【21年度・研修】社会人の持つべき習慣(後半)

Pick

2022.01.10

  • 藤井裕己

    藤井裕己 早稲田大学

    ■研修を受けて■ ・第一領域ではなく第二領域をスケジューリングすべき ・第三領域を減らすためにも、第三領域よりも第二領域を重視すべき ・第二領域は長期的な視点に立つことを促し、モチベーションにつながる ・Lose-LoseやLoose-Winの人にはメリットを伝えてWinーWinに ・Win-WinにできなければNoーDeal ・相乗効果を発揮するには資源を増やすことが有効 ・トレードオフではなく両立可能と考えることで相乗効果を生む第3案を考  えることができる ・計画の見直し自体を計画する ■今後に向けて■ 今後は、計画の見直し自体を計画の組み込んでいきたいです。私自身の行動を振り返ってみると、計画を見直す必要性は知っていたものの、具体的にどういうタイミングで取り組むかまでは考えられていませんでした。その結果、適切なタイミングで計画を見直すことができず、本来の目的から逸れた行動をとってしまうことがありました。これからは週の初めに自身の行動を振り返り、得た反省を次の週の計画に反映させていきたいと思います。 ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■ 森口さん、本日もご指導いただきありがとうございました。今回の研修で得た学びをこの場で終わりにすることなく、復習・実践を繰り返して自身の血肉にしていきます。
小川勇 星野歩華 髙橋開 中都智仁 原 駿介 16Picks

【21年度・研修】社会人の持つべき習慣(前半)

Pick

2021.12.10

  • 藤井裕己

    藤井裕己 早稲田大学

    ■研修を受けて■ ・限られた選択肢からではなく新たな選択肢を増やすことでパラダイムシ   フトが起きる ・各層の思惑を無視したアウトサイドインでは組織は変わらない ・やる気があるのは自立、目的目標に向けて自分を律するのが自律 ・第二領域が減ると第一領域が増え、さらに第二領域が減ると言う悪循環  に陥る ■今後に向けて■ 今後は第二領域を十分に確保し、豊かな生活をしていきたいと思います。私自身の11月の状況を振り返ると、第二領域を十分に確保できておらず、緊急中毒に陥っていました。課題や定期試験に加え長期インターンに追われ、今後の計画や準備にまで考えが及んでいませんでした。その結果短期的な目標にしか目が向かなくなり、本来の目的を忘れてしまうこともありました。これからは第二領域を確保し、目的目標に向かって余裕を持って活動していこうと思います。 ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■ 森口さん、本日もご指導いただきありがとうございました。今回の研修から学んだことを、記事執筆やチームでの活動を通して実践していきます。 藤原さん、リーダーとして私が成長するように導いてくださりありがとうございました。藤原さんが提供してくださった価値を無駄にせず、今後の活動の糧にしていきます。
小川勇 星野歩華 原 駿介 中都智仁 田村稔行 15Picks

