教育における一つの理想的な姿を見ることが出来た

記憶のメカニズム・先を見据えることの大切さ

記憶のメカニズムを大学の発達心理学の授業で学んだとき、そのような心理学と教育の融合に私は可能性を見出しました。しかし、実際にこの重要な部分に注目している教育関連の企業は少なく、ショックを受けています。
今回の就業体験では、教育を記憶のメカニズムを知っている人に学ぶことが出来ました。そこでメカニズムを知っている人と知らない人で大きな違いを感じ、驚きました。

また、教室見学の際にあえてパーテーションの無い空間を見て、教育とは目先の目標達成(この場合は大学合格)だけでなく更にその先を見据えているものだ、ということに気づきました。
目先のことだけでなくその先を見る、ということは教育だけに留まる考えではなく、日常生活にも言えることなのではないかと感じています。これを活かし、実際に行動に移したいと思います。

研修講師・A&PROメンバーへのメッセージ

3時間という短い時間でしたが、その何十倍分とも思える学びがありました。生徒に皆さんが真摯に接する姿を実際に見て、今まであまり見ることが無かった、教育における理想的な姿を見ることが出来ました。本当にありがとうございました。

これから研修を受ける方々へ

今まで自分が中高で受けてきた教育に疑問を持たない方には特にお勧めしたいです。今まで当たり前だと思っていたことが一気に覆ります。

研修で学べたこと・感じたこと

教室見学

  • 生徒と教師が対等に話し合える環境の作り方
  • 塾は勉強を学ぶだけのためのある訳ではない(ex: 集中力をつける仕組みとしてあえてパーテーションがない)

教室見学以外

  • 理論をつめこむだけでなく、実際に行動に移せる
  • 機会の重要性
  • 多様性の捉え方
  • 責任・義務と権限のA&PROでの考え方
  • 下手に偽るのではなく、他人に正直であることの大切さ
  • 記憶のメカニズムと教え方の関連性

A&PROより

その人にとって一番望ましい将来の姿は何なのか、それを意識することで自然と教え方の質は変わってきます。
例えば生徒にとって、大学に合格するためだけの学力を身につければそれで十分か?決してそうではないと私達は考えます。生徒が社会に出て必ず活きるスキル、例えば目標設定の方法や周囲の雑音で途切れないような集中力、そのようなものの習得を含めた教育を目指しているのです。

M.T.さんは、研修を通じて、記憶のメカニズムを知っている人による教育の力と(目先ではなく)将来を見据えた教育の重要性について気づきを得ていただきました。この二つも社会で生活する上で様々な場面で使うことが出来るものだと私は思います。

M.T.さんに気づいていただいた通り、まさに先を見据えることの大切さは日常生活にも反映させることが出来ると思います。特に、取り組むことの優先順位を考えるとき。最終的にしなければならないことを、先を見据えて今取り組むという工夫が出来ます。

M.T.さんも、今回得た気づきを是非様々なところに活かしていただけることを期待しています!

(リーダーズカレッジ:野澤)

この記事の著者/編集者

M.T さん グリネル大学 心理学専攻  

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。