• 【研修】プロジェクトマネジメント(基礎2)

    知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年08月10日

      ■研修を受けて■
      ●ニーズの聞き出し方
      ・質問を考える段階で、必要な情報が聞き出せる機会があるのなら活用する。
      ・聞きたい情報を聞き出すための準備を怠らない、念入りにすることが大切。顧客の共感を得るためにも必要。
      ●ニーズとサービス関係性(QFD)
      ・いくつかのニーズを満たすためのサービスを考えた時に、サービス同士が効果を打ち消し合うような、矛盾する関係性を持つことがあるので要チェック。
      ●年間計画の立て方(WBS)
      ・具体的に落とし込むことが大切。
      ・目標、目的意識をもって計画を立てる。
      ・優先順位、時系列を考え計画を立てる。

      ■今後に向けて■
      新メンバー募集のプロジェクトの年間計画を立てている時に、まだまだ不確定要素が大きく、また多いことが分かった。そのため、振り返りをするタイミング、振り返りをするときに、知りたい情報、役立つ情報は何なのかを考え、計画に落とし込むことが大切だと考えた。また、不確定要素を減らすために、より具体的に、より具体的に、とできる限り落とし込むことが必要。さらにQFDを通して、サービスのいい意味でも悪い意味での相互作用があるとわかり、そういう意味でも時系列に注意するべきだとも考える。年間計画の修正の機会を多く持つことになりそうなので、毎回意識して取り組みたい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      川瀬先生へ
      年間計画を立てるうえで、目的意識を持つこと、具体性を大切にすることを、重要視するべきだと学べました。年間計画の大切さを再確認できました。ぜひ活用したいと思います。

      森口先生へ
      プロジェクトを大きく動かしていくタイミングでのこの研修は、本当に多くの学びを得られました。実践の機会に恵まれすぎているくらいの状況なので、気を引きしめて取り組みたいと思います。

  • 【研修】プロジェクトマネジメント(基礎1)

    知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年07月10日

      ■研修を受けて■
      プロジェクトとは、期限を決めて新たに作りだすもの
      目標、計画、実行、測定、分析・計画の改善
      後回しにしない
      プロジェクトの始まりは不確実性が高い
      仮説を立てて不確実性を下げるようする
      バッファを作るべき
      課題ログを作る

      ■今後に向けて■
      新たにメンバー集めをプロジェクト化してやっていくうえで、今回の学びを活かしたい。特に期限を決めて動くことを積極的にやりたい。その時にはバッファを作ることを忘れずにしたい。また、多くの課題を、長期にわたって見る必要があるだろうから、課題ログの活用もしたい。また、不確実性を下げるために動くという意識を強く持ち、今自分が何ができるかを考えていきたい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      ちょうど必要な学びでした。プロジェクト化をして取り組むとはどういうことか、しっかりと学ぶことができたので、実行していきたいと思います。

  • 記憶は能力の問題ではない

    効率的な記憶の定着が効率的な成長に必要といっても過言ではありません。 そんな記憶のメカニズムを紹介します。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年06月30日

      記憶術については、自分がいかに記憶できるかに活用する意識でしたが、相手に記憶させることに活用できるということが、まず発見でした。そして、相手のエピソードを起点にするとインパクトが強いということ、相手のペースで情報を開示すると効果的だということ、大きな学びでした。ぜひ活用していきたいと思います。

  • やる気が起きない、そんな悩みを解決!

    勉強しているのに成績が上がらない、練習しているのに上手くならない、などの状態になったことはないでしょうか。 そのような状態に陥っても解決策が見つからず、やる気が無くなりダラダラと過ごしてしまった経験のある方もいるでしょう。 この記事ではそのような状態に陥ってしまう原因を私の経験を交えて考察します。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年06月30日

      モチベーションが下がっていると感じた時に、私はついつい方法を変える、場所を変える、など、表面的なものにアプローチしがちでした。目的を再確認し、意識し直すことでモチベーションを持ち直した長谷川さんの体験談が刺さりました。卒業生の体験記がきっかけだったということからヒントをもらえ、私も自身の目標とする歯科医の先輩から話を聞くことで、目標を意識し直し、かつ具体的に捉えることができました!

