• アサーティブコミュニケーション研修

    次のような思いを持ったことはありませんか? 1.そんなつもりじゃないのに、誤解される......2.他の人に依頼しづらい......3.本当は気…

    • 長谷川拓志

      長谷川拓志

      2021年01月10日

      ■ 研修を受けて学んだこと・気づけたこと ■

      アサーティブコミュニケーションについて学びを深めた。相手を尊重し、自分のことも尊重することがより良いコミュニケーションに繋がる。passiveな人間ははたから見れば空気を読み、周りに合わせている人間にも見えるが、それらの行動の根本には自分中心な理由がある。自分が嫌われたくないであったり、自分が原因となり空気を壊したくないなどである。相手のことを十分に考えられていない。

      ■ 顧客・プロジェクトのために、今後、具体的にどのように役立てますか ■

      私は上手くいっていないときにpassiveになりがちである。その行動が相手を思っていない行動であり、自分勝手な行動だと認識することで、今後このような行動に出てしまうことを減らすことが出来ると思う。
      ただ、上手くいっていないときほど頭が回らなくなるため、その部分も同時に改善していく必要がある。
      話は変わるが、DESC法の実践は相手の感情を考えながら、話をどの方向にもっていくのかも考える必要がある。話しながらそれらのことを考えると頭がこんがらがってしまうため、分けて考えるなどしっかりと対策をしていく必要がある。友人との会話であれば緊張感を持っていないためか問題なく話せるが、緊張感のある場面でそのような傾向がみられる。

      ■ 研修講師へのメッセージ ■

      本日はありがとうございました。DESC法を実践した際の荒さんの演技力には感嘆しました。切り替えの良さがさすがです。見習っていこうと思います。





      +3
森口 敦

A&PRO President & CEO

20フォロー 13フォロワー
大庭彩

A&PRO リーダーズカレッジ本部

15フォロー 13フォロワー
藤原穫

東京大学 薬学部

20フォロー 13フォロワー
萩原 佑太

早稲田大学 基幹理工学部

16フォロー 13フォロワー
福井 寛之

東京大学 前期教養学部

13フォロー 9フォロワー
野澤 一真

東京理科大学 理学部

22フォロー 13フォロワー
久保井美愛

上智大学 外国語学部

16フォロー 13フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

16フォロー 12フォロワー
向井七海

早稲田大学 文学部

12フォロー 12フォロワー
23フォロー 11フォロワー