『7つの習慣』に学ぶ正しい主体性 自己実現するためのマインド

今月の研修:社会人が持つべき習慣(私的成功)

世界的なベストセラーである『7つの習慣』という本をご存じでしょうか。

これは成功した人生を歩むため、豊かな生活を送るために身につけるべき習慣を紹介している自己啓発書兼ビジネス書です。今回の研修では『7つの習慣』の内容を噛み砕き、実践レベルで使えるようにマインドセットを変えました。今回はその中の1つ、第1の習慣についてご紹介します。

『7つの習慣』とは

the-7-habits
引用:キングベアー出版

アメリカの経営コンサルタント、スティーブン・R・コヴィー氏によって書かれた『7つの習慣』は、初版発行から30年以上経った今も全世界で読まれている大ベストセラーです。人生における不変の「原則」を見つけ、それを実行するための習慣が具体例と共にまとめられています。内容は大きく分けて以下の3つに分けられており、段階ごとに学べる構成が特徴です。

【私的成功】自立し、自ら効果を創り出す
第1の習慣:主体的である
第2の習慣:終わりを思い描くことから始める
第3の習慣:最優先事項を優先する

【公的成功】他者と協力し、相乗効果を生み出す
第4の習慣:Win-Winを考える
第5の習慣:まず理解に徹し、そして理解される
第6の習慣:シナジーを創り出す

【再新再生】改善を重ね、より高い効果を出す
第7の習慣:刃を砥ぐ

これらの習慣のうち、今回は私的成功の土台である「第1の習慣」について解説します。

第1の習慣:主体的である

1

まず「主体的」であるとはどういうことか、意味をおさらいしておきましょう。

主体的とは自分の意思や判断に基づいて行動することです。これが一般的な定義ですが、この言葉だと「これくらい当たり前のことだ、とっくに習慣づいている」と思う方もいるかもしれません。しかし、もっと意味を深掘りしてみた時に同じ印象を抱く人は少ないでしょう。『7つの習慣』の中では、主体的であることをこう定義しています。

「人間として、自分の人生の責任を引き受けること」
「自分の行動に責任を持ち、状況や条件づけのせいにしない」

完訳 7つの習慣/スティーブン・R・コヴィー/キングベアー出版/2013.8

いついかなる時も周りのせいにせず、人生で起きるすべてのことに対して責任を持つことが第1の習慣なのです。主体的は「自主的」や「自発的」と混同されがちですが、責任を正しく捉えて果たすという意味で、明確に異なります。

困難な状況にある時、自分にとって不都合なことが起きた時、多くの人は他者や環境のせいにしてしまいがちです。しかし、これでは依存状態から抜け出せず、自分の心も行動も常に周りに左右されてしまいます。このような状態で、果たして本当に自分の人生を歩んでいると言えるでしょうか。

たとえ困難に直面したとしても「この道を選んだのは自分なのだ」と自覚を持って足を踏み出すことで、自分自身の人生を進むことができるのです。

主体性を身につけるには

man-thinking

自分の人生を歩むため、自分自身や起きる事象にきちんと向き合うためには、主体的であることが必要です。では、どのようにすれば第1の習慣が身につくのでしょうか。

『7つの習慣』では第1の習慣を身につけるためのヒントを4つ紹介しています。主体性を持つということは、自分の影響が及ぶ範囲のことに注力するということ。そのため、主体的になるには物事の捉え方や考え方を変えることが一番の近道です。

たとえば、「~でさえあったらなあ」、「~できない」、「~しなければならない」などの反応的な言葉を使わないようにすること。このような言葉を日常的に使う人は、自分でコントロールできない部分に目を向け、問題は「外」にあると思い込んでしまうからです。「内」に目を向け、自分の人生に責任を持つ主体性とは正反対ですね。

この他にも30日間テストなど、主体性を高める方法がすぐに実践できる形で紹介されているので、興味のある方はぜひ『7つの習慣』を手に取ってみてください。

これから研修を受ける方々へ

knock-the-door

『7つの習慣』は多くの哲学書やビジネス書と比べて理解しやすい内容です。一方で原則が分かっても習慣にできない、実践しているはずなのに効果が上がらないという意見も多々あります。しかし、A&PROの研修を受ければ、正しく実践するために必要なことが分かるでしょう。あなたが人生を切り拓く、良き道しるべになるに違いありません。自ら責任を持ち、扉を叩く者をA&PROは歓迎します。

研修で学んだこと

  • パラダイムシフト
  • インサイドアウト
  • 主体性を持つ
  • 目的意識を明確にする
  • 知的創造と物的創造

この記事の著者/編集者

久保井美愛 リーダーズカレッジリーダー  

上智大学外国語学部卒。社会人として仕事に必要なノウハウや心構えを学ぶためにA&PROの研修に参加。大の読書家で、のべ5,000冊以上の本を読んできた本の虫。かつて「図書室の門番」という異名を付けられたことも(笑) 本から得た知識や自身のスキル・経験を活かして、皆さんに価値あるものをお届けします。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。