• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 河本のぞみ

      河本のぞみ

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■

      ・相手とwinwinの関係を築くためには、DESC法を用いてアサーティブコミュニケーションをとる必要がある
      ・そして、その際に一番大切なのは、D(Describe)の事情を描写することとE(Express)の感情を表現するとことである。
      「そこまでわかってくれるんだ」と思われるくらいに相手の気持ちを受け取り置き換える必要があるとともに、相手と一緒に解決したいんだという気持ちを汲んでいく。
      ・Passiveに相手の言葉を受け入れ遠慮して言い出せずにいると、自分の中にため込んだ上で爆発し、適切な目標設定がされずにチームが後ろ向きになってしまう。
      ・相手に反論された(agressiveコミュニケーションを受けた)としても、本当に大切なことは言われ負けずに何度も主張する必要がある。


      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■

      ・自分が相手とアサーティブコミュニケーションをするためには、まず自分が何を思っているのか、自分が本当に求めていることが何かを明確にする必要がある。
      私は、失敗してはならない、リーダーはそれらしい良いことを言わなくてはならないという囚われやいらないプライドから、自分が本当に考えていることや望んでいることが見えにくくなってしまっていた。しかし、冷静に客観視すると自分が考えることは、自分が思っているほど複雑ではなく、しっかり伝えようとすれば、自分でもしっかり主張しお互い最適に前に進めると感じた。
      相手に認められようとするのでもなく、自分と相手に誠実にwinwinの関係を築いていきたい。

      ・相手への誠意は相手の事情を聴き、詳細に描写して初めて相手に態度として伝わる。すぐにソリューションに移さずに事実確認、自分の思いの伝達を意識して相手と話していきたい。


      ■ 研修講師へのメッセージ ■

      本日も研修をありがとうございました。
      実践することによって本当に自分が足りていないこと、今後どうすればいいのかがよりはっきりと理解できました。
      早速、リーダーとして生かしていきたいと思います!



      +3
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
藤原穫

東京大学 薬学部

20フォロー 13フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
23フォロー 11フォロワー