• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 萩原 佑太

      萩原 佑太

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■

      ・アサーティブコミュニケーションにおける誠実さには、相手の意見や考えを尊重するだけでなく、自分自身の意見も大切にして発信する「自分への誠実さ」も含まれる。

      ・7つの習慣における「相手を理解する」での傾聴(意識を100%相手に向けたコミュニケーション)との棲み分けについては、改めて考える必要がある

      ・事実を確認することは、相互に捉え方の齟齬もないことから建設的なコミュニケーションを取る上で大切。

      ・実際以上に強がる状態は、アグレッシブコミュニケーション

      ・パッシブコミュニケーションは、相手に合わせているようで、本質は、周囲からの見られ方や評価を気にした自己中心的なもの

      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■

      ・現在リーダーを務めているメンバーに対して、依然と比べ自分自身からの期待が持てていない(伝えきれていない)→現状passiveなコミュニケーションになっているからこそ、メンバーに対して先入観を捨て、どんな役割を期待したいのか、どんな不満を抱いているのか、等をまずは率直に伝える

      ・非言語メッセージに今まで以上に着目する。具体的には、話している際の表情や、レスポンスの速さに着目し、表面上のやり取りなることを防ぐ

      ・相手へのネガティブな印象を、感情をそのままアウトプットせず、言葉として淡々と伝えることをより意識する(意識的に出すにしても、本当に相手を思ってのことなのか、それとも何か相手を抑圧しようという意図があるのか、で大きな違いがある)

      ■ 研修講師へのメッセージ ■

      現在、今まで以上に多くのメンバーをまとめる立場で活動している自分にとって、とてもタイムリーな内容でした。学びを実践に繋げることを今から意識して行動していきます。

      +2
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
12フォロー 10フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 13フォロワー
藤原穫

東京大学 薬学部

20フォロー 13フォロワー
山嵜晴貴

早稲田大学 先進理工学部

6フォロー 4フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部

17フォロー 10フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 9フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
13フォロー 11フォロワー
久保井美愛

上智大学 外国語学部

16フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

16フォロー 12フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 12フォロワー
23フォロー 11フォロワー