A&PRO 人財育成のメカニズム

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム

この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&PROスタイル。今では、企業向け社会人育成のみならず、大学生や中学生・高校生の 育成にもA&PROスタイルが取り入れられています。

STEP1

確かな理論と実践方法を “頭で理解する”オリジナル研修​

クライアントの取り組むべきテーマに合わせ、 重要事項を研究し、実務に合った実践力を高めていきます。 初回のワークショップ型研修でビジネスの基礎を学び、 毎月の研修では10年・20年先も役立つサービス理論や プロジェクトマネジメントを学んでいきます。

STEP2

目的・目標とモチベーションを結びつけ、主体的に取り組めるように “心に刻む”コーチングシステム。

【エイアンドプロのコーチング】
● 目的・目標とモチベーションを結びつける

● 目標に向かって主体的に取り組むよう導く
オリジナル研修で学んだ理論をGmap-cを活用しながら コーチのもとで日々実践。コーチングを受けながら ノルマ型ではないコミットメント型の人財に導いていきます。

STEP3​

日々、プロジェクトサイクルに基づき実践しながら“体に染み込ませる”Gmap-c。

取り組むべきテーマをプロジェクトとしてとらえると、 目標設定の方法も目標達成までのプロセスも、科学的になってくる。

各プロジェクトごとに設計された年間計画を基に、 毎活動、自らが目的・目標(Goal)を設定し、 活動後に成果・課題を把握(Measure)。

成果の要因と課題の原因を分析(Analyze)し、 次回活動までの計画(Plan)、 つまり今取り組むべき課題を自分で設計し、 改善しながら回していく。(Control、Continue、Cycle)

この記事の著者/編集者

A&PRO   

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。

研修に参加することで「誠実でいること」の重要性に気づかされました。正直と誠実の違いを明確に言語化して理解することで、ただ正直でいるだけでなく、誠実でいることを絶対に忘れないでおこうと思いました。