相手により「7つの力」を使い分けよう!

今月の研修:リーダーシップパワー理論

今回の研修では影響力について学びを深めました。「影響力」を及ぼそうとする際は、相手の欲求段階(成熟度)にあわせ「7つの力」を使い分けることが重要となってきます。

「7つの力」とは

A&PROでは、人に影響を与える力を7つに分類しています。下の表はその「7つの力」とそれぞれの力を発揮しやすい人物像です。

影響を受ける側も、欲求段階(成熟度)により影響されやすい力が異なってきます。例えば、幼い子供は情報力より懲罰・報酬の力に影響されやすく、成長するにつれて情報力・人間的魅力にも影響を受けるようになってきます。

人により発揮しやすい力は異なります。そして、さらに注意すべき点として、自身が影響を受けやすい力を、相手に使う傾向があります。

例えば学校などで生徒指導をする際、怒られて成長してきた指導者が怒って指導しがちだったり、褒められて成長してきた指導者が褒めて指導しがちだったり……。本来は、生徒の欲求段階(成熟度)に適した力を使い分けることが効果的な指導と言えます。

相手の欲求段階と発揮する力を合わせる

A&PROメンバーの多くが、高い欲求段階(成熟度)と言えます。ですから、互いに「専門性の力」を適切に発揮し、影響し合うことが効果的です。
実際、先輩方を見ると、判断力・決断力を磨き合い、「説得力のあるアイデア」を大切にする協力関係があります。

その一方、A&PROのクライアントは、医師・教師・経営者・主婦・大学生・高校生・中学生など様々と言えます。つまり欲求段階(成熟度)も様々。
事実、プロジェクトリーダー達を見ると、「リーダーシップパワー理論」を深く研究し、クライアントの欲求段階(成熟度)に合わせ「7つの力」を使い分けています。

私は現在、大学のバドミントンサークルに所属しているのですが、まさに所属メンバーの欲求段階(成熟度)は様々です。今は一年生として、先輩の方々に導いてもらっていますが、来年には同輩・後輩を導くことになります。

同輩・後輩を効果的に導くため、「7つの力」を発揮できるよう、それぞれの力を磨きます。その中でも特に、「人間的魅力」、「専門性の力」を磨いていこうと考えています。

人間的魅力を磨くために、相手と会話する際は自分の意見ばかりを伝えない習慣を作ります。相手を理解してから相手を理解する、この姿勢を崩さないようにしようと思います。

専門性の力を磨くために、正しい論理構造を基にして物事を考える習慣を作ります。現在私はこの記事のような、ブログ記事を作成する活動をしています。記事作成時は、相手に正しく、効果的に伝えるため念入りに論理構造の確認を行います。このような意識的に論理を確認する経験を繰り返し、普段から論理にかなった説得力のある意見を述べるようにしていこうと思います。

これから研修を受ける方々へ

この研修では影響力のメカニズムを学び、他人とのコミュニケーションを見直すことが出来ます。他人にエネルギーを費やしているのに良い関係性を築けない、などの問題に直面している方には接し方を変えるきっかけになると思います。他人とのコミュニケーションをより濃密なものにし、他人をより効果的に導くことに興味のある人におすすめです。

研修で学んだこと

  • 人は自分の欲求に応じて影響を受ける
  • 影響を与える側は自分の価値感覚に従いやすい
  • 相手の欲求を知ることで効果的に相手を導くことが可能
  • 信頼残高、信頼口座

この記事の著者/編集者

長谷川拓志 早稲田大学 創造理工学部 大学生 

東京都出身。高校時代はハンドボール部に所属していました。大学に入ってからはバドミントンサークルに所属しています。趣味はスノボや山登りなど、自然に触れながら体を動かすことです。毎回の研修で得たものを実践し、価値ある記事を作っていきます。

最新記事・ニュース

more

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。