潜在ニーズ

自分に合った記憶法を見つける

2022.06.24

利用者の将来を見据えたサービス設計をする

2021.12.20

責任を果たすためには?

2021.12.17

限られた権限の中で顧客の感動を生み出す

2021.10.09

短い時間だからこそ、次も利用したくなる気配り・心配りの対応を

2021.10.06

歯科医院におけるコーチング

2021.07.24

顧客に寄り添うサービス

2021.05.13

  • 田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科

    One To Oneマーケティングとは?、というところから読み始めましたが、様々な競合がいるからこそ各顧客の満足度を高めること必要性というポイント理解できました。 私の通う美容院でも、初回に訪れた際に、髪に関する悩みがあるかや、どのような接客をして欲しいか(静かにリラックスしたいかスタッフと話したいか)を聞かれたことを思い出しました。 私の普段の活動は記事執筆というマス向けのものですが、アンケートで読みたい記事内容を聞くなどして、よりOne To Oneマーケティングに近い形を目指していきます。
田村稔行 1Picks

サービスの質は事前に決まっている

2021.03.22

「無形サービス」型人財を目指して

2021.02.26

相手により「7つの力」を使い分けよう!

2021.01.29

至れり尽くせりでは感動を与えられない

2020.10.28

  • 田村稔行 早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科

    至れり尽くせりでは感動を与えられないというタイトル、どういう意味か考えながら読ませていただきました。 本当の「相手のため」とは何なのか、根底にある目的は何なのかを常に意識することの重要性は、私もふとしたときに感じることがありました。 指導者であれば生徒を成長させることが潜在的な部分に沿ったおもてなし。学生団体に所属する私の場合は、大学1、2年生が主体的に歩み出せるようなサービスを提供することがおもてなし。それを念頭に置いて活動していきます。
田村稔行 1Picks

「潜在ニーズ×コーチング」で顧客の感動につなげる。

2020.10.19

顕在ニーズと潜在ニーズとは?ニーズを引き出す質問の仕方

2020.10.18

教育における一つの理想的な姿を見ることが出来た

2020.07.17

相手の好奇心を掻き立てる

2019.08.10