思いやりのある人になるには?〜目配りから始まる気配り・心配り〜

クレド3:目配り・気配り・心配り 常に相手の立場に立つ

企業理念を判断基準とし、目配り・気配り・心配りの質を高めていきます。些細なことにこそ敏感に気づき、周りに共有することで、スピード対応に繋げます。相手の立場に立ち、一歩先行くサービスを提供していきます。

思いやりに必要な要素

「思いやり」

これは、日本人が美徳とする考え・行動です。

小さい頃から「思いやりを持ちなさい」と言われて育ってきた人も多いのではないでしょうか。

思いやりとは、相手の身になって考えたり、推察して気遣いをしたりすることを意味する言葉です。

では思いやりを持った行動をするために必要な要素とは何でしょうか。

目配り・気配り・心配りという3要素で成り立っています。

目配り
周りの状況を深く観察し、行動すること。

気配り
相手が次にどのような行動をするのかを察知し、行動すること。相手の顕在ニーズにアプローチすること。

心配り
相手の立場になって考えて行動すること。相手も自分自身でまだ気づいていない、潜在ニーズにアプローチすること。

そして、目配り・気配り・心配りとは以下のようなプロセスで成り立っています。

思いやりは、目配り→気配り→心配りという順で成り立っています。

自身の経験談

ここで、私自身が目配り・気配り・心配りができた例・できなかった例について紹介します。

成功例

私は大学1年生の時、予備校のチューターとしてアルバイトをしていました。

チューターは各々担当生徒を持っており、毎週生徒たちと集まって受験勉強の進捗を共有・フィードバックするミーティングを設計していました。

ある日普段通りミーティングを進めていると、ムードメーカーの生徒の表情や話し方がいつもより少し暗いように感じました。異変を感じた私はミーティング後に「何かあったの?」と声をかけてみました。

すると彼女は、努力してもなかなか模試の結果が伸びず不安になっていることや、どの大学に行きたいか分からなくなってきていることを打ち明けてくれました。そこで彼女とはグループでのミーティングに加え、別途個別で相談に乗り一緒に不安を解決することができました。

ここまでは生徒への「目配り」、不安を察知して先回りで話しかける「気配り」です。

ここで私は、同じような想いを抱えていたり、今後同じような状況に陥る可能性がある生徒が他にもいるのではないかと考えました。自分が受験生だったらどのようなことが知りたいか、どうしたら勉強に前向きに取り組めるだろうかと、相手の立場に立って考えてみました。そこで、通常業務には入らない+αの企画を行いました。

例えば、「模試の効率的な振り返り方」「センター試験対策の極意」についての掲示物を作成してお手洗いに貼ることで、隙間時間に今知りたいことが知れる工夫を行いました。

他にも、現役早大生の視点から早稲田大学を紹介するイベントを開催することで、勉強へのモチベーションを高めるきっかけ作りも行なっていました。

これらは、受験生は今どのような状況で、何が必要だろうかと相手の立場に立って考えて行動する「心配り」に当たります。

このような心配りの結果、「今不安だったことが解消された」「リアルな情報を知ることができてより一層早稲田大学に行きたくなった」という声をもらったり、個別で相談に来てくれる生徒が増えたりと、様々な効果が見られました。

受験勉強や大学での勉強についてはもちろん、「ワセメシ」と呼ばれる早稲田近辺の美味しいご飯の話やサークルの話など、現役早大生だからこそ語れるわくわくする内容にすることを心がけました。大学1年生の時なのでまだまだスライドのクオリティーが低いですね…笑

失敗例

一方で私は、教室の環境への目配り・気配り・心配りができずに失敗した経験があります。

例えば、保護者の方がいらっしゃる時にはスリッパを玄関に置いておく必要があります。しかし、出入りが激しい時などはスリッパが出ていないことに気づかず、保護者の方がいらした瞬間や教室長にご指摘を受けてハッとすることがありました。

これは、生徒に対する目配り・気配り・心配りに留まってしまい、予備校全体までしっかりと視野を広く見ることができていなかったため起こってしまったことです。

生徒自身だけではなく状況の変化にもまずは目配りをし、その上で気配り・心配りのある行動をすべきだったと後悔しています。まだまだ保護者の方に対する思いやりが足りていませんでした。

思いやりの出発地点は「目配り」

このように、相手に思いやりの心を持てる人になるためには、目配り・気配り・心配りが欠かせません。そして思いやりは、目配り→気配り→心配りという順序で達成されていきます。私の失敗例もまさに「目配り」が足りていなかったことが原因です。

ただ思いやりを持とうと漠然と考えるだけではなく、まずは目配りをすること、そして気配り・心配りをすること、この順序を大切に日々の生活に落とし込んでみてください。

この記事の著者/編集者

星野歩華 早稲田大学 文化構想学部  

早稲田大学文化構想学部複合文化論系所属。
大学1年次から3年次まで、下駄を履いて踊るという唯一無二のパフォーマンスをするダンスサークルの活動に熱中。広報部長を務め、コロナ禍だからこそできる新たなパフォーマンスを企画・発信した。
現在はキャリア支援団体にて1学年下の就活生の支援をしつつ、一緒に活動するメンターたちが一人前になれるようサポートを行っていくエントランス・育成に携わるセクションのリーダーを務めている。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。