あなたの話に影響力はありますか?―まずは相手を理解する―

今月の研修:社会人が持つべき習慣(公的成功)

要点を整理し、分かりやすく伝えたはずなのに、相手が自分の言いたいことを理解してくれない。どう伝えればいいのか分からない。

このような経験をしたことはないでしょうか。

自分の話を聞く姿勢を変えることでこの悩みを解決できるかもしれません。

相手を理解することから始める

コミュニケーションをとる際、自分視点で主張し相手目線に立たない人がいるのではないでしょうか。しかし、その方法は自分にとって、延いては相手にとって効果的な方法ではないかもしれません。

例えば大学受験のことを思い返してください。受験校を決める際、どのような教授がいるのか、何を研究しているのか、どのような研究施設があるのか、卒業生の就職先はどこなのかなど様々なことを調べたと思います。

大学入試の面接の際にはそのことを踏まえ、自分の良さを主張するだけでなく、自分がその大学にあっていることを主張します。

このように、面接の際には相手を理解してから自分のことを伝えるべきだと理解している人が多いでしょう。しかし、日々のコミュニケーションではそのような姿勢をとらない人も多いのではないでしょうか。日常生活においても相手を理解することから始めると効果的にコミュニケーションをとることが可能になります。

人の話を誠実に聞く

相手を理解するためにはどのようなことが必要になるでしょうか。先入観を持たないことなどが挙げられますが、その中でも特に「聞く」力が大切な力となります。「聞く」には5つのレベルがあります。

図の上位にある聞き方ほどコミュニケーションをとるうえで重視されており、共感による傾聴が最もレベルの高い聞き方とされています。ここでいう共感とは、相手の気持ちを汲み取ることです。

注意して聞く段階では、相手の話だけでなく反応など表に出ている部分に注意を払い話を聞きます。共感による傾聴では、相手が本当に言いたいことは何なのか、ニーズは何なのかなど、表に出ていない部分に注意を払い話を聞きます。

共感による傾聴をするには、相手の言葉を自分の言葉に言い換えることが有効な手段となります。また、満足や安心など相手の感情を読み解くようにしましょう。これらの行動により、相手への理解が深まります。

さらに、共感による傾聴を実践するのであれば、相手に共感していることを伝えるべきです。相手に共感していることが伝われば、信頼を得ることができ、よりコミュニケーションをとりやすくなるでしょう。

この際に気を付けなければいけないのは、相手目線で考えることです。自分の目線で考えても、相手に影響を及ぼすことは出来ないでしょう。

相手目線に立てていなかった

私は今まで、相手の話を聞く際に十分に相手の立場に立って考えられていませんでした。自分はこうだったからあなたはこうすべきではないかと、自分の経験を基に何かを語る場面が多くあったのです。これでは自分の目線から離れておらず、相手の目線に立てていません。

私には妹がいるのですが、勉強をおろそかにしている際に勉強するように言うことがありました。しかし言われたときは勉強しても時間が少し経てば遊んでしまうなど、十分な効果は得られませんでした。

相手からすれば私は相手のことを理解しようともせず、意見しているだけの状態です。そのような人間の言葉が相手に響くでしょうか。

勉強をするよう助言するのではなく、なぜ勉強しないのかと聞くことから始めるべきでした。相手に自分が相手を理解しようとしていることを理解してもらうことで、自分の話に耳を傾けてもらうのです。

普段自分の目線で世界を見ているため、自分の目線で話をするのは簡単です。そのため、意識しなければ相手の目線で話すことは難しいです。今後は意識的に相手の目線に立ち、話をするようにしていきます。

これから研修を受ける方々へ

今回の研修では、人との関わりにおける習慣の理解を深めました。自分も得をし、相手も得をする関係を作るために自分は何をすればいいのか、基礎から学ぶことが出来ます。この記事で私が取り上げた内容も基礎的な部分です。私たちが行う仕事はどれも他人との関わり合いの中にあります。そのことを意識できれば研修の内容を有効に活用できると思います。

研修で学んだこと

  • 自己マネジメントを行い第2領域の仕事を増やす
  • win-winとno-dealだけが誠実な対応
  • 理解されるには相手を理解することから始める
  • 肉体、精神、社会・情緒、知性の4つを意識し改善し続ける

この記事の著者/編集者

長谷川拓志   

東京都出身。高校時代はハンドボール部に所属していました。大学に入ってからはバドミントンサークルに所属しています。趣味はスノボや山登りなど、自然に触れながら体を動かすことです。毎回の研修で得たものを実践し、価値ある記事を作っていきます。

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。