  • 学年に関係なく、最も積極的に挑戦するリーダーである

    リーダーは、特に成長する姿勢が求められる立場ではないでしょうか。自分の成長のみならず、サービスの成長のため何ができるか、攻めの姿勢を持って行動することが大切です。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年06月30日

      リーダーは個人としての成長もするべきだということ、そのためには攻めの姿勢で挑戦し続けるべきだということは、私にとって新しい気づきでした。また、自分がリーダーである組織内だけでなく、その外でも積極的に、自分の組織に何ができるかを考えて行動する必要があるという意見に大きく共感します。私も自分のプロジェクトに大きな価値を与えるべく、外への活動も積極的にしていきたいと改めて決意しました!!

  • 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      ・報告・連絡・相談の違い
      →決断を求めるのが報告・判断を求めるのが相談・どちらも求めないのが連絡
      ・責任・権限・義務
      →責任を全うするための武器が権限。権限と義務は対。武器である権限を持つには、研ぐ(磨く)、正しく使う義務が必要であり、その義務が果たせる人が武器を持てる。
      ・人財・人材・人在・人罪
      →判断ができず、決断のみできる人が人罪
      ・報連相はできない人にはマネジメントできない
      ・責任=想定内を増やし対応できるようにする


      ■今後に向けて■
      報連相をすべき、という話はよく聞きますし、なんならそのように話しがちでしたが、報連相をなぜするべきなのか、するときには何を考えないといけないのか、ここを再確認しました。特に、報連相ができない人にはマネジメントができないということが刺さりました。自分の成長のために報連相をしなければならない、またメンバーの成長を考えると、報連相ができる環境を作り、報連相をしたいと思わせたいと考えさせられました。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      A&PROで大切にしていることを再確認することができたとともに、プロジェクトメンバーにきちんと伝えることができ、チームとして成長できるチャンスになったと思います。ありがとうございました。


  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      ・マグレガーのXY理論
      ・マズローの欲求5段階
      ・コーチングの領域(家庭環境、体調不良、モチベーション)
      ・コーチングとは:目的・目標とモチベーションを結びつける・目標に向かって主体的に取り組めるよう導く
      ・コーチングでなく、カウンセリングが必要なケースがある

      ■今後に向けて■
      メンバーがプロジェクトにうまく取り組めていない状況があり、プロジェクトに対してのモチベーションが低くなっている、低くなる可能性があるという悩みがあった。それに対して、今回のコーチングの領域の話、特に他のグループからの共有事項で、モチベーションを確認するのにはコーチングではなくカウンセリングをすべき時もあるということ、モチベーションは大きい目標、目先の目標、両方を考えることで高まるという話を、活用したいと思った。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      同じグループのメンバーが研修をフル活用できるように考えてくれていました。この場を借りてありがとうございます、ということを伝えさせてください。

  • 【研修】サービス理論(基礎2)

    『One to One マーケティング』を中心にサービス理論を深掘り。各自、自身の所属するプロジェクトと有機的に結びつける。 ・顧客内シェア・顧…

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年03月10日

      ■研修を受けて■
      ・マスマーケティングとワン・トゥ・ワン・マーケティングの違い
      ・市場シェアを広げるのか、顧客シェアを広げるのか
      ・商品の差別化と顧客の識別
      ・カスタマイゼーション→モジュールの組み合わせで行うことで可能にする
      ・学習関係→顧客から判断材料をもらう
      ・LTVは誠実さ→一過性でなく長期性
      ・RFM分析
      ・よりスペシャルなものを提供することで学習関係が深まる

      ■今後に向けて■
      今後プロジェクトのサービス設計をしていくための学びになった。まずメンバーを顧客と考えれば、毎回の研修でより高い、より多くの価値を提供できるよう、顧客シェアを広げるべき。また、記事の読者を顧客と考えれば、学習関係をどう作るかを考えるべき。今後コラボするであろう歯科医を顧客と捉えるならば、ワン・トゥ・ワン・マーケティングをして、どう関係を作るか、サービスを提供できるかを考えていかなければならない。自分が顧客の立場であると捉えるならば、積極的に学習関係を構築しなくてはならない。今後の課題は多くあるが、一つ一つ、毎日が、ワン・トゥ・ワン・マーケティングのトレーニングだと思って取り組みたい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      プロジェクトの今後を考えるうえで、多くの学びがある研修でした。顧客を差別化する、はじめ聞いたときは、どういうことなんだろうと疑問に思いましたが、研修を受けて、納得できたのはもちろん、活用していきたいと思いました。
      より価値を提供できるプロジェクトに発展できるよう努めます。ありがとうございました。

  • 【研修】サービス理論(基礎1)

