• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■

      伝え方に関して、誰もがassertive, aggressive, passiveな側面を持っており、状況によっては良くない側面が表れてしまうことがある。特に、言いたいことがうまく言えずに溜め込んだ結果、作為型(遠回し・皮肉)になってしまうことはあり得る。
      また、DESC法において、事実と感情を明確に区別することは不可欠だと思う。相手にとって判断しにくくなってしまうからである。さらに、自分の意見を述べているのか、相手の話を聞くことに徹しているのかも要区別である。

      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■

      「4つの柱」のうち、「対等」はこれまで自分の中で言語化されていないことであった。立場のある人とのコミュニケーションでも卑屈にならず、逆に部下・後輩に対しても偉そうにしないことは、当たり前ではあるが大切だと再認識。

      ■ 研修講師へのメッセージ ■

      緊張感のあるロールプレイだからこそ、価値ある練習になっていると思います。いつもそんな機会を設けていただきありがとうございます。

      +3
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
12フォロー 10フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 13フォロワー
萩原 佑太

早稲田大学 基幹理工学部

16フォロー 13フォロワー
山嵜晴貴

早稲田大学 先進理工学部

6フォロー 4フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部

17フォロー 10フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 9フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
13フォロー 11フォロワー
久保井美愛

上智大学 外国語学部

16フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

16フォロー 12フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 12フォロワー
23フォロー 11フォロワー