• 【研修】記憶のメカニズム

    復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年06月10日

      ■研修を受けて■
      記憶は情動的な出来事と結び付けられるとその保存が促進されることを再確認。主体性、ストレス発散・楽しむ、繰り返すの3要素が大切。定期的・計画的な復習は大切ではあるが、一発で覚えた方が時間を効率的に使える。

      ■今後に向けて■
      面倒臭いなと思って取り組んだ合唱祭よりも金賞を取ろうとクラスで一致団結して取り組んだ合唱祭の方が歌や練習時の雰囲気をよく覚えているものだろう。主体性が記憶を促進することがここから理解できる。
      リーダーズカレッジの後輩たちへはなぜA&PROにいるのかという目的からモチベーションを引き出し、主体性を持って活動に取り組ませたい。その場合、理想的には一発で指示指摘を理解・記憶し、早い成長速度を実現できそうだ。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      本日もありがとうございました。田村さんが記憶のためにできる具体例として、業務を説明するだけでなくまずは一緒にやってみることと挙げていました。まさに普段森口さんが私に行ってくださっていることでした。今後、私から後輩へ伝えることを意識して、森口さんからの教えを記憶・活用していきます。

      +3
  • カリスマ性なんて上辺の要素。元スターバックスCEOが語る、支持されるリーダーになる方法|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。

    岩田松雄著『「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方』より

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年06月05日

      「人を治める前にまず、自分を修める必要があるのです。
      自分を修めることもできないのに、人を治められるはずがありません。」

      これこそ、私たちA&PROでいうところの「準備ができている」ということなのかもしれません。

      +3
  • 「20代、みんな同じゲームで競ってると思ってた」広瀬香美を“人との比較”から解放させたモノ|新R25 - シゴトも人生も、もっと楽しもう。

    「人が自分より抜きん出るのが、とにかく嫌だった」

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月29日

      人生は「終わりのない"自分だけのマリオブラザーズ"」。

      人と比較して悶々としてしまう時には是非とも思い出したいフレーズですね。出会す課題たちは、"ザコキャラ"。そう捉えると人生が楽しく思えそうです。

      また、緊張しいの私にとって、「人は自分を"本当の自分"以上によく見せようとして、その差分だけ緊張する」、「まわりの大人は"本当の私のレベル"なんてとっくに見抜いてる」という言葉で、すっと肩の力が抜けそうです。

      +2
  • 本当のリーダーとは何か、その答えがこの研修の中に

    これまでにリーダーシップの研修やインターンに参加したことがある人でも、必ず新しい発見が得られる研修です。私自身、2日間という短い時間の中でひたすら考え、そして行動する習慣を身につけることができました。また、自分自身としっかりと向き合い、自分の弱さを誠実に受け止めることができるようになりました。それは、「本気で変わりたい」という気持ちを真剣に持つことができるようになったからです。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      私は、実は厳しさとは優しさの一部なのではないかと考えています。本当に相手のことを思っていないと、厳しさは生まれないのではないでしょうか。(リーダーを務めていると、優しさよりも厳しさを発揮することの方が遥かに力を要すると感じることが多々あります笑)

      富田さんはこの厳しさの必要性を感じられ、メンバーのことを本気で考えると決意されていますね。また、富田さんは自身の弱みの改善がメンバーの変化にも繋がるとも気付かれていますね。

      富田さんならリーダーとして、メンバーを互いに大切にするチームを作れるのではないでしょうか。応援しています!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +2
  • 必ず成長できる!!この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいる

    そんな「短期間で簡単に過去の自分を変えることなんて不可能だ」と感じる方が大多数だと思います。しかしながら、自身が徹底的に弱みと向き合い続け、目標とするリーダー像に成長したいと思う意思を持っていれば、必ず変われます。この研修には、それを応援してくれる森口さんと仲間がいます。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      伊藤さんはリーダーとして大切なことをたくさん学ばれたようですね。準備を徹底すること、本質を捉えること、時間を大切にすること......。

      これまでのリーダーとしての経験がこれらを吸収する土台となったのかもしれませんね。今後リーダーとして活躍される際は、これらを常に意識し、メンバーの人生を預かっているという覚悟を持ってトライしていってほしいと思います。応援しています!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +3
  • 「自信が無い」などと悩んでる暇はない

