• 【研修】記憶のメカニズム

    復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年06月10日

      ■研修を受けて■
      重要性を伝える(項目を挙げる)、手札を多く持っておく、相手に適した記憶方法を提示する、ゆっくり考えればできるのではなくすぐ行動に移せる状態であることが大事

      ■今後に向けて■
      何か身につけて欲しいことなどがある場合、まずは重要性を伝えることを意識したいです。また、何を何のために覚える必要があるのか、自分の口で説明してもらうようにします。
      それから、睡眠を始めとした生活習慣にも気を配り、些細な変化も見逃さずに気がつけるよう努めます。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      相手の記憶に残すプロであるためには、何よりも自分の記憶に残すプロである必要があるので、まずは自分の記憶方法を整理したうえで改めて相手へのアプローチを図りたいと思いました。
      今回の研修記事ではその辺りのことも具体的に書けたらと考えているので楽しみにしていただけると嬉しいです。

      また、先月に引き続き石橋先生に導いていただき、大変勉強になりました。全体のバランスを考えたファシリテート、相手を尊重しながらのフィードバックは私も見習いたいと思います。

      本日はありがとうございました!
      来月の研修でもよろしくお願いいたします。

      +3
  • 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      報・連・相は組織を円滑に運営するうえで欠かせないものであり、マネジメントにも必要なことです。
      では、どうすれば報・連・相がスムーズに行われるようになるのかと考えた結果、関わる全員が目的や認識を擦り合わせることが重要なのではと思いました。
      また、相手を思いやる姿勢、誠実に仕事へ取り組む姿勢が大切だと思います。
      今後は常に「相手」を意識した判断・決断ができるように気をつけていきます。

      ■今後に向けて■
      想定範囲が狭かったこと、気づかぬうちに妥協していたところがあったことに気がつきました。
      自分の課題が明確になったので、この課題を解決するために取り組むことはもちろん、同じようなことが起こらないよう、今回行ったワークを定期的にしていきたいと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      昨年も同じテーマで研修を受けましたが、また新たな学びがあったことに感動しました。
      自分自身、そして周りの成長のため、今後も積極的に研修へ参加し、さらに価値提供できる存在を目指します。

      +4
  • 自己管理のコツ

    今月の研修:社会人が持つべき習慣(公的成功) 私は時間管理をすることが苦手で、毎回提出期限ぎりぎりにならないと課題に取り組むことができず、いつも…

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年04月17日

      第Ⅳ領域を少なくするには意志の強さが必要だと思っていました。
      そもそも第Ⅳ領域に走る原因に目を向け、ストレスを溜め込まないようにするという考え方は私にとって新たな気づきだったので、今後の生活に反映していきたいと思います!

      +1
  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      見えている表面上の問題だけにアプローチするのでは根本的な改善になりません。言葉にすると当たり前のようですが、なかなか実践 するのは難しいです。

      問題が起きた時にはその本質を見極め、根本的な原因を引き出して対処することが重要なのだと本当の意味で理解できました。

      ■今後に向けて■
      一年前の3daysで行ったコーチング演習よりも、確実に力がついたと実感できました。
      今後も一つひとつの学びを自分のものにしていき、確実に成長していきたいと思います。

      また、コーチとして自分だけでなく他メンバーの成長も促進できるよう、日頃からコーチングを実践していきます。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      今までの研修とはまた違った学びが得られましたし、実践形式で学べたのが大変刺激になりました。

      特に、コーチングする側も大変ですが、される側を経験するのはもっと大変だなと実感しました。
      これまでの研修で「される側」をしてくださっていた川瀬先生や荒先生などの皆さんに改めて感謝です。
      ありがとうございました。

      +3
  • 【研修】サービス理論(基礎2)

    『One to One マーケティング』を中心にサービス理論を深掘り。各自、自身の所属するプロジェクトと有機的に結びつける。 ・顧客内シェア・顧…

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年03月10日

      ■研修を受けて■
      一番大きかった気づきは、顧客内シェアを広げるために「役に立てる量を増やす」ということです。
      言葉にしてみれば簡単なように思えますが、やはり自社の利益に目がいってしまいがちで、お客様の役に立てているかどうかという発想をすることができていませんでした。

      何よりもお客様の満足度を最大化することが重要だということを忘れずに、日々のサービス提供に努めていきます。

      ■今後に向けて■
      今回の研修はセルフブランディング研修と結びつけて考えるのが難しかったですが、今一度内容を整理したうえでどういう風に活かしていけるか考え、実行していきたいです。
      そのためにも、まずはメンバーのニーズをしっかり把握・確認します。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      今回は話し合いがメインでしたが、自身の理解が足りなかったために価値ある話をあまり提供できませんでした。
      この研修でさまざまな価値を頂いた分、私は記事として価値をお返しできたらと思います。

      +3
  • 「聴き、伝える」ことで真の価値へ

    皆さんは、相手の話を聴いてばかりで自分の意見を押し殺しませんか?相手と適切な方向性に進んでいくことができません。今回は、その状況を回避するためのアサーティブコミュニケーションについて学んでいきましょう。