【研修】リーダーシップゼミ

Pick

2021.10.17

  • 藤井裕己

    藤井裕己 早稲田大学

    ■研修を通じて学んだこと■ 「約束を積極的にして果たすことで信頼関係が築かれる」 「自分にした約束を果たすことで自信が付く」 「リーダーは準備ができている人がなる」 「誠実とは本来あるべき姿に事実を持っていく」 「目的達成を評価するのではなく、取り組み・誠実な姿勢を評価する」 「事実は切り取った時点で事実ではない」 「あらゆる仕事はコミュニケーションに結びつけると豊かになる」 「共通点に関して人は対立しない」 「ノルマとコミットメントの違い」 「目標設定の重要性」 「リーダーシップとは組織が上手くいくように最終的な責任を持つこと」 「コーチングは成長欲求のある人にしか使ってはいけない」 ■研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること■ ①「自分にした約束を果たすことで自信が付く」 今までの私は自信を能動的につけようと考えたことがありませんでした。むしろ、自信は成功体験から来るのだから、何かに成功しない限りはつかないのだと考えていました。しかし、研修を通じてGmap-cを徹底したことで、自分が成長したことを実感しました。今後社会で働く上でも、論理的・能動的に身につけた自信は簡単には揺らがないと確信しています。 ②「目標設定の重要性」 これまでは部活や長期インターンにおいて漠然とした目標を立てたことで、日々の活動に意義が見出せなくなることがありました。しかし、研修を経てSMARTな目標を設定することで成果が向上すると実感しました。今後も目標設定にこだわり、明確な行動指針のもとで成長し続けていきます。 ③「事実は切り取った時点で事実ではない」 研修を受けて、事実は文脈の中で判断しなければ実態が分からないと実感しました。これまでもSNSでの発言や噂話が違う誤解を生じる場面に触れ、ネガティブな影響を受けることがありました。情報が溢れる現代で生きていくために、情報リテラシーを持って事実を捻じ曲げないように意識していきます。 ■研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ■ 研修に参加する前の自分は表面を取り繕って満足しており、表面的だったと痛感しました。エンカレッジでの長期インターンも、本来の目的は達成できておらず、中途半端になっていたと思います。しかし、研修に本気で取り組んだことで自分の限界を引き上げ、成長することができました。今後も自分の限界値を更新して成長し続け、行動で示していきます。 最後にはなりますが、森口さん、A&PROのメンバーの皆さん、エンカレッジのメンバーの皆さん、忙しい中時間を割いて本気で取り組める環境を作って下さり、本当にありがとうございました。 ■これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ■ 「自分を変えたい」と思う方には自信を持っておすすめしたいです。リーダーシップゼミでは、「本気」で物事に取り組むことで、自らの血肉となる学びを得ることができます。しかし、だからこそ、覚悟のない人にはおすすめできません。社会では言い訳が通用しないのだから自分にも言い訳をせずに取り組めると言う姿勢を身につけていきましょう。 ■推薦してくれた方へのメッセージ■ 小川勇さん、今回は私が本気で取り組む機会を提供してくださり、ありがとうございました。今回の経験を生かし、行動という形で恩返しをします。ありがとうございました。
嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks
  • 【21年度・研修】社会人の持つべき習慣(後半)

    当たり前のことを実践し続ける。それこそがリーダーの近道。 WIN-WINを考える。相乗効果を発揮する。理解してから理解される。刃を研ぐ。 この当…

    • 藤井裕己

      藤井裕己

      2022年01月10日

      ■研修を受けて■
      ・第一領域ではなく第二領域をスケジューリングすべき
      ・第三領域を減らすためにも、第三領域よりも第二領域を重視すべき
      ・第二領域は長期的な視点に立つことを促し、モチベーションにつながる
      ・Lose-LoseやLoose-Winの人にはメリットを伝えてWinーWinに
      ・Win-WinにできなければNoーDeal
      ・相乗効果を発揮するには資源を増やすことが有効
      ・トレードオフではなく両立可能と考えることで相乗効果を生む第3案を考
       えることができる
      ・計画の見直し自体を計画する
      ■今後に向けて■
      今後は、計画の見直し自体を計画の組み込んでいきたいです。私自身の行動を振り返ってみると、計画を見直す必要性は知っていたものの、具体的にどういうタイミングで取り組むかまでは考えられていませんでした。その結果、適切なタイミングで計画を見直すことができず、本来の目的から逸れた行動をとってしまうことがありました。これからは週の初めに自身の行動を振り返り、得た反省を次の週の計画に反映させていきたいと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口さん、本日もご指導いただきありがとうございました。今回の研修で得た学びをこの場で終わりにすることなく、復習・実践を繰り返して自身の血肉にしていきます。

  • 【21年度・研修】社会人の持つべき習慣(前半)

    当たり前のことを実践し続ける。それこそがリーダーの近道。 主体性を発揮する。目的をもって始める。重要事項を優先する。 この当たり前のことを、『7…

    • 藤井裕己

      藤井裕己

      2021年12月10日

      ■研修を受けて■
      ・限られた選択肢からではなく新たな選択肢を増やすことでパラダイムシ 
       フトが起きる
      ・各層の思惑を無視したアウトサイドインでは組織は変わらない
      ・やる気があるのは自立、目的目標に向けて自分を律するのが自律
      ・第二領域が減ると第一領域が増え、さらに第二領域が減ると言う悪循環
       に陥る