    この研修の中で誠実という言葉が1つ重要であった研修であったと思います。ただの事実を述べる”正直”とは違い、”誠実”は本来あるべき姿に事象を持っていくことです。リーダーは自分と向き合い、弱さに向き合い、成長していく自分に対しての誠実さはもちろん、チームのメンバー・顧客等々、あらゆる立場の人に対して誠実でなければなりません。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      本来、自信は他人と比較して生まれる/潰えるものではないと思います。大切なのは自分が何を成し遂げたか。その積み重ねが自信に繋がることでしょう。

      仮に研修前後で大きく変われたと自信を持って言えなかったとしても、どのように変わればよいのかの糸口を掴むことができたのではないでしょうか。

      そうして変わった先には、成長し、自信を持った江口さんがいることでしょう。変化を恐れずチャレンジしていってほしいと思います!応援しています。

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +2
  • いかに脳を使わず時間を無駄にしていたかを思い知らされた

    私は正直、2日間で自分の考えがここまで大きく変わるとは参加前は思っていませんでした。 これはこの研修が、ただただ新しい知識を先生から学ぶのではなく、納得できるまで本質を考え、自分と向き合うことができるからこそだと思います。そして、何より大学生の自分に、ここまで真剣に向き合い、厳しく指導してくださる大人に出会えたからです。こんな機会滅多にないので、迷っている方はぜひ参加をおすすめします。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      濵さんはこれまでリーダーを務めたり、頼られたりする経験が豊富ながらも、その土台部分について意識的ではなかったのではないでしょうか。そして今回の研修で、どのようにその土台を築けばよいのか(例えば約束を守り続けるなど)について気づくことができたのではないかと思います。

      しかし、このように土台を築く過程では、自分の弱みと向き合うことを避けては通れません。"周りを成長させ、周りから感謝されるようなリーダーに"なるために、弱みから逃げずに成長を続けていってください。濵さんが理想のリーダーとして活躍される日を楽しみにしています!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +2
  • 2日間で、自分のスタンス・リーダー像・人としての態度を一新

    ここにくると、自分の甘さに気がつくことができます。通常のインターンシップは「業務体験」が多いと思いますが、ここではそれを越えた、人としてあるべき姿を学ぶことができます。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      研修では、伊藤さんが人一倍努力し、人一倍行動を起こしていたとお聞きしました。この記事から確かにその熱量が伝わってきます。
      伊藤さんにとって研修前後での最も大きな変化は、リーダーという存在への考え方でしょう。自分はリーダーに向いていないだろうと、初めから諦める必要はありません。準備ができている人こそがリーダーたり得るのです。

      伊藤さんの準備の第一歩はまさにこの研修から始まったことでしょう!それが研修中での姿勢に表れていたのだと思います。目指すリーダーになるために、これからも"準備"を徹底していってください。伊藤さんが今後リーダーとして活躍されるのが楽しみです!応援しています。

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +2
  • リモートワーク時代に露呈する「飾り物のポスト」「本当に大事な仕事」

    コロナ後もリモートワークが広がりそうだが、「飾り物のポスト」や「無用な仕事」が見えてくる一方で、「大事な仕事」や職場という同じ空間で上司や同僚と…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月22日

      コロナ禍が促進したリモートワーク。これによって生まれるメリットもデメリットもあるでしょう。

      これをネガティヴに捉えるのではなく、必要なものを生かし、不要なものを捨てる、改善の機会と捉えることが大切なのではないでしょうか。

      そして、その選択のバランスこそが吉と出るか凶と出るかに直結するように思います。

      +1
  • 「1つのことをコツコツと」から脱却せよ 最短最速で成果を出す3つのポイント

     仕事で成果を出す人の共通点は何か? それは「行動の品質」が高いこと、とするのが『行動の品質』(伊藤健太著、フォレスト出版刊)だ。生産性が低かっ…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月15日

      自分だけでなく、そもそもまわりを巻き込もうと考えるーー

      周りを頼らず、自分ひとりで解決しようというのは謙虚ではありません。むしろ、己が裁量を正しく認識し、自分にできること・できないことを把握していることの方が謙虚だといえるでしょう。

