連載クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

最後まで成し遂げることと最後まで終わらせることは違う

クレド9.最後まで成し遂げる

中途半端な仕事を拒み、期待以上の成果を上げ、信頼を積み重ねます。自己流に固執せず、業務プロセス、報連相、守破離を積極的に取り入れ、堅実・大胆にプロジェクトを成し遂げます。

大切なのは質

何かを最後まで成し遂げることは容易なことではありません。しかし、何かをとりあえず最後まで終わらせることはそれほど難しくはないでしょう。

例えば、痩せるために毎日一定の距離を走り切ると決めたとしましょう。自らが設定した時間でその距離を走り切ることを毎日続けるというのは容易ではありませんが、途中でダラダラ歩いたり、ベンチや店で休憩をとったりしながらとりあえずその距離を自分の足で“移動する”ことは、健康でかつ時間さえあれば誰にでもできることでしょう。結局、痩せるという目的を見失い、最終的な目的となってしまった“移動する”ことの達成に満足してしまうかもしれません。「もうウォーキングでいいや」なんて思いさえするかもしれません。

つまり、最後まで成し遂げるということは最後まで終わらせるだけでなく、その過程に質を伴わせるということなのです。何かを成し遂げようと思うなら、質を意識しなければいけません。

特に、予め時間が決められているミッションについては、とりあえず最後まで終わらせたことを成し遂げたことだと間違って捉えてしまう場合があります。

例えば受験勉強。自分で予定した全ての受験が終了すれば、それまでの過程がどうあれ、とりあえずは最後まで終わったことになります。最後の試験が終わり「受験が終わった!ここまで勉強を成し遂げた!」と思ったとしても、時間による終了が自分の努力によるものではない以上、その過程の質は保証されないのです。

タイマーが鳴ったからといってタイマー作動中の自分の行いの質が良かったと安直に考えてはいけません。過程を振り返る際には結果やデータ、実際に自分が行ったことを基に判断するべきでしょう。

私は中学時代、野球部に所属していましたが、正直この活動を成し遂げたとは全く思えません。何か明確な目標を持って本気で取り組んだわけではなく、最終的に「タイマーが鳴って」引退に至ったからです。今振り返れば、野球に全力で取り組んでいたらもっと中学時代は充実し、人間的に成長できただろうなと思います。

一方で自信をもって成し遂げたと言えることもあります。私は過去の自己紹介記事において中途半端な自分から克服するという趣旨で浪人時代の受験勉強の経験を挙げました。私はこの受験勉強を「成し遂げた」、つまり質を伴っていたと捉えています。それは単に大学に合格できたからだけではなく、月ごと、週ごと、日ごとに勉強計画を立てて実行し、模試でも良い成績を残すことができたからです。
この努力のおかげで将来が見えない不安と戦う忍耐力がついたと思います。

参考:もう中途半端は、やめにしよう(私の自己紹介記事です)

何かを成し遂げようと思うなら、質にこだわって中途半端を徹底して拒むべきだと思います。そして振り返る際には自分に厳しく、その反省を次の「完遂」へ向けて活かすべきでしょう。

成し遂げるために

すべきこと、しなければならないことが多いとき、そのそれぞれが中途半端で、結局とりあえず最後まで終わったという結果に至ることは少なくないのではないでしょうか。

しかし私の友人にはそれでもその全てをほとんど完璧に達成する人がいます。掛け持ちする2つのサークルの練習を毎日自主的に行い(彼はセパタクローのU-23強化指定選手です)、アルバイトもこなし、試験では好成績、自炊も怠らない。「今回の試験、何点くらい狙ってる?」と聞くと「そら満点やろ」と返す彼は中途半端が嫌いなのでしょう。

全てにおいて完璧に成し遂げることは易しくありませんが、「中途半端を嫌う」というシンプルな考えを持つだけでも、行動の質が変わってくるのではないでしょうか。

この記事の著者/編集者

藤原穫 東京大学 薬学部  

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、4年生になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

この連載について

クレドを掘り下げる -価値を提供できる人材に-

連載の詳細

価値を提供できる人財として重要な10のマインドが凝縮されているクレド。A&PROでは、毎日1つのマインドに焦点を当て、メンバー全員でエピソードの共有を行っています。

話題のニュース

more

他者に説明をしたり指示を出したりした際に「言っていることをなかなか理解してくれない」、「指示した通りに行動してくれない」と思ったことはありませんか? このような場面では、つい相手に非があるように感じてしまいますが、実は自分の取り組み次第でコミュニケーションの質は格段に上がるのです。そこで今回の研修で学んだ、コミュニケーションを図るうえで人の上に立つ人が心得るべきことについてご紹介します。

今月の研修:リーダーシップパワー理論 リーダーシップパワー理論を人材採用へ活用する 影響力とは、相手の心の中に生じる これは、A&PRO ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること ①組織・スタッフは「上」に合わせる「サービスレベルの低いスタッフ」に順応するよりも「サービスレ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 現在自身が所属する組織(就活支援の学生団体)のチームリーダーとして自分に不足しており、今後のテ ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること コンフォートゾーンにいるときは成長できない 今の自分に一番大切な考え方だと思いました。 今まで ...

クレド10.顧客に感動を〜高水準のサービスを追求し続ける〜 感謝だけではなく、感動を与えてこそ、顧客に真の満足が生まれます。顕在ニーズに迎合せず ...

今月の研修:災害時・緊急時の対応 私たちの生活はいつ災害に巻きこまれるか分かりません。時に、災害により大切な人々の命が奪われることもあります。災 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 背中の見せ方 私は今まで組織の中心にいることが多く、リーダーという役割であろうとなかろうと全力 ...

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること 考えの甘さを痛感 研修を通じて、「今まで、どれだけ周りに甘やかされて生きてきたか」を実感しまし ...

消費と生産が同時に行われることの利点を活かす 最も印象深かったことは、無形サービスは、有形サービスとは異なり、その場でサービスを相手に最適化でき ...