現状に甘んじることなく成長する

4.誠実・謙虚であれ

周りの人たちに対して、損得ではなく誠実・謙虚に行動していきます。小さな約束もきちんと守り、信頼を積み重ねていきます。

はじめに

私は、謙虚という言葉を使ったスローガンを今までに何度も見てきました。読者の皆さんも日々の生活で謙虚さを求められることがあると思います。

一方で、実際に謙虚さについて考える機会はあまりないのではないでしょうか?

そこで、今回の記事では謙虚さが必要とされる理由と、具体的に謙虚さがどういうものかについて執筆してみようと思います。

今回の記事では、謙虚さを

現状に満足しないこと

と定義します。

成長するために謙虚さが必要である

私は成長するために謙虚さが必要だと考えています。このように考える理由は以下の二点にあります。

  • 成長欲求が弱まる
  • 改善点を探そうとしなくなる

成長欲求が弱まる

現状に満足している状態では、今以上に良い状態を目指す意欲が弱くなってしまいます。現状に満足していないからこそ、より良い状態を求めて努力するのです。

例えば、私は以前、ダイエットをしてより良い体型になろうと思いながらも、運動せずに間食をしていました。間食や運動不足は、痩せるという目標から遠ざかってしまう行動です。

このような行動をとってしまう原因として、当時は自分の体型を無理に変える必要性を感じていなかったことが挙げられます。理想とする体型ではないものの、食の幸せを手放してまで体型を変える必要はないと思っていました。

自分の体型に関する現状にある程度満足していて、痩せてより良い見た目になろうとする成長欲求が弱まっていたのです。

改善点を探そうとしなくなる

現状に満足している状態では、改善点を探すこと自体をしなくなってしまいます。成長しなくてもよいと思っている場合、わざわざ改善点を探す必要がないからです。
また、改善点がないとすら考えてしまう場合もあります。

例えば、私が塾講師のアルバイトで担当していた生徒が、定期テストで大きく点数を伸ばしたことがありました。私は成果が出たことに満足し、最善を尽くすことができたと思っていました。

しかし、実際はケアレスミスがいくつかあり、生徒の力を余すことなく引き出せてはいませんでした。今思えば、見直しの時間を作るための時間配分を教えるなど、改善する余地は残っていました。

一定の成果が出ているという現状に満足しているために、実際には改善点があったとしても探そうとしない、もしくは改善点がないと考えてしまうのです。

成長に必要な謙虚さとは

私は、成長に必要な謙虚さは以下の二つだと考えています。

  • 常に改善点を探す
  • 周りの人を見て学ぶ

ここでは、二つの謙虚さについて、具体例とともに説明したいと思います。

常に改善点を探す

成長するためには、現状に留まることを良しとせず、常に改善する余地がないか考える謙虚さが必要です。課題を探し続けることで、成長する機会を逃しにくくなります。実際に改善点がある場合に見逃すことがないよう、備えておくのです。

例えば、以前のエンカレッジでは、長期インターンを探す学生に対して具体的なフォローアップができていませんでした。そこで、1・2年生に向けて企業からの長期インターンの案件を紹介するためにプロジェクトが立ち上げられました。

私もこのプロジェクトに参加し、企業への営業を通して長期インターン案件の獲得に取り組みました。その結果、新規の案件を獲得し、掲載することができました。

この例においては、具体的なフォローアップができていない現状を「しょうがない」と受け入れてしまうのではなく、どこを改善すれば良いかを考え続ける姿勢が守られていました。

改善点を探し続けて、プロジェクトを立ち上げ自分たちで長期インターンを紹介する仕組みを作るに至ったのです。

私は常に改善点を探すために、頭の中で「なぜ?」と繰り返し問いかけるよう意識しています。これによって、物事が現在の状態になっている原因を掘り下げ、根本的な問題に気づきやすくなります。

周りの人を見て学ぶ

他人から学ぶことのできる謙虚さも、成長するためには欠かせません。他人を見て良いところを取り入れることで、自分の成長につながります。

例えば、私が所属するチームのリーダーは、年齢や立場にとらわれずに言うべきことを言う人物です。リーダーよりも年齢が上のメンバーもいる中でもこの姿勢を貫くことで議論が活性化しており、本当の意味でお互いのためになる行動だと感じています。

私はリーダーの姿勢を見て、まだ自分が先輩方に遠慮している部分があることに気づき、チームのために自分の意見を伝えることをより強く心がけるようになりました。

また、周囲の人から学んだことを年間計画表や記事で文章化するようにしています。こうすることで、後から振り返りやすくなるだけでなく、より明確で深い学びにつながります。

今後に向けて

今回は、なぜ成長するために謙虚さが求められるのか、どのような謙虚さが求められるのかについて書いてきました。

改めて謙虚さについて考えるとともに自分の行動について振り返ると、まだまだ改善する点が多くあるなと感じました。

私は現在OB訪問サービスを立ち上げようと日々活動していますが、継続的なサービス提供の仕組みづくりや品質など、解決すべきことが多くあります。利用者に価値を提供できるサービスを作るために、常により良い状態を求める姿勢を貫きたいと思います。

この記事の著者/編集者

藤井裕己 早稲田大学  

高校まで11年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学商学部へ。

大学では塾講師のアルバイトを経験し、その後、学生時代から力を入れて活動する経験をしたいという思いからキャリアNPO法人エンカレッジに加入。

高校時代のリーダーとして挫折した経験から、自分自身を変えたいと思い、大学2年次にリーダーズカレッジに参加。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

早稲田大学商学部の4年生。 "新たな価値観を知りたい"という思いのもと、幼少期から多くの挑戦を重ねてきた。 大学時代は様々な方法で将来の進路に悩む中高生のサポートに力を入れてきた。大学四年時は自らができる価値提供先を増やしたいと考え、キャリア支援団体にて就活生の自立支援をおこなっている。団体においては人事部署のリーダーを務め、組織力の向上を目指している。

報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

荒 諒理 川瀬 響 本田花 須賀渉大 上野美叡 19Picks

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

本田花 西本 明希 谷口 宗郁 香山 渉 古屋大和 15Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原駿介 星野歩華 伊藤純希 65Picks

今回の研修で弱みを初めて言葉にし、弱みが単に触れたくないものから、本気で克服したいものへと変わっていきました。自分の弱さと向き合うことはその瞬間は苦しいですが、本気で自己変革をしたいと思う原動力になります。今後は自身の弱さから目を背けず、向き合って準備をやりきり、自分にも相手にも約束を積極的にして守り続けられる人になりたいと強く思っています。

須賀渉大 古屋大和 2Picks

世の中の商材は有形商材と無形商材に大別されます。それぞれの長所を理解し、活かすことで生産性の高いサービスを作り上げましょう。

研修前の自分は正直、リーダーの経験はこれまでたくさんやってきたし、ノウハウなんてどうせ知っているものだろうと思っていました。しかし、この研修をしてみて自分のリーダー力はまだまだだなと心の底から思うことができました。

研修講師の森口様は、私を学生扱いして甘やかすことなく、社会人としてできているところは褒め、できていないところはしっかりできるように宣言させてくださった。2日間で学生としての甘えについて顧みて向き合うことができた。学生だから」という理由で社会人に甘やかされてきたり、時間が有り余っていることが当然であると感じたりしている人がほとんどだと思う。そのような人にこそ研修を受けてほしい。

田村稔行 1Picks

メンバーの主体性を引き出すためには戦略的にメンバーを育成する必要があります。メンバーの主体性を引き出したいリーダーにはぜひ読んでほしい記事となっています。

星野歩華 信宗碧 原駿介 3Picks