      全体という幹を認識し、想定外という枝葉を想定すれば、誰をどのように頼り、巻き込めばよいかがわかるのではないでしょうか。

      +1
  • 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      上司と部下の間で責任の所在を明らかにしておく必要があります。これは入念な報連相によって可能となるでしょう。また、与えられた権限を行使した際には、その権限と対になる義務として完了報告があるでしょう。
      リーダーは権限の与え方を考えなければなりません。判断力・決断力の観点から責任を全うできるメンバーを選ぶべきでしょう。

      ■今後に向けて■
      周囲が動きやすい形で報連相を行います。例えば、「本件、xx日までに対応をお願いします」等。また、これは既に実行していることですが、リーダーとして、報告を締切直前には行いません。余裕がないのではないかとリーダーがメンバーに心配されることは良くありませんから。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      今後もお互い積極的に報連相を取り合い、責任の所在を明確にしていきましょう!森口さんのおかげで私は非常に動きやすいです。頂いた権限で義務を果たしつつ責任を全うします。

      +4
  • 読まれる文章とスルーされる文章の決定的な差 | リーダーシップ・教養・資格・スキル

    あるウェルネス系webメディアの立て直しに参加した時のことです。どの記事も読んでみると悪くないのに、タイトルがわかりにくいなぁと思っていました。…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月08日

      「文章を書く目的や読者を明確にする。『伝えたいこと』を整理する。それを誠実に言葉にしていく。」

      私も記事を執筆する時には、最も読者に伝えたいこと(主軸)を決めてから書き始めるようにしていますし、メンバーにもそのような意識付けを行なっています。
      本文中にもあるように、コンテンツをつくることと見せることのどちらが大切かを考えれば、小手先のテクニックで飾らない、本質にこだわった記事を書けることでしょう。

      +1
  • 「3日間もあるのか」「本当に効果あるのか」参加前の疑心暗鬼と警戒心

    参加後の自分は、参加前と比べ一皮むけたと感じています。今までの動物的なコミュニケーションでなく、事実に直視して実践を積み重ねれば、表面的な部分に左右されずに「自信を持って」価値を提供することができる、その確信を得ることができました。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月01日

      目標の設定の仕方は、最終的なゴールである目的の達成に直結するだけでなく、メンバーのモチベーションにも関わるので極めて重要です。原さんはメンバーの活動を管理するのみのリーダーだったと反省されていますが、適切な目標設定や今回学ばれた理論の応用によって、メンバーの人生の目的にも寄り添えるリーダーとなるのではないでしょうか。言葉で言うほど易しくはありませんが、”一皮むけた”原さんにはそこを目指してほしいと思います!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +2
  • 「リーダーとして成長したい」その思いに正直になってみませんか

    厳しくも愛のある言葉の数々やコミュニケーションやリーダーシップに関する意味を考えた時、自分のリーダーとしての自覚がいかに脆いものだったのか、自分の見えている範囲、考えられている範囲がいかに狭いものなのかに気がつくことができました。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年05月01日

      結局自分が大好きで、自分は悪くないと他責思考に陥いることで責任から逃げていたカッコ悪い自分が見つかったような気がしたーー。

      この事実を認めることは容易ではありません。プライドが傷付き、自分を嫌いにさえなってしまいそうですから。しかし、草野さんは謙虚にこのことを受け止め、挑戦者としての初心を思い出したのですね。悲観せず、次なる目標を厳しく見据える草野さんは「カッコいい」と思います。どれだけ成長し、立派になっても、驕らず、今回の研修を思い出して向上していくことを期待しています!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +3
  • リーダーとは、『やりたい人』でも『させたい人』でもなく、『準備ができている人』

    厳しさというものの裏にある大きな優しさを感じたのは、今まで経験したことのないものでした。まだまだ足りない部分もありますが、教えていただいたものを今度は自分たちが他のメンバーに還元することで、間接的にはなりますが、恩返しできればと考えています。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年04月24日

