サービス理論

ディズニーから学ぶおもてなし精神

2022.06.27

学生団体での記事執筆活動から振り返るサービスへの信頼

2022.04.25

無形商材の工数を削減しよう

2022.04.06

責任を果たすためには?

2021.12.17

目先のことにとらわれない!線で見るサービス開発

2021.11.03

お客様に価値を与える、もう1段階上のサービスにするには

2021.10.12

限られた権限の中で顧客の感動を生み出す

2021.10.09

責任・権限・義務と信頼関係

2021.10.02

一つひとつ行動の意義を追求する

2021.09.11

報連相で人材育成

2021.07.26

Y理論を持つ人に対するコーチング

2021.07.25

歯科医院におけるコーチング

2021.07.24

One to oneマーケティングを大学生活に活かす

2021.06.21

周囲から学び、互いに影響しあう環境

2021.06.19

見本となる姿から多くの価値を学べる研修

2021.06.19

One・To・Oneマーケティングをサービス設計に応用する

2021.05.15

藤原穫 1Picks

識別により顧客満足度up

2021.05.14

顧客に寄り添うサービス

2021.05.13

  • 田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科

    One To Oneマーケティングとは?、というところから読み始めましたが、様々な競合がいるからこそ各顧客の満足度を高めること必要性というポイント理解できました。 私の通う美容院でも、初回に訪れた際に、髪に関する悩みがあるかや、どのような接客をして欲しいか(静かにリラックスしたいかスタッフと話したいか)を聞かれたことを思い出しました。 私の普段の活動は記事執筆というマス向けのものですが、アンケートで読みたい記事内容を聞くなどして、よりOne To Oneマーケティングに近い形を目指していきます。
田村稔行 1Picks

限りある時間で、顧客満足を提供するために

2021.05.10

one to oneマーケティングに欠かせないカスタマイゼーションの本質とは。

2021.04.27