相手の時間を大切にしたいなら、自分の時間を大切にせよ!

クレド5.時間の有限性を理解する

限りある時間を有意義に活用するために、準備を徹底していきます。自分の時間を大切にしなければ、他者の時間も大切にすることはできません。他者(顧客・提携先・メンバー)の立場に立ち、一歩先行くサービスを提供します。

自分はいま、相手の時間を利用しているのだ

相手と直面するコミュニケーションや仕事で忘れてはならないのは、「自分はいま、相手の時間を利用しているのだ」という意識です。

仕事は時間を利用して行われ、価値は仕事により生み出されるため、時間はお金と同程度に重要であるといっても過言ではありません。

ですから、相手の持つ重要な時間を利用してコミュニケーションや仕事を行う以上、それに見合う価値を提供するのがベストでしょう。

では、相手の時間を利用するのに見合う価値はどのように生み出せば良いのでしょう。

私は、その答えは徹底した準備だと思います。

価値は、それが顕在的であれ潜在的であれ、相手の求めるものに応えることで生まれると考えます。相手と向き合う時間は限られていますから、向き合うよりも前の段階で相手の要求を想定し、それに適う徹底した準備が、限られた時間内で価値を生むといえるでしょう。

当然、この徹底した準備にも時間が必要ですから、自分が使える時間を大切にしなければなりません。もし自分の時間をぞんざいに扱い、相手と向き合う直前に急いで準備をしたとしても、相手を満足させるようなコミュニケーションや仕事はできないでしょう。

これがつまり、クレドの補足にある

限りある時間を有意義に活用するために、準備を徹底していきます。自分の時間を大切にしなければ、他者の時間も大切にすることはできません。

の本質でしょう。

研究室にて

例えば、私には研究室内の活動の1つに論文紹介があります。概ね30分で1つの論文を紹介、説明し、もう30分で学生や教官からの質問に答えるという流れです。

先日、研究室配属後初めての論文紹介を行いました。20人以上の研究室員の1時間を利用するのですから、発表からせめて1つでも有用な情報や考え方を持ち帰ってほしいと考え、該当する論文に限ったことではない技術の紹介を発表に組み入れたり、学生や教官から生じるであろう質問をいくつも想定し、関連論文を読んで答える準備をしたりしました。

結果的に、発表も質疑応答もスムーズに進められ、1時間を有意義に活用することができたうえ、かなり難解な論文だったにも関わらず、わかりやすかったとの声も聞くことができました。

論文紹介の準備は集中して作業してもなお連日深夜までかかるものでしたから、もし自分の時間を大切に扱っていなかったら、ろくに準備もできず、発表のクオリティは酷いものになっていたでしょう。

自分の時間を大切にするからこそできる徹底した準備が、相手の時間を大切にすることに繋がるのだろうと思います。

今後の活動で

相手の時間を大切にしようと思うと、自分の時間も大切にしようと思うが故に、自分が自由に使える時間も増えます。

その時間はもちろん、上記のように徹底した準備に使うこともできますが、自己研鑽に使うことができます。

それはまさに第2領域の活用。忙しい時は当然自分の時間を大切にしようと思いますが、忙しくない時ほど時間を大切にして、忙しい時にはできない自己研鑽に時間をあてたいですね。

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー 

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士2年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。