記憶と感情の関係、あなたは説明できますか?

 今月の研修: 記憶のメカニズム

学習内容そのものを伝えるだけでは不十分

今回の研修では、外部から得た情報が脳内でどのように伝達され、どのように記憶として定着していくのかのメカニズムを学んだ後、現状の生徒指導にどのように生かすことができているかを振り返るとともに、今後どのような改善ができるかを深掘りしました。

その中で自分にとって最も印象深いことが、『覚えたことを長期的に記憶し続けるためには、「意味記憶」だけに頼るのではなく「エピソード記憶」をうまく活用することが有効である』ということです。この理由を「意味記憶」と「エピソード記憶」の違い・扁桃体の役割と関連付けながら説明していきます。

意味記憶とは、ある事項そのものを単なる知識として覚えている状態を指します。つまり、その事項を覚えた当時の周辺環境・感情などは覚えていないが、とにかくその事項だけは覚えているという状態です。一方エピソード記憶とは、覚えたり経験したりしたこと自体に加え、その当時の自分自身の置かれた状況・感情などもセットで覚えている状態です。そして一般的には、意味記憶よりもエピソード記憶の方が記憶の定着度は高いとされています。例えば「水素にマッチの火を近づけるとポンっと音が出る」という教科書の文言を単に暗記(意味記憶)するよりも、実際に試験管とマッチを手にして自分で実験(エピソード記憶)をした方が、その後の定着度は高いでしょう。

次に扁桃体の役割についてです。扁桃体とは、情動的な事柄によって刺激が加わる脳の器官で、長期記憶をする上で重要な役割を果たす海馬と密接に関わっています。この海馬に対しての扁桃体の作用が高まるほど、記憶の長期定着は促進されます。つまりある経験をする際、何かしらの感情を同時に抱くことで扁桃体が刺激され、その経験が長期記憶として定着しやすくなると言えるのです。

以上のことを踏まえると講師には、知識・考え方などの教えるべき内容をきちんと伝えることに加え、毎回の授業そのものが生徒にとって特別な経験となる、そんな授業をすることが求められます。では、具体的にどのように特別な経験を与えるか。アプローチの仕方は様々だと考えます。例えば、なかなか計算ミスがなくならない生徒に対して、3時間の授業の中でミスを何回以内に抑えるという目標を設定・達成させることで、生徒自身に「自分はできるんだ」と自信をつけさせ、達成感を抱かせることができます。逆に、「今回は10題中1ミスだったけど、本番が100点中60点取れるテストだったら、6点落としてるってことだよね。その6点で落ちたらどうするの?」と、あえて現実になってほしくない状況を想像させることで、生徒自身に危機感を抱かせることができます。大事なことは、生徒の扁桃体を刺激するために、生徒自身に何かしらの感情を抱かせることです。

最後に、こうした授業設計を完璧にマニュアル化することはできません。だからこそ、目の前の生徒はどんなアプローチの仕方をすれば感情的な反応を見せるのかを探りながら、日々研究を重ねていきたいと考えています。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では、日常で私たちが半ば無意識におこなっているであろう記憶という作業に関して、科学的なメカニズムをもとに深く学ぶ事ができ、とても勉強になりました。と同時に、普段から関わっているからこそ、そのメカニズムを知らないままでいることはもったいないし、怖い、とも感じました。いわゆる学校の勉強以上に、学んだことをその後に生かせる内容だと思いますので、読者の皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

研修で学んだこと

  • 記憶はその定着度に応じて以下の3段階に分けられる(感覚記憶・短期記憶・長期記憶)
  • 与えられた情報を短期記憶、更には長期記憶へと結び付けていくためには、脳内の海馬が必要な情報だと認識することが必要
  • 情動的なアプローチを付随させることにより、扁桃体への刺激が加わり長期記憶へと結びつきやすい
  • 復習を繰り返すことにより、その後忘れてしまう内容の割合が減少する

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。

研修に参加することで「誠実でいること」の重要性に気づかされました。正直と誠実の違いを明確に言語化して理解することで、ただ正直でいるだけでなく、誠実でいることを絶対に忘れないでおこうと思いました。