目先のことにとらわれない!線で見るサービス開発

クレド10:顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜

感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず、常に潜在ニーズにアプローチし続けます。顧客にファンになってもらう為に、まずは自分たちが組織のファンになるよう責任ある行動をしていきます。

はじめに

長期インターン紹介を最終的な目的とするのではなく、その先のサービスにつなげ、包括的にエンターの学生生活に携わりたい。そのために私とチームメンバーが協力し、取り組んでいることをご紹介します。

開発途中のものではあり、導入には至っていませんが私のチームでは以下のようなサービスを企画・開発しています。

FB制度概要

サービス内容
〜長期インターンの採用決定後、企業側・学生側にアプローチ〜

・企業側:特定の評価シートにインターン生の評価を記入していただく。
・学生側:インターン参加後、エンカレッジのメンバーと定期的に面談する。面談を通して、自身の活動を振り返り、就職活動でどのようにその経験を話すかまで包括的にサポートする。

メリット

・企業側:エンカレッジが責任を持ってインターン生の支援をすることによる安心感・信用
・学生側:線でサポートが受けられる。インターンを学びにつなげることができ、将来の役に立てることができる。

なぜFB制度?

点でなく、線で捉える!

・点で見るサービス開発=顕在ニーズに焦点を当てたもの
・線で見るサービス開発=潜在ニーズにも焦点を当てたもの

長期インターンをやってみたい!」というエンターの顕在的なニーズを満たすだけで終わらず、そのニーズの背景を考えたことからこのプロジェクトは始まりました。

学生は必ずしも長期インターンに入ること自体を目的とはしておらず、潜在的には長期インターンの経験を通じて「学びにつなげたい」・「就職活動で話せるエピソードを作りたい」というようなニーズがあります。

つまり、私たちは「長期インターンを始める」という点でニーズを捉えるのではなく、「長期インターンの活動を通して学びたい・就活に活かしたい」という線でのニーズで捉えました。

これに応えるために、エンカレッジと1・2年生の結びつきを強くし、長期インターン決定後の実際の活動の振り返りまで行っていくことで上記の潜在ニーズを満たそうと考えました。ゆくゆくは1・2年生の利用者を3・4年時の就活支援に接続したいと考えています。

自分達にしか生み出せないサービス

長期インターンの紹介はすでに他社でもおこなわれており、現状、紹介するだけでは差別化できません。しかし、非営利団体・ボランティア団体である私たちだからこそ、その後のフォローまで考えられるサービスが生み出せます。申し込んだ学生一人一人のフォローは採算度外視でないとできないからです。(フォローアップの人件費がかからないため。)

入った時点では違いは感じづらいかもしれませんが、FBをもらい、自身の成長につなげ、ゆくゆくは社会で活躍できるようになった時に「エンカレッジで長期インターンを申し込んでよかった」と感謝してもらえると良いなと思っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、自分が実際に行っているサービス開発について記載しました。今回の記事では、潜在ニーズを捉えるには、線で見ることが重要であることを述べてきました。顧客(私たちで言えば、サービスの利用者である1・2年生)のその先を考えて作るサービスは真の価値提供につながると考えています。まだ構想途中ですが、真の価値提供をするためにも、私はこのサービスを是非とも実装したいと考えています。

この記事の著者/編集者

小川勇 早稲田大学 政治経済学部  

サークルの後輩や同期のキャリアの関心度が低いことを課題に感じ、それを変えるべくキャリア支援NPO法人『エンカレッジ』に加入。現在は1・2年生に向けてオンラインイベントを通してキャリア支援を行なっている。加えて、長期インターンの分野で学生と企業のマッチング事業の立ち上げのリーダーとしても活動している。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。