A&PRO 人財育成のメカニズム

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム

この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&PROスタイル。今では、企業向け社会人育成のみならず、大学生や中学生・高校生の 育成にもA&PROスタイルが取り入れられています。

STEP1

確かな理論と実践方法を “頭で理解する”オリジナル研修​

クライアントの取り組むべきテーマに合わせ、 重要事項を研究し、実務に合った実践力を高めていきます。 初回のワークショップ型研修でビジネスの基礎を学び、 毎月の研修では10年・20年先も役立つサービス理論や プロジェクトマネジメントを学んでいきます。

STEP2

目的・目標とモチベーションを結びつけ、主体的に取り組めるように “心に刻む”コーチングシステム。

【エイアンドプロのコーチング】
● 目的・目標とモチベーションを結びつける

● 目標に向かって主体的に取り組むよう導く
オリジナル研修で学んだ理論をGmap-cを活用しながら コーチのもとで日々実践。コーチングを受けながら ノルマ型ではないコミットメント型の人財に導いていきます。

STEP3​

日々、プロジェクトサイクルに基づき実践しながら“体に染み込ませる”Gmap-c。

取り組むべきテーマをプロジェクトとしてとらえると、 目標設定の方法も目標達成までのプロセスも、科学的になってくる。

各プロジェクトごとに設計された年間計画を基に、 毎活動、自らが目的・目標(Goal)を設定し、 活動後に成果・課題を把握(Measure)。

成果の要因と課題の原因を分析(Analyze)し、 次回活動までの計画(Plan)、 つまり今取り組むべき課題を自分で設計し、 改善しながら回していく。(Control、Continue、Cycle)

この記事の著者/編集者

A&PRO   

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

学校教育や社会人教育を通じて、様々な授業や研修に人々は多くの時間を費やしています。その一方、人材育成・人材教育という活動は美化されやすく、時に科学的アプローチが疎かにされてきました。