伝えにくいことを伝えるためのコミュニケーション方法

今月の研修:アサーティブコミュニケーション

「言いたいことがあるけど、なかなか言い出せない」
「意見をしようとすると、感情的になってしまう」
ということはありませんか?

自分の考えを表現することは、日常生活や仕事のあらゆる場面で必要ですよね。

それでも、考えていることが上手く伝わらなかったり、それによって誤解を生んでしまったりすることも。

今回の記事では、言いたいことを上手く伝える方法をご紹介します。

伝えるためのフレーム-DESC法

家庭や学校、アルバイト先など、コミュニケーションをとる中で、自分と相手の意見がいつも同じとは限りません。
また、言いにくくても思い切って伝えなければならないときがありますよね。

そのとき、どんなことを意識していますか?
必要以上に高圧的になったり、すぐに「すみません」と言ったりしていませんか?

相手に上手く伝えたいときは、アサーティブコミュニケーションと、DESC法を意識するのがおすすめです。

今回の研修テーマはアサーティブコミュニケーションでした。
アサーティブコミュニケーションとは、相手が持つ権利を侵害せずに、誠実・率直・対等な立場で、自分の気持ちや意見をわかりやすく伝えることです。

アサーティブコミュニケーションが適切に使われることで、誤解や依頼し辛さ、断れないなどの様々な問題の解消に繋がります。

たとえば、誰かの行為に不快感を抱いている時、「やめてください」と伝えることと、「実は、●●の点で困っていることがあるので、助けていただけると非常に心強く思います」と伝えるのでは、受け取り方に大きな差が出るでしょう。

アサーティブコミュニケーションを活用する上で、伝え方のフレームの一つとして、DESC法を紹介します。
DESC法とは、Describe, Express, Specify, Consequencesの頭文字をとったものです。

まずはDescribe。事実を描写します。状況を客観的に簡潔な言葉で伝えましょう。客観的事実も大切ですが、相手以上に相手の感情を代弁してあげることが大切です。

次にExpress。事実によって生じた感情を表現します。このとき、「私はこう思っている」と自分を主語にしたアイ(I)メッセージで冷静に伝えましょう。

そしてSpecify。現実的かつ具体的な提案をしましょう。

最後にConsequences。その提案の効果を端的に伝えましょう。

私自身、伝えにくいことを伝える時、感情的になったり、すぐに謝ったりしてしまう傾向にあります。
たとえば断るとき、「すみません、〇〇の用件について、申し訳ないのですが、〇〇は対応できそうにありません。すみません」と、何かにつけて「すみません」と言ってしまうのです。

冷静に考えれば、謝るだけでは解決しませんし、繰り返す「すみません」は相手にマイナスの感情を起こしかねません。

この例をDESC法で言い換えてみます。

「〇〇の用件について、相談があります。〇〇に関しては、対応できそうにありません。ご要望にお応えできず申し訳ありません。現在△△な状況で、このままだと●●になってしまい、非常に困ることになりそうです。代案として、××ではいかがでしょうか。協力していただけますと、非常に助かります。」

このように伝えることができれば、前者より快く助ける気持ちになると思いますし、代案を発展させることもできますよね。

このように、アサーティブコミュニケーションやDESC法を活用することで、より豊かなコミュニケーションに繋がります。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修はアサーティブコミュニケーション研修でした。

私に「すみません」と言ってしまう癖があるように、知らず知らずのうちに、アサーティブでないコミュニケーションスタイルを取ってしまう人も多いのではないでしょうか。

ここは相手にしっかりと伝えたい!というときや、伝えにくい話題について話すときは、ぜひアサーティブコミュニケーションとDESC法を活用してみてくださいね。

研修で学んだこと

  • アサーティブコミュニケーションの重要性
  • 攻撃型(アグレッシブ):判断材料もなく、説得力がないのに、一方的で強引
  • 受け身型(パッシブ):遠慮して言い出せない
  • 作為型:遠回しや皮肉で伝える
  • アサーティブコミュニケーションでは、誠実・率直・対等・自己責任が柱
  • DESC法

この記事の著者/編集者

向井七海 早稲田大学 文学部  

小学生の頃からずっと世界平和を目指しています。平和を考える中で哲学に惹かれ、高校時代ドイツに留学。そこでシリア難民に出会ったことをきっかけに、大学では中東・イスラーム研究コースに所属。多文化共生や日本語教育を学びながら、大小問わず「平和をつくりだす」ことを目指して活動しています。

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。