A&PRO 人財育成のメカニズム

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム

この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&PROスタイル。今では、企業向け社会人育成のみならず、大学生や中学生・高校生の 育成にもA&PROスタイルが取り入れられています。

STEP1

確かな理論と実践方法を “頭で理解する”オリジナル研修​

クライアントの取り組むべきテーマに合わせ、 重要事項を研究し、実務に合った実践力を高めていきます。 初回のワークショップ型研修でビジネスの基礎を学び、 毎月の研修では10年・20年先も役立つサービス理論や プロジェクトマネジメントを学んでいきます。

STEP2

目的・目標とモチベーションを結びつけ、主体的に取り組めるように “心に刻む”コーチングシステム。

【エイアンドプロのコーチング】
● 目的・目標とモチベーションを結びつける

● 目標に向かって主体的に取り組むよう導く
オリジナル研修で学んだ理論をGmap-cを活用しながら コーチのもとで日々実践。コーチングを受けながら ノルマ型ではないコミットメント型の人財に導いていきます。

STEP3​

日々、プロジェクトサイクルに基づき実践しながら“体に染み込ませる”Gmap-c。

取り組むべきテーマをプロジェクトとしてとらえると、 目標設定の方法も目標達成までのプロセスも、科学的になってくる。

各プロジェクトごとに設計された年間計画を基に、 毎活動、自らが目的・目標(Goal)を設定し、 活動後に成果・課題を把握(Measure)。

成果の要因と課題の原因を分析(Analyze)し、 次回活動までの計画(Plan)、 つまり今取り組むべき課題を自分で設計し、 改善しながら回していく。(Control、Continue、Cycle)

この記事の著者/編集者

A&PRO   

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

話題のニュース

more

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 私たちの生活はいつ災害に巻きこまれるか分かりません。時に、災害により大切な人々の命が奪われることもあります。災 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 背中の見せ方 私は今まで組織の中心にいることが多く、リーダーという役割であろうとなかろうと全力 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 考えの甘さを痛感 研修を通じて、「今まで、どれだけ周りに甘やかされて生きてきたか」を実感しまし ...

消費と生産が同時に行われることの利点を活かす 最も印象深かったことは、無形サービスは、有形サービスとは異なり、その場でサービスを相手に最適化でき ...