大学生育成 -AESC事業部-

ビジネス研修と実践型プロジェクトにより、
どの業界でも活躍できる人財へ

志ある大学生が集まる AESC(A&PRO Educational Service Center)。
 
オリジナル研修を受講し、直営の「学習塾ヘウレーカ」やクライアント企業とのコラボプロジェクトで実務を習得。
 
就活はもちろん、社会人に必要なスキルも身につけます。


​AESC 人財育成プロジェクト

自分自身の成長を可視化できるから、自信になります

私は人財育成リーダーとして、Gmap-c を活用しながら後輩指導・育成を担っています。メンバーたちが自分たちの成長を可視化しながら確実に成長していくのを肌で感じ、大学生ながら貴重な経験をさせてもらっています。私を始め、学部時代はもちろん大学院に進んでも頑張っているメンバーが多くいます。学業やサークルなどで多忙な時もお互いに協力しながら工夫することで両立。チームワークも私達の強みです。

AESCで培った考え方は一生もの。社会人として大切なことを学べるA&PRO独自のビジネス基礎研修、コーチング理論、サービス理論。ディスカッションやロールプレイングを通じて学び、毎月の研修を重ねるごとに私自身の人間的成長を実感することができています。


​AESC サポートルームプロジェクト

意欲のあるメンバーが集い、創造性と実践力に溢れています

アイデアが理にかなっていれば、すぐに実行させてもらえる。この環境も当社の魅力。私はヘウレーカで世界史の講 師をしながら、学習指導や生活指導を支援するサポートルー ムのリーダーを兼任し、品質管理や新サービスの開発を行っています。例えば季節講習や時期に合わせた生徒ガイダンスなどは生徒の意欲向上につながっています。また、日々の指導の中で行うコーチングを通じて、大学合格だけではなく「生きていく中で価値のあるものを提供している」という手ごたえを感じています。

私たちメンバー一人ひとりの個性を把握し評価してくださる上司や、高い志で指導に取り組む仲間の存在なども心強いですね。仕事の後、一緒に食事をしたり屋形船を貸し切って親睦会をしたりと、チームワー クも最高。自信を持っておすすめできる環境です。

POINT 1 

充実した研修プログラムで ビジネススキルを身につける

当社が社会人向けに行っている研修プログラムを受講可能。就活はもちろん、10年後・20年後も役立つ考え方・学び方・具体的スキルを身につけることができます。

◇コーチング理論、アサーティブコミュニケーション、報告・連絡・相談

◇サービス理論、マナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなし

◇リーダーシップ理論、幹部候補研修(選別チーム)

POINT 2 

講師として中学生・ 高校生の指導を経験(給与支給)

生徒と共に考え、生徒の未来を支える講師としての経験を積むことができます。勉強の指導のほか保護者面談にも参加し、深く関わっていきます。

​研修で学んだことを机上の空論で終わらせず、仕事を通じて実践し、コーチと振り返りながら、社会人としての知恵と誠実さと行動力を身につけます。

​※勤務先は直営の学習塾、もしくはクライアント先の学校・塾

POINT 3

選抜メンバーは企業や教育機関と連携し、ビジネスを展開

生徒指導だけでなく、 メンバーのスキル・意 欲に合わせ、企業とのコラボプロジェクトやHPの運営など、活躍の場を広げていくことができます。

・教育機関向け指導サービス・人材育成プログラムの設計・導入​・運営

​・中高一貫校向け公式ホームページの制作・運営

​・医療系出版社向け公式ホームページの制作・運営

MESSAGE(AESCメンバーより)

--- 東京大学・工学部(H.O)---

優秀なメンバーが集まっているのがAESCの大きな魅力。単に勉強が出来るだけの人では無い、単に意識が高いだけの人でも無い、高い活動意欲と行動が伴ったメンバーの集団がAESCだと感じます。学生のうちから責任ある仕事・活動が出来ることもAESCの魅力です。生徒の人生を預かる以上、責任ある仕事であるのは言うまでもありませんが、その中でも保護者面談を行ったり、企業の方と協力してプロジェクトを運営したり… AESCでは様々な経験を積むことが出来ます。研修制度も確立されており、教育だけでなく社会人になってからも活かすことが出来るスキルを磨くことも出来ます。

--- 東京大学・経済学部(S.T)---

生徒指導やプロジェクトに従事するかたわら、研修などで社会に出ても役立つスキルや考え方を得られることが魅力です。また、ON・OFFを使い分ける、メリハリの良い職場風土も気に入っています。忘年会・納涼祭など、楽しむときは大いに楽しみ、研修など、まじめなときはしっかりやる!!メンバー間の仲が良いからこそだと思い ます。大学生活ではやれることがたくさんあります。勉強に打ち込むもよし、サークル・部活動に打ち込むもよし、AESCに打ち込むもよし。AESCも選択肢に入れて、新たな視野、マインドに触れてみるのもありかもしれません !!

--- 東京大学・工学部(H.K)---

AESCの魅力は、教えるということの楽しさを感じられる点。バイトとはいえ生徒の指導を任されるわけですから、手を抜くことはできません。決して楽な仕事ではなく、ただお金を稼ぎたいだけという人にはあまり向かない活動です。一方、真剣に取り組みたい人にとっては、本気な分、生徒の成績が上がったり、生徒が授業を楽しんでくれたりしたときの達成感や充実感はかなりのもの。教えることに興味がある、好きだ、という人ならきっと楽しめるし、研修などを通じて多くのことを学べるのではないでしょうか。  

メンバーからのメッセージ
⇒ ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-
⇒ クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

この記事の著者/編集者

A&PRO   

- 中高生から社会人までを対象とした人財育成 -

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。