチングの領域
      ・問題を解決するためには、深いところ(個人の問題など)までアプローチする必要がある。そうでなければその人のパフォーマンスは上がらない。

      ■今後に向けて■
      プロジェクトメンバーの成長を阻害する原因はあふれています。家庭内の問題や、目標の達成に対する動機など多岐に渡るものです。そういった問題に対して、顕在ニーズのみを考えるのではなく、その先にある潜在ニーズもしっかりと把握して考えることが重要だと学びました。今後、メンバーにはそのような事態は起こりえると思うので、素早く対処できるように訓練をしていきたいと考えます。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      今回の研修で一番印象に残ったのは、上で述べているように、問題を解決するためには、深いところ(潜在ニーズ)にアプローチしなければいけないということです。このように、毎回の研修では大きな気づきを得ることができます。しかし、それを活かすためにはアウトプットも大事です。今後のセルフブランディング、毎月10日の研修で積極的に活用し、着実に身に着けていきたいと思います。

      +3
  • 【研修】サービス理論(基礎2)

    『One to One マーケティング』を中心にサービス理論を深掘り。各自、自身の所属するプロジェクトと有機的に結びつける。 ・顧客内シェア・顧…

    • 内田黎

      内田黎

      2021年03月10日

      ■研修を受けて■
      今回の研修はOne to One マーケティングでした。顧客数の確保に重きを置くマスマーケティングとは異なり、このマーケティング方法は、顧客に合ったものを提供する顧客シェア、顧客毎のニーズに対応方法を変える差別化、様々なモジュールを用意して顧客別に対応するカスタマイゼーション、顧客が自らのニーズを知らせ、企業も積極的に顧客のニーズを聞き出し顧客満足度を向上させる学習関係、誠実さを示し、顧客と一生涯の関係を築く生涯価値が重要であると学びました。これらのマーケティング方法は、個別塾の講師として働いている私にとってしっかりと身に着けて活用すれば非常に強力な武器になりえると思いました。

      ■今後に向けて■
      今後加入するかもしれないメンバーに対して今回のマーケティング方法を行い、私たちが方向性を示して判断してもらい、加入した際にはともに高めあいプロジェクトを進めていきたいと考えています。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      毎月の研修ありがとうございます。普段の大学の授業は受身で退屈してしまうこともあるのですが、これらの研修は、様々な人の意見を聞けるほか、そこから新たな気づきを得ることができとても刺激的で私にとって非常に効果が大きいものだと毎回感じております。今回の研修もありがとうございました!

      +3
  • 【研修】サービス理論(基礎1)

    コンサルタント、コーチ、メンター。政治家、医師、経営者。そしてチームリーダー。A&PROが関わる相手の多くが無形サービスを中心に活躍して…

    • 内田黎

      内田黎

      2021年02月10日

      ■研修を受けて■
      将来歯科医師、またプロジェクトチームの一員として活動する身として、今回の『無形サービス』や『サービス品質の決定要因』を着実に実行していくことが大事だと感じました。チームメンバーの事前研修の実施や、グループで一番レベルが高い人に基準を置く品質向上や標準化など、決して一人ではできず、チームで積極的にコミュニケーションを行う必要があり、そのためにはチームメンバー間で信頼性や反応性などを築いていく必要もあると思いました。

      ■今後に向けて■
      私たちが行うプロジェクトで、顧客に提供する『サービスの品質』をチームメンバーにも同じように提供したいと考えた。信頼性や反応性、確信性など、チームがより効率的に動くためにこれらの要素を実践することでチームに貢献していきたい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      先月に続き今月の研修もありがとうございました。
      この研修は人生で今までにないほどの学びを得ることのできるもので、まだうまくでてないものの少しづつ自分の意見が言えるようになってきたのではないかと感じています。毎回の研修では、顧客相手だけでなく、日常でも使える非常に実践的なもので

      +4
  • 【研修】アサーティブコミュニケーション

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 内田黎

      内田黎

      2021年01月10日

      ■研修を受けて■
      今回は相手と対等でWIN-WINの関係でコミュニケーションを行う、アサーティブコミュニケーションを実践的に学びました。一方でこのコミュニケーションを使った実習では、相手の意見に押されて自分の意見を十分に伝えきれずに終わってしまうなど、いかに相手に自分の意見を伝えながら、同時に相手の意見を理解することの難しさに気づきました。
      また、相手と円滑にコミュニケーションするには意見だけでなく、自分の感情や相手の感情を口だけで判断するのではなく、非言語的なものも見て総合的に判断することが重要であることを先生と他の研修生の会話を見て実感しました。
      自分がリーダーとして活動するにはまだ未熟と感じましたが、ここで学ぶことでどんな状況でも対応できるリーダーになれると感じました。

      ■今後に向けて■
      今回学んだコミュニケーション方法は、今後私が所属しているプロジェクトチームの活動を円滑にするうえで大事なものだと思いました。また、今後私が社会で活動する際、相手と円滑にWIN-WINの関係を築き、お互いに価値を共有できるかもしれないと考えました。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      今回の研修では、まだまだ自分がリーダーとなりうるには程遠いと感じましたが、それでもリーダーになれるというちょっとした実感も感じました。お互いを対等に思いながらコミュニケーションを取ることの大事さや、それが破綻した際に起こることなど社会で起こりうる実践的な内容で充実したものとなりました。コミュニケーションをとるということにまだ不慣れですが今後の活動を通じて身に着けていきたいと思います。

      +2
森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
藤原穫

東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー

28フォロー 18フォロワー
27フォロー 6フォロワー
K.N.

東京理科大学 理学部

25フォロー 17フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

29フォロー 14フォロワー
29フォロー 15フォロワー