連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

「責任を取って辞任」「責任を全う」この違いとは?

■今月の研修■ 『責任・権限・義務』

権限・義務の整合性を保ってこそ、理想の上司

『責任・権限・義務』のそれぞれが一体何なのか、またそれらがどのように関連しているかを正しく理解したうえで“運用”できるようになることが、5年後10年後の自分にとって必要不可欠である。自分は今回の研修を通じてこう感じました。

 まず責任・権限・義務について簡潔に説明します。責任とは、あるミッションを計画通りにやり遂げることであり、そうした目的遂行のために必要なツールが権限、そして権限をもつのと同時に発生する守るべきルールが義務です。研修中の料理の例を引用させていただくと、誰かのために美味しい食事を作るという責任を持つ人には、料理のために包丁を使用する権限が与えられるが、同時に包丁を安全に使うという義務が発生する、といったイメージです。権限を付与されたのならば、必ずそれ相応の義務を果たさなければならないという、いわば当たり前のことを改めて考え直すことが出来ました。

 そして将来的に部下をもちチームを動かす立場になると、責任・権限・義務を適切に運用することが求められます。ここで大事なのが、部下がもつ権限・義務の整合性だと考えます。もし権限に比重がかかりすぎてしまうと、場合によっては組織全体に損失を与えかねません。例えば、仕事の進捗状況を逐一報告するという義務を部下が怠った場合、間違った方向のまま仕事が進行してしまい、リスク管理ができません。一方部下に権限以上の義務ばかり課してしまうと、仕事の自由度を奪うことになり部下のモチベーション低下につながる可能性があります。以上のことから、責任ある仕事を担う部下が持つ権限と義務の整合性を保つことが必要です。

 ではこうした力をつけるために日々できることは何なのか?それは、現在の自分にどんな権限が与えられていて、それに伴い発生している義務は何なのかを逐一意識して行動することだと考えます。例えば生徒の授業を行うという責任ある仕事には、その授業を設計する権限が与えられるのと同時に、その進捗状況や次回に向けての計画を上司に正確に報告するという義務があります。こうした意識・行動を徹底することで、目の前の仕事を全うしていきます。そして将来的に部下を抱えた際には、部下に適切な権限を与えるとともに、それ相応の義務を部下自身に考えさせ実行させられる上司になります。

まだこの研修を受けていない人へ

 この研修は、普段ニュース等でよく目にするシーンを題材にしながら、『責任・権限・義務』について改めて考え直すことが出来ます。例えば、不祥事を理由に”責任を取って”辞任する企業の経営陣の会見を見て、読者の皆さんは何を思うでしょうか?以前の自分は、型通りのお決まりの会見だとしか思っていませんでした。しかし今回の研修で責任は全うするものであると学んだことで、こうした会見で引責辞任する経営陣は本当に責任を全うしていると言えるのか、と考えるようになりました。社会人になる前の段階で学ぶことがとても重要な内容満載ですので、読者の中でも特に大学生の皆さんの参加をお待ちしております!

研修で学べた事(キーワード)

  • 責任は取るものではなく、持つもの・全うするもの・果たすものである
  • 権限と義務は対になる
  • 権限は付与されるものである
  • 想定外の事にも対応できる状態でいることが、責任を果たしている状態
  • 判断力と決断力の度合いによって、人は『人財・人材・人在・人罪』に分けられる

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

頭で理解するだけでは不十分。参加者自ら実践し、習慣化するまで責任を持つ30の研修プログラム。各クライアントの課題・ニーズに合わせて個別に設計。

話題のニュース

more

皆さんこんにちは!! A&PROの長期インターン生として活動をはじめて2年が経過した、早稲田大学4年の萩原佑太です!! 今回の記事は、本 ...

「あなたが尊敬する人は誰ですか?」 面接などの定番質問ですね。一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。 この質問をされたときにパッと思い浮かぶ人物はいますか? もしかしたら、今近くに尊敬できる人がいないと悩んでいる方もいるかもしれませんね。尊敬できる人に出会うことは自らの成長に繋がります。人との出会いが人生を変えることもあるのです。そこで、この記事では尊敬できる人に出会う方法をお伝えしていきます。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 人から信頼される人間になりたい、これは誰しもが思うことではないでしょうか。さらにリーダーという立場であれば ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 皆さんは今この瞬間地震が起きたらどう対処しますか?火事だったら?強盗がガラスを割ったらどう行動するでしょうか? ...

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...