      ■今後に向けて■
      今後は第二領域を十分に確保し、豊かな生活をしていきたいと思います。私自身の11月の状況を振り返ると、第二領域を十分に確保できておらず、緊急中毒に陥っていました。課題や定期試験に加え長期インターンに追われ、今後の計画や準備にまで考えが及んでいませんでした。その結果短期的な目標にしか目が向かなくなり、本来の目的を忘れてしまうこともありました。これからは第二領域を確保し、目的目標に向かって余裕を持って活動していこうと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口さん、本日もご指導いただきありがとうございました。今回の研修から学んだことを、記事執筆やチームでの活動を通して実践していきます。
      藤原さん、リーダーとして私が成長するように導いてくださりありがとうございました。藤原さんが提供してくださった価値を無駄にせず、今後の活動の糧にしていきます。

  • 【研修】リーダーシップゼミ

    単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

    • 藤井裕己

      藤井裕己

      2021年10月17日

      ■研修を通じて学んだこと■
      「約束を積極的にして果たすことで信頼関係が築かれる」
      「自分にした約束を果たすことで自信が付く」
      「リーダーは準備ができている人がなる」
      「誠実とは本来あるべき姿に事実を持っていく」
      「目的達成を評価するのではなく、取り組み・誠実な姿勢を評価する」
      「事実は切り取った時点で事実ではない」
      「あらゆる仕事はコミュニケーションに結びつけると豊かになる」
      「共通点に関して人は対立しない」
      「ノルマとコミットメントの違い」
      「目標設定の重要性」
      「リーダーシップとは組織が上手くいくように最終的な責任を持つこと」
      「コーチングは成長欲求のある人にしか使ってはいけない」

      ■研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること■
      ①「自分にした約束を果たすことで自信が付く」
      今までの私は自信を能動的につけようと考えたことがありませんでした。むしろ、自信は成功体験から来るのだから、何かに成功しない限りはつかないのだと考えていました。しかし、研修を通じてGmap-cを徹底したことで、自分が成長したことを実感しました。今後社会で働く上でも、論理的・能動的に身につけた自信は簡単には揺らがないと確信しています。

      ②「目標設定の重要性」
      これまでは部活や長期インターンにおいて漠然とした目標を立てたことで、日々の活動に意義が見出せなくなることがありました。しかし、研修を経てSMARTな目標を設定することで成果が向上すると実感しました。今後も目標設定にこだわり、明確な行動指針のもとで成長し続けていきます。

      ③「事実は切り取った時点で事実ではない」
      研修を受けて、事実は文脈の中で判断しなければ実態が分からないと実感しました。これまでもSNSでの発言や噂話が違う誤解を生じる場面に触れ、ネガティブな影響を受けることがありました。情報が溢れる現代で生きていくために、情報リテラシーを持って事実を捻じ曲げないように意識していきます。

      ■研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ■
      研修に参加する前の自分は表面を取り繕って満足しており、表面的だったと痛感しました。エンカレッジでの長期インターンも、本来の目的は達成できておらず、中途半端になっていたと思います。しかし、研修に本気で取り組んだことで自分の限界を引き上げ、成長することができました。今後も自分の限界値を更新して成長し続け、行動で示していきます。

      最後にはなりますが、森口さん、A&PROのメンバーの皆さん、エンカレッジのメンバーの皆さん、忙しい中時間を割いて本気で取り組める環境を作って下さり、本当にありがとうございました。

      ■これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ■
      「自分を変えたい」と思う方には自信を持っておすすめしたいです。リーダーシップゼミでは、「本気」で物事に取り組むことで、自らの血肉となる学びを得ることができます。しかし、だからこそ、覚悟のない人にはおすすめできません。社会では言い訳が通用しないのだから自分にも言い訳をせずに取り組めると言う姿勢を身につけていきましょう。

      ■推薦してくれた方へのメッセージ■
      小川勇さん、今回は私が本気で取り組む機会を提供してくださり、ありがとうございました。今回の経験を生かし、行動という形で恩返しをします。ありがとうございました。

まだフォローされていません