      リーダーとして準備ができている、とはどのような状態を指すのでしょうか。要素は数多くありますが、私は合理性に裏打ちされた説得力ある意見を出し、そのような判断・決断ができることが重要な要素の一つだと考えます。コミュニケーションに自信があったT.M.さんがこの要素をコミュニケーションに加えられたなら、まさに「準備ができている人」でしょう。
      また、コーチングによってメンバーが主体的に動くよう導くことも大切なリーダーの役割です。私はA&PROの一員として、本研修での学びがT.M.さんだけでなく、他のメンバーへも還元されることが大変楽しみです。今後の活動を応援しています。

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +4
  • 形式的なリーダーシップやコミュニケーションは、全く通用しない

    今回の研修中、共感を表す多くの言葉を作った。だが、これらは全て、以前の研修で形式的に使っていた「僕もそう思っているよ」とは全く違った。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年04月24日

      信頼残高という言葉があります。これは、「自分が相手に信頼されているかは、相手に聞いてみないとわからない」と考えるのではなく、自分が相手に対してどう行動したかによって相手から信頼されている程度を認識するという考え方です。この考え方は自らへの自信に関しても応用できるでしょう。自分がどのような目標を立て、どのように達成できたか。それが自信に繋がるのだと思います。おそらくH.S.さんはこのことに気付き、既に「自信がない」状態を克服できる地点にいるのではないでしょうか。本研修で認識できたであろう不足を満たし続け、自信を勝ち取り、自分と周囲の人生を明るくするリーダーとなってください。応援しています。

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +4
  • リーダーは一番合理性のある意見に従うものだと気づいた

    研修を受けていくにつれて、これは変われる、そして変わるために自分の意思と実行が必要だと思うようになりました。 口だけでなく本気で自分を出し切る機会くださり、ありがとうございました。自分の限界とは何か、何をより伸ばせるかが見えました。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年04月24日

      表面上でのみ口が巧い人、小手先のテクニックでうまくまとめられてしまう人がリーダーを務め、真に合理的であり、組織全体を考えられている人が埋もれてしまうのは、あまりに悲しいことです。K.K.さんは、合理的に物事を考えられることがリーダーとして必要な資質であると認識し、さらに自身がそのようになるのだと考えられていますね。
      自身が研修において定めた目標を達成できたと満足するのではなく、それをチーム全体の目標へと昇華させる意識もあるK.K.さんであれば、合理性・全体を把握する視野を兼ね備えた最高のリーダーになれるのではないでしょうか。
      本研修での学びが今後の活動で活きること、K.K.さんが埋もれてしまわずにリーダーとして活躍されることを切に願っています。機会があれば、ぜひプロジェクトでご一緒したいところです!

      リーダーズカレッジリーダー:藤原

      +4
  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      マグレガーのXY理論に関して、どちらを適用できるかは人と領域によって異なる。これはマズローの欲求5段階のどの段階にあるかと対応付けできる。コーチングにおいては、コーチングする内容(例えば仕事)だけでなくその他の領域に目を向け、問題の根本原因や解決のための判断材料を探すことが重要。

      ■今後に向けて■
      コーチングの領域を頭に入れて、ある意味システマチックに問題の原因を探し、その原因に対して個別に対応する。プロジェクトメンバーが成長する中で躓いた時、この方法を利用できる。

      ■研修メンバー、研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      小川さん、田村さん、S.K.さんが積極的に意見を出してくださり、充実した議論をすることができました。お互いに価値を提供し合う理想の研修だったと感じています。ありがとうございました。また、森口さんは研修講師として、コーチングを実践するに際して大切なことを気付かせてくださいました。実践されている方の言葉なので、大変説得力があります。ありがとうございました。

      +4
  • 【研修】サービス理論(基礎2)

    『One to One マーケティング』を中心にサービス理論を深掘り。各自、自身の所属するプロジェクトと有機的に結びつける。 ・顧客内シェア・顧…

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年03月10日

      ■研修を受けて■
      カスタマイゼーションの本質は「選択肢を与えられる」ということに気付いた。それぞれの選択肢に説得力ある提案をし、選ばれた案の過程・結果に関して責任を持つことが重要。また、顧客が判断材料を出せる学習関係にあることがより良いカスタマイゼーションに欠かせない。

