インプットとアウトプットを両立、その実践法とは!?

今月の研修:記憶のメカニズム

インプットの質は、学んだ後も高めることができる!!

何事も、インプットだけでは不十分。インプットとアウトプットはセットでないと意味がない。

こうした言葉を見聞きしたことがある方は少なくないのではないでしょうか?こうした言葉が叫ばれる背景には、誰しもが大量の情報にアクセスできるようになった今の時代だからこそ、単にインプットするだけでは意味がない、という考え方があるように思います。

しかし、インプットとアウトプットを両立させることは、意外と難しいことでもあります。実際に、本やセミナー、誰かの講演などでの価値あるインプットを、アウトプットとして活かせていますか?と聞かれると、私を含め多くの方が、完全にYESとは答えられないのではないでしょうか。

本記事では、今回の研修テーマである「記憶のメカニズム」に裏付けされた、インプットとアウトプットを両立させる1つの実践例をご提案したいと思います。それが以下の通りです。

➀学んだことに、②自分の思考・解釈を加え、➂明瞭で、説得力のある主張を発信する

これを実践することで、質の高いアウトプットをする機会が持てるだけでなく、インプットの質を向上させることもできると考えます。ここからは、その根拠を述べます。

いきなりですが、ここで読者の皆様に1つ質問です。「②自分の思考・解釈を加える」は、一見するとアウトプットに思えますが、果たしてアウトプットのみなのでしょうか?

私は、②はアウトプットだけではなく、インプットでもあるのではないか、と考えます。

ここで具体例として、今皆様が読んでいらっしゃるような記事の執筆を考えます。まず➀毎月の研修で体系的な理論を学ぶ。次に、②自身の日々の経験等と結び付け、自分なりの考え・主張に昇華させる。そして最終的に、➂読者の方々に分かりやすく、説得力を持って発信する。

ここで皆さんに考えていただきたいことが以下の問いです。

この➁のプロセスは、果たしてアウトプットだけなのか?

私の経験上、この問いに対する答えは、「NO」です。理由はいたって単純で、最終的な自分の主張に分かりやすさ・説得力を持たせるには、土台となる理論(インプット)と主張(アウトプット)を何度も行き来する必要があるからです。最初に仮置きした主張を、一度も立ち止まることなくスムーズに、かつ論理的に展開し記事にできた経験は、少なくとも私にはありません。

つまり、②のプロセスは、インプット・アウトプットの両方を含んでいます。両者のサイクルの中で悩みに悩んだ末「△△という主張の土台には、○○の理論が使える!」「○○の理論をもとにすると、△△よりも□□と表現を変えた方がより説得力が出せる!」という発見・気づきが生まれます。こうした瞬間こそが、記憶の精度を高める上で重要な扁桃体の刺激、あるいはエピソード記憶の蓄積なのではないでしょうか。

今回私がご提案した、インプットとアウトプットの実践法に興味をお持ちいただいた方、ぜひ1度会社説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

本記事は、私が以前執筆した記事:記憶と感情の関係、あなたは説明できますか?を前提にしておりますので、よろしければこちらも参照いただければ幸いです。

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

香山 渉 1Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。