記憶と感情の関係、あなたは説明できますか?

 今月の研修: 記憶のメカニズム

学習内容そのものを伝えるだけでは不十分

今回の研修では、外部から得た情報が脳内でどのように伝達され、どのように記憶として定着していくのかのメカニズムを学んだ後、現状の生徒指導にどのように生かすことができているかを振り返るとともに、今後どのような改善ができるかを深掘りしました。

その中で自分にとって最も印象深いことが、『覚えたことを長期的に記憶し続けるためには、「意味記憶」だけに頼るのではなく「エピソード記憶」をうまく活用することが有効である』ということです。この理由を「意味記憶」と「エピソード記憶」の違い・扁桃体の役割と関連付けながら説明していきます。

意味記憶とは、ある事項そのものを単なる知識として覚えている状態を指します。つまり、その事項を覚えた当時の周辺環境・感情などは覚えていないが、とにかくその事項だけは覚えているという状態です。一方エピソード記憶とは、覚えたり経験したりしたこと自体に加え、その当時の自分自身の置かれた状況・感情などもセットで覚えている状態です。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶の方が記憶の定着度は高いとされています。例えば「水素にマッチの火を近づけるとポンっと音が出る」という教科書の文言を単に暗記(意味記憶)するよりも、実際に試験管とマッチを手にして自分で実験(エピソード記憶)をした方が、その後の定着度は高いでしょう。

次に扁桃体の役割についてです。扁桃体とは、情動的な事柄によって刺激が加わる脳の器官で、長期記憶をする上で重要な役割を果たす海馬と密接に関わっています。この海馬に対しての扁桃体の作用が高まるほど、記憶の長期定着は促進されます。つまりある経験をする際、何かしらの感情を同時に抱くことで扁桃体が刺激され、その経験が長期記憶として定着しやすくなると言えるのです。

以上のことを踏まえると講師には、知識・考え方などの教えるべき内容をきちんと伝えることに加え、毎回の授業そのものが生徒にとって特別な経験となる、そんな授業をすることが求められます。では、具体的にどのように特別な経験を与えるか。アプローチの仕方は様々だと考えます。例えば、なかなか計算ミスがなくならない生徒に対して、3時間の授業の中でミスを何回以内に抑えるという目標を設定・達成させることで、生徒自身に「自分はできるんだ」と自信をつけさせ、達成感を抱かせることができます。逆に、「今回は10題中1ミスだったけど、本番が100点中60点取れるテストだったら、6点落としてるってことだよね。その6点で落ちたらどうするの?」と、あえて現実になってほしくない状況を想像させることで、生徒自身に危機感を抱かせることができます。大事なことは、生徒の扁桃体を刺激するために、生徒自身に何かしらの感情を抱かせることです。

最後に、こうした授業設計を完璧にマニュアル化することはできません。だからこそ、目の前の生徒はどんなアプローチの仕方をすれば感情的な反応を見せるのかを探りながら、日々研究を重ねていきたいと考えています。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では、日常で私たちが半ば無意識におこなっているであろう記憶という作業に関して、科学的なメカニズムをもとに深く学ぶ事ができ、とても勉強になりました。と同時に、普段から関わっているからこそ、そのメカニズムを知らないままでいることはもったいないし、怖い、とも感じました。いわゆる学校の勉強以上に、学んだことをその後に生かせる内容だと思いますので、読者の皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

研修で学んだこと

  • 記憶はその定着度に応じて以下の3段階に分けられる(感覚記憶・短期記憶・長期記憶)
  • 与えられた情報を短期記憶、更には長期記憶へと結び付けていくためには、脳内の海馬が必要な情報だと認識することが必要
  • 情動的なアプローチを付随させることにより、扁桃体への刺激が加わり長期記憶へと結びつきやすい
  • 復習を繰り返すことにより、その後忘れてしまう内容の割合が減少する

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。