    コンサルタント、コーチ、メンター。政治家、医師、経営者。そしてチームリーダー。A&PROが関わる相手の多くが無形サービスを中心に活躍して…

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年02月10日

      ■研修を受けて■
      無形サービスの特徴として、無形性、非分離性、変動性、即時性がある。
      それをデメリットとも感じられるが、メリットとして感じるべき。
      特に、顧客の様子を受けて、臨機応変に提供するサービスを変化できることが強みであり、注意すべき点であると感じた。
      サービスの品質の決定要因として、信頼性、反応性、確信性、共感性、コミュニケーション、安全性、物的要素が挙げられるが、無形サービスの特徴を重ね合わせて考えるべきだと思った。
      例えば、臨機応変にサービスを変えることができるからこそ、サービスの信頼性、確信性の管理が重要になってくることが言える。

      ■今後に向けて■
      自分のプロジェクトのメンバー1人1人に対して、無形サービスを提供することを自覚をもって取り組みたい。自分の言いたいことをただ言う、自分の伝えたいことを伝えたいだけ伝えるというようにならないよう、無形サービスで大事なのは準備であるということを今一度自覚し、1人1人の成長を促せるような準備をしていきたい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      歯科のサービスも有形サービスと無形サービスと両方があると思います。今の自分のプロジェクトだけでなく、将来歯科医として開業するときを考えても、身につけておくべき考え方だと感じました。今回学べて良かったなと思うと同時に、しっかりと身につけられるよう、日々の活動に落とし込んで、トレーニングしていきたいと思います。

  • 【研修】アサーティブコミュニケーション

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 上野 美叡

      上野 美叡

      2021年01月10日

      ■研修を受けて■
      ・アサーティブ、アグレッシブ、パッシブなコミュニケーションがあるが、アサーティブなコミュニケーションを目指すべき
      ・アサーティブなコミュニケーションは自分の要求と相手の権利の両方を大切にするWin-Winを目指すコミュニケーション
      ・アグレッシブなコミュニケーションは、自分の要求を最優先するWin-Loseなスタンス
      ・パッシブなコミュニケーションは、相手の要求を優先するLose-Winや相手に皮肉を言ったりするLose-Loseなスタンス
      ・アサーティブコミュニケーションに必要な4つの柱(誠実、率直、対等、自己責任)
      ・アサーティブコミュニケーションに必要な7つの基本姿勢
      ・アサーティブな伝え方、DESC法

      ■今後に向けて■
      プロジェクトメンバーに対する要求を伝える際に、アサーティブコミュニケーションを実践したい。メンバーそれぞれの思いや立場、状況があることを理解し、それをきちんと理解し肯定すること、そのうえで自分の要求をきちんと誠実に伝えることをしたい。プロジェクトメンバーみんなに期待を持っていること、だからこそ頑張ってほしいことがあるというように、自分の気持ちと要求をきちんと言語化することを徹底したい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      自分はアサーティブコミュニケーションが得意だと思っていたが、ロールプレイを通して実践すること、具体的な場面を想像することで、自分に足りないものに気づけました。今うまくいっていない状況に対して、特にこのアサーティブなスタンスを大切にしていきたいと思いました。




One・To・Oneマーケティングをサービス設計に応用する

2021.05.15

藤原穫 1Picks

至れり尽くせりでは感動を与えられない

2020.10.28

  • 田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科

    至れり尽くせりでは感動を与えられないというタイトル、どういう意味か考えながら読ませていただきました。 本当の「相手のため」とは何なのか、根底にある目的は何なのかを常に意識することの重要性は、私もふとしたときに感じることがありました。 指導者であれば生徒を成長させることが潜在的な部分に沿ったおもてなし。学生団体に所属する私の場合は、大学1、2年生が主体的に歩み出せるようなサービスを提供することがおもてなし。それを念頭に置いて活動していきます。
田村稔行 1Picks

身につけるべき対応のレベルは?~歯科医院の対応を考える~

2020.10.20

森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
20フォロー 12フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 16フォロワー
藤原穫

東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー

28フォロー 18フォロワー
萩原佑太

早稲田大学 基幹理工学部

22フォロー 19フォロワー
28フォロー 7フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部 大学生

17フォロー 13フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 11フォロワー
内田黎

日本歯科大学 生命歯学部

27フォロー 7フォロワー
K.N.

東京理科大学 理学部

25フォロー 17フォロワー
13フォロー 13フォロワー
久保井美愛

リーダーズカレッジリーダー

16フォロー 19フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 16フォロワー
29フォロー 15フォロワー