• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 向井七海

      向井七海

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■

      自分の欲しい内容を明確にしてこそ交渉ができる。
      4つの柱は、誠実・率直・対等・自己責任
      7つの基本姿勢として、「相手の要求に肯定し、気持ちに答えること」について、相手の要求を必ず肯定することではなくて、相手が言っていること、相手に発言する権利があることを肯定する。

      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■

      パッシブは長く続けると作為型になってしまうことがある。気づかないうちに作為型に移行しないように、自分の感情を言葉に載せて伝えるようにしたい。
      批判されたときに、パッシブになってしまう(すぐに謝ってしまう)傾向にある。すぐに謝るのではなく、事実状況を整理し、何に申し訳なく思っているのかを伝えてこそ誠実なコミュニケーションがとれる。誠実なコミュニケーションが取れるようにしていきたい。

      ■ 研修講師へのメッセージ ■

      本日もありがとうございました。自分はAGな時があると思っていたのですが、パッシブになってしまう場面もあると認識しました。これを座学で終わらせるのではなく、記事の執筆やプロジェクトに生かしていけたらと思います!

      +3
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
12フォロー 10フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 13フォロワー
藤原穫

東京大学 薬学部

20フォロー 13フォロワー
萩原 佑太

早稲田大学 基幹理工学部

16フォロー 13フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部

17フォロー 10フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 9フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
13フォロー 11フォロワー
久保井美愛

上智大学 外国語学部

16フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

16フォロー 12フォロワー
23フォロー 11フォロワー