      ■今後に向けて■
      メンバーが判断材料を提供できる、それはつまり、リーダーが頼れる状態にある、リーダーとの信頼関係があるということだろう。信頼関係→学習関係→説得力ある提案、という流れを目指したい。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ■
      マーケティングに関してほとんど知識はありませんでしたが、それでも普段の活動レベルに落とし込むことができるほどに理解しやすかったです。「理解した」というのを行動で示せたらと思います。ありがとうございました。


      +4
  • サービス品質を高めるためには一貫性が重要

    一貫性を組織に持たせることは、間違いなく顧客に対して好影響を与えます。本記事は、組織が一貫性を持つべき理由、どのように持つべきかについて考えます。

    • 藤原穫

      藤原穫

      2021年03月06日

      「組織の内部で約束を守れないメンバーは顧客に対しても約束を守れないことが大概です」。背筋がピンと伸びますね。
      「練習でできないことは本番でもできない」という言葉に近いものを感じました。いえ、組織内であっても常に本番と思って約束を守る/守らせるリーダーでありたいですね......!

      +2

自分を評価できる尺度は、何をしたかという事実のみ。

2021.01.25

  • 前田佳祐 早稲田大学教育学部

    自分を評価できる尺度は何をしたいかという事実のみという観点において新たな学びを得ることができました。 組織のリーダーにおいて、リーダーは誠実な行動を求められます。それはリーダーが組織のお手本となり、メンバーに対して厳しいことも言わないといけない時があるからです。 しかし、私も自分に甘い評価をしてしまうことがありました。それは自分の頑張っている過程を知っているからです。そのため結果が出ていないことでも、自分に甘く採点をして改善をおろそかにしたこともあります。 今回の記事で気づいたことは、自分の頑張ったことはお客様には関係のないことです。組織のリーダーとして自分自身が結果を求め、事実という客観的な指標から自分に厳しく評価をし説得力のあるビジネスパーソンになりたいと思いました。
前田佳祐 矢後慶樹 田村稔行 3Picks

リーダーは恐れず知的創造をし、物的創造に対して客観的であるべきだ。

2020.12.09

日常は当たり前ではないもので溢れている。

2020.11.25

あなたの理想のリーダー像は相手が求めるものではないかもしれない。

2020.11.05

圧倒的に濃密、本気の3日間!

2020.10.31

「大事なのは感謝と恩返しだ」

2020.10.26

人生で最も本気で取り組んだ避難訓練

2020.10.07

最後まで成し遂げることと最後まで終わらせることは違う

2020.09.18

真実の瞬間。お客様は「いま、ここ」のひとりだ!

2020.09.11

想定と準備、その範囲はどんなに広くてもいい。

2020.08.24

記憶とは何たるかを知らないリーダーはメンバーの非を打つばかり。

2020.08.17

学びの本質は、まさに本質を見抜き応用することだ。

2020.07.31

学びもコミュニケーションも、双方向だ。

2020.07.16

未来の自分にプレゼント。

2020.07.08

リーダーは列の先頭に立つか、後ろに立つか。

2020.07.01

正しい方向性で仕事をするために考えるべきこと

2020.06.04

森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
12フォロー 12フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 16フォロワー
萩原佑太

早稲田大学 基幹理工学部

22フォロー 19フォロワー
山嵜晴貴

早稲田大学 先進理工学部

11フォロー 12フォロワー
27フォロー 6フォロワー
長谷川拓志

早稲田大学 創造理工学部 大学生

17フォロー 12フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 11フォロワー
内田黎

日本歯科大学 生命歯学部

27フォロー 6フォロワー
K.N.

東京理科大学 理学部

25フォロー 17フォロワー
前田佳祐

早稲田大学 教育学部

9フォロー 12フォロワー
13フォロー 13フォロワー
久保井美愛

リーダーズカレッジリーダー

16フォロー 19フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

29フォロー 14フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 16フォロワー
河本のぞみ

早稲田大学 文化構想学部

13フォロー 12フォロワー
29フォロー 15フォロワー
矢後慶樹

早稲田大学 商学部

10フォロー 12フォロワー