影響力を持ちたいなら「リーダーシップパワー理論」を使うべし!

■今月の研修■ リーダーシップパワー理論

「リーダーシップパワー理論」で分析すれば、人は自分についてくる。

今回の研修では、リーダーシップパワー理論や信頼残高についての知識やメカニズムを学びました。また、それを実際の仕事や生徒指導にどのように活かすかを具体的に考え、グループ内で議論したり、全体で共有したりしました。

最も有意義な学びだったのはリーダーシップパワー理論で、これは「従いたくなる相手」は人それぞれであるということです。というのは、人が他人に従う要因は「人間的魅力」「情報力」「社会的地位」など計7つあるとされており、人によってどの力から影響を受けやすいかは異なるのです。

生徒指導に置き換えると、人間的魅力を持つ人に従う生徒なら、「その気持ち、すごくわかるよ」と感情に寄り添ってくれる講師に従います。逆に、情報力を持つ人に従う生徒なら、感情よりも「データによると、この試験で8割を取れば…」と客観的事実から指導してくれる講師に従うでしょう。そのため生徒を指導する際には、その生徒がどんな力を持つ人に従うかを分析し、その力をうまく発揮しながら導いていくことが重要となります。

このように、どのような力を持つ人に従うかは人によって違うため、人に影響力を与えたい時には相手がどの要素に影響を受けるかを見極める必要があります。これは私にとって非常に大きな学びとなりました。

これから研修を受ける方々へ

社会人として価値提供が前提となるわけですが、私は人に価値を与えることの本質は「人を行動に移させること」だと考えています。飲食店なら足を運んでもらい、食べてもらうこと、家電量販店なら製品を買ってもらうこと、お笑い芸人なら笑わせること、そして学習塾なら生徒に正しいやり方で勉強させること。このようにビジネスとして価値を提供するということは、相手に対して影響力を発揮し、行動させることだと思うのです。その意味で、上記のリーダーシップパワー理論のような知識は非常に重要な価値提供のツールとなります。

しかし、こうした「人を行動に移させる」ための勉強を学校でしてきた人はどのくらいいるでしょうか?少なくとも高校まではそうした学習はほとんどないのが現状ですし、大学でマーケティング・営業関連の勉強をしたとしても、その多くは理論的なものに過ぎず、より実践的な学びを得る機会は非常に稀であるはずです。そう考えると、生徒指導にも他の分野にも活かせるA&PROの研修というのは、社会人、また社会人になる準備をする人たちにとって必要不可欠であり、希少価値の高い学びの場であるということを痛感します。

研修で学べた事(キーワード)

リーダーシップパワー理論

影響力とは相手の心の中に生じるもの

信頼残高

能動的に信頼残高を増やし続けるには、約束をして守ること

この記事の著者/編集者

遠藤 七海 東京外国語大学(国際社会学部)卒  

大学・学部:東京外国語大学 国際社会学部 スペイン語専攻 
部活:男女バスケットボール部 マネージャー(高校) 
趣味:海外旅行(観光よりもサバイバル)、ミュージカル鑑賞 
アルバイト:浦安の某有名テーマパーク、大学進学塾での講師 
その他の活動:メキシコに短期語学留学(衝撃のサボテン料理を体験) 
現在お住いの地域:千葉県(総武線沿線) 
研究:教育社会学 「将来の夢」についての研究 
家族構成:父、母、犬のももさん、私 
その他:好きな食べ物は麺類(こだわりはラーメンの海苔を食べるタイミング)苦手な食べ物はパクチーとレーズンです

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。