徹底的に自分の弱みと甘さに向き合う

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

本研修を通じて私は2つのことを学びました。

1つ目は、時間に対して“相手の時間を奪っている”という認識が大事だということです。今までの自分は時間に対して甘い、すなわち自分自身に対してあらゆることに甘かったです。人との待ち合わせでは大抵ギリギリ、もしくは遅れてしまうこともありました。そんな自分を変えたいと思っていましたが、自分に甘いということもあり、「次は直そう」と思っても直りませんでした。

しかし、本研修1日目の自己紹介で、時間制限がある中、1分間経過してしまったこと、今までの自分の甘えがここにまで出てしまったと思いました。その時、森口先生から、メンバーの時間を奪っているという指摘が厳しくされたことによって、もう甘えていられないと覚悟が決まりました。

本研修において、おそらく私が一番「人の時間を奪うな」と言われたと思います。人の時間を奪っているという認識を持ったので、これからは「ギリギリ到着を目指さない」「遅刻しない」ということを1つ目の自分との約束として守っていきます。

2つ目は、成功や失敗といった結果や人からの評価に依存しないということです。今までの私は人前で発表するのは緊張してしまうし、自信がないからこそ、成功した、失敗した、または周囲からの評価に一喜一憂していました。

発表中に少しでも言葉に詰まったりすると、あぁ失敗したと思い、余計に緊張して自信を失くすというのが、1日目の自己紹介後の私でした。2日目の発表で自分の番が回って来た時も、相手に伝えられる自信がなく、あたふたしていました。

そんな中で発表した私でしたが、崖っぷちでもトライし続けたことで、やりきったという経験自体がやる前よりも自信に繋がった気がしました。結果や周囲の評価は関係なく、自分が勇気を出して行動した経験そのものに価値があるのだと感じました。

心境の変化

今まで自分は「自信」という言葉に課題を感じていましたが、自分の弱さや甘えに負けていました。

しかし、研修の中で、崖っぷちに向き合わざるを得ない状況に立たされ、やるしかないという気持ちになりました。

そのようなきっかけをいただけたこと、真摯に自分自身に向き合い、自分を信じてくれたA&PROのメンバーに感謝を申し上げたいです。

3日間の実践記録

研修で学べたこと・感じたこと

  • 時間→相手の時間を奪っているという認識が大事
  • コミュニケーションはあらゆる仕事と結びつけると豊かになる
  • 説得力のある意見に従う
  • Gmap-c
  • PREP法→あらゆる発表の場面で使う
  • SMART-C
  • 自分との約束を守ることが自信につながる
  • 信頼関係は依存しなくても能動的に作っていける
  • コミュニケーションの量と質を上げれば成果は上がる
  • ノルマとコミットメント
  • タイムマネジメントとセルフマネジメント
  • (成功・失敗)といった結果や人からの評価に依存しない

Gmap-c(目標設定・成果と課題の把握)

研修全体を通した目的:リーダーシップゼミを通して自分の意見に自信が持てるようになる

1日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    コミュニケーションを主体的に学ぶ!
    コミュニケーションの極意を学び、エンカレッジで活かせるように習得する。
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:30%
    森口先生に名前で当てられるまでは、積極的に自分の意見を言おうとしなかった。
    自分が相手に伝えたいことをしっかり把握しきれてない上で発表をしたこと。
    タイムマネジメントができていない。
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    今まで自分は短時間で自分の意見をまとめるという訓練をしてこなかったから。練習不足。
    →自分の意見をまとめる、人に伝える(特に発表形式)に対して苦手意識があるが、この研修で克服したい。
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    ・今後の研修でタイムマネジメント(時間の制約がある時は、話す中のどの部分に時間をかけるかを考える)を意識的にしていく
    ・研修の中で、自分の意見を思いついたら言う。(周りを考えた上で、自分が話すべきかも判断する)

2日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    本質的にコーチングについて学ぶ!
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:30%
    ・教科書づくり
    →自信を持つためには、自分との約束を守ることが大事。結果や他人の評価に依存しないこと。
    ・コーチング研修。ノルマ→コミットメント
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    教科書づくりにおいて原稿なしで伝えた
    →自分で「やる」と決めたから
    →自分では結果はダメだと思っていたが、フィーッドバックで伝わったという意見をもらい、結果周囲を気にせずやってみるべきだと思った。
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    明日も教科書づくりがあるので原稿を見ずに自分の言葉で伝える。
    「原稿を見ないという」自分との約束を守る。

3日目:

  1. 目標 Goal(本日の目標と計画の宣言)
    自分の弱さと向き合う!challenge!
  2. 実施内容 Measure(現状・成果の把握)
    目標達成度:70%
    ①教科書づくりにおいて、昨日原稿見ずにやったという経験があったからこそ緊張せずに今日も原稿見ずに発表できた。
    ②情報の飲み込み、体得が遅い
  3. 考察 Analyze(ギャップの分析・課題の抽出)
    ①昨日、自分の殻を破ることが自信への一歩だと教えて頂いたので、そこに誠実に自分自身が向き合うことができたから。
    ②今まで自分が怠惰だったこと(頭を使わず楽なことに逃げてた)を自分で分かっていたため、向き合おうとしていなかったから。
  4. 対策 Plan(今後の対策・計画)
    原稿に逃げることなく、自分の力でやり遂げる(自分との約束)

これから研修を受ける方々へ

本研修は徹底的に自分の限界に挑む場です。自分の弱さや甘えに向き合わざるを得ません。

だからこそ、研修を終えた時には、何か自分の中で得られます。それが何かは人により異なりますが、本研修は自分を変えるチャンスとなります。

A&PROより

自分に自信がない理由は自分自身に誠実に向き合えていなかったから、ということに気づくことができたことはR.N.さんの大きな財産になったのではないでしょうか。

3日間の研修の中でも、R.N.さんが感じていた「タイムマネジメント力」と「自分の意見を伝える力」という課題を解消するために、「ギリギリを目指さない」「原稿を見ない」という行動目標を掲げ、即座に実行に移しています。

そのように自分の弱みや甘さに向き合い、改善に努めることができるR.N.さんであれば、R.N.さんの活動する団体で困難に直面した際も乗り越えることができると信じています。

壁を一つ一つ乗り越えていった先で、R.N.さんの望む強い自分に巡り合ってください!

R.N.さんのこれからの成長を応援しています!!

(リーダーズカレッジ:山口)

この記事の著者/編集者

R.N. さん 早稲田大学 文化構想学部  

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。