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年02月20日

      この記事を読んで『祈りの数だけ悲しみがある』という言葉を思い出しました。人の感情と欲求・願いは強く結びついています。
      マイナスの感情をそのまま伝えるのではなく「感情の先にある願いを表現する」というのは、私も意識的に心がけていきたいです。
      感情的になりそうな時ほど、クールダウンして自身の欲求を理解することの大切さを再認識できました。

      +1
  • 【研修】サービス理論(基礎1)

    コンサルタント、コーチ、メンター。政治家、医師、経営者。そしてチームリーダー。A&PROが関わる相手の多くが無形サービスを中心に活躍して…

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年02月10日

      ■研修を受けて■
      リーダーという仕事自体が無形サービスであり、唯一無二の価値を提供する存在なのだと改めて認識できました。また、提供者と消費者はお互いに学習し合う関係にあるという考え方はしたことがなかったので、自身のプロジェクトや仕事に携わる際には常に意識していこうと思います。

      ■今後に向けて■
      プロジェクトにおける課題や工夫できることを深掘りしたおかげで、まだまだ改善の余地がたくさんあることが分かりました。早速今週の研修で提案・議論し、より価値を生み出せる場にしていきます。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      似たような状況にあるメンバーだったおかげで、それぞれの気づきや価値観を共有できたのは大きなプラスになりました。今回は話し合いの時間を長く取っていただきましたが、存分に有効活用できたと思います。ありがとうございました。

      +4
  • やるべきことに追われず、やりたいことをする。

    「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年02月06日

      「実現の可能性が低いから第2領域で行動しない」というのは、私にとって斬新な考え方でした。振り返ってみれば本当にその通りです。また、「実現への道のりが遠い」、あるいは「結果を実感しにくい」こともスケジュール化できない理由だと思いました。
      原因が分かればおのずと対策も見えてきます。私も自分なりに方法を考え、今本当にすべきことに注力していきたいです。

      +2
  • 【研修】アサーティブコミュニケーション

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 久保井美愛

      久保井美愛

      2021年01月10日

      ■研修を受けて■
      アサーティブコミュニケーションを咄嗟に行うのはなかなか難しいと思います。ですが、これも入念な準備やイメージトレーニングの積み重ねで為せることなので、普段からDESC法を意識し、実践していきたいです。

      ■今後に向けて■
      会社やセルフブランディング研修で、より良い話し合い・提案をするためにアサーティブコミュニケーションを活用していきます。特に今月からコーチになったので、正しくコーチングできるよう、自分の姿勢や発言一つひとつに気を配っていく所存です。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      DESC法については初めて知りましたが、説明を聞いた時に思い出したのが高校時代に行った予算折衝です。部活動相手に予算を調整し、適切に配分することを通してDESC法を実践していました。
      当時の自分にできて、今の自分にできないわけがないので、日頃から然るべき場面で使えるように磨いていこうと思います。


      +3

勘違いしていませんか?仕事で失敗しがちな上司と部下の報連相

2021.05.31

役立つ人材になるには何をすべき?「人の役に立ちたい」と思ったら

2021.04.05

「謙虚にして驕らず」経営者が成功し続ける秘訣は誠実な対応!

2021.02.01

  • 山口賢人 早稲田大学 法学部

    どんなに大きなことを成し遂げている人でも、小さな約束一つ一つを大切に守ることが根幹にはあるということがわかりました。 自分自身も、キャパシティーを超えた約束を取り付けてしまって約束を破ってしまった経験があります。 「大きなことを成し遂げたいから大きな約束を取り付ける」のではなく、「多くの約束を守ってきたから、大きなことを成し遂げるチャンスを得る」ことを忘れずに、まずは等身大で一つ一つの約束に向き合っていこうと思えました。
山口賢人 前田佳祐 山嵜晴貴 3Picks

『7つの習慣』に学ぶ正しい主体性 自己実現するためのマインド

2020.12.07

尊敬する人がいないと悩んでいる人必見!尊敬できる人に出会うには

2020.11.20

ありがとうの天才

2020.11.07

【ビジネス編】コミュニケーション能力が高い人が持っている3つの力

2020.10.30

役立つ実例&敬語一覧付き、正しいビジネス敬語の使い方

2020.09.14

森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
12フォロー 12フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 16フォロワー
藤原穫

東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー

28フォロー 18フォロワー
萩原佑太

早稲田大学 基幹理工学部

22フォロー 19フォロワー
山嵜晴貴

早稲田大学 先進理工学部

11フォロー 12フォロワー
27フォロー 6フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部 大学生

17フォロー 12フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 11フォロワー
内田黎

日本歯科大学 生命歯学部

27フォロー 6フォロワー
K.N.

東京理科大学 理学部

25フォロー 17フォロワー
前田佳祐

早稲田大学 教育学部

9フォロー 12フォロワー
13フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

29フォロー 14フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 16フォロワー
河本のぞみ

早稲田大学 文化構想学部

13フォロー 12フォロワー
2フォロー 6フォロワー
29フォロー 15フォロワー
矢後慶樹

早稲田大学 商学部

10フォロー 12フォロワー