相手が利用したくなるサービスの紹介方法

今月の研修:アサーティブコミュニケーション

自身の要求が中々伝わらない……

ここで一つ質問です。

「私は無料で就活相談に乗っています。ぜひ利用してみませんか?」

このようにいきなり初対面の人から声をかけられたとして、あなたはこのサービスを使ってみたいと思いますか?

おそらくほとんどの方は利用したいと思わなかったことでしょう。
それは、この要求の仕方が、A&PROでいう、Aggressive(攻撃的・強引な)なコミュニケーションとなっているからです。

このような、自身の要求が相手に上手く伝わらない事態を解消するには、コミュニケーションを Assertive(自己主張的な)な状態に変化させることが大切です。

本記事では、自身の要求や意見が伝わらない原因を究明し、それを解消させるAssertiveなコミュニケーションとは何かを考えていきましょう。

Aggressive=独りよがりなコミュニケーション

まず、先ほどの質問ではAggressiveなコミュニケーションが行われていました。
Aggressiveとは以下のように定義されます。

  • Aggressiveなコミュニケーション:
    相手の意見や要求に耳を傾けず、自身の意見や要求を伝えることを考えた、自分だけを大切にしたコミュニケーション。

私は現在、キャリア支援団体でボランティアをしているのですが、就活相談面談のユーザーを獲得するために、Aggressiveなコミュニケーションをとってしまったことがありました。

ヤマグチ:「こんにちは。突然連絡してごめんね!現在キャリア支援団体で活動しているヤマグチです。よろしくね!」

カワモト:「こんにちは。カワモトです!」

ヤマグチ:「現在、私達は就活の悩みを解消できる面談を行なっているんだけど興味あるかな?興味があれば下記URLから申し込みができるので、時間がある時に登録してみてください!」

カワモト:「……(今後一切連絡なし)」

この場合、なぜ返信が来なかったのでしょうか?

それはAggressiveなコミュニケーションをとってしまったからです。相手の意見や要求(=今回は不明)を聞かずに自身の意見や要求(=面談サービスを利用してほしい)のみを一方的に伝えています。

相手の立場で考えてみてください。
自身の意見や要求をないがしろにするコミュニケーションは、不快感や不信感を生むでしょう。当然、負の感情を抱いた相手が紹介するサービスを利用しようとは思わないはずです。


このように、Aggressiveなコミュニケーションでは、相手の意見や要求も自身の意見や要求も伝わらない、双方が得をしない状態(Lose-Lose)に陥ってしまうのです。

Assertive=双方を尊重したコミュニケーション

では、双方が得をするにはどうすればいいでしょうか?その時に用いられるのがAssertiveなコミュニケーションです。

Assertiveとは以下のように定義されます。

  • Assertiveなコミュニケーション:
    相手の意見や要求に耳を傾け、自身の要求を伝えることも考えた、自分も相手も大切にするコミュニケーション。

Assertiveなコミュニケーションを心がけることで、双方が満足な結果を得ることが可能となります。

どのように実践するか

Assertiveなコミュニケーションを実現するには、DESC法を意識することが大切です。

  1. D(Describe):相手の状況を客観的に簡潔な言葉で伝える。
  2. E(Express):相手の状況に対する自身の感情を表現する。
  3. S(Suggest):相手の意見や要求を踏まえた現実的かつ具体的な提案をする。
  4. C(Consequences):提案の結果を端的に伝える。

以下、DESC法を意識した場合した場合に先ほどの失敗例がどう変わるかをみてみましょう。

ヤマグチ:「こんにちは。突然連絡してごめんね!現在キャリア支援団体で活動しているヤマグチです。よろしくね!」

カワモト:「こんにちは。カワモトです!」

ヤマグチ:「現在、カワモトさんは何か就活に関して困っていることはあるかな?」

カワモト:「実は就活をそろそろ始めなくてはいけないことはわかっているのですが、具体的に何をすればいいのかがわかっていない状態です……。」

ヤマグチ:「なるほど、カワモトさんは就活を始めようと思っているけれど踏み出し方がわからない状態なんだね(D)僕も、周りが就活を始めているのを見ると不安になる時期がありました(E)。

カワモト:「はい、そうなんです……。友達が始めている姿や先輩が苦労している姿を見て、何か始めなければと焦っています。」

ヤマグチ:「確かに、やることがわかっていない状態って不安ですよね。実は僕の所属しているキャリア支援団体面談では実際に就活を経験した先輩と1対1でお話しできる面談を行なっているんだけど、興味あるかな(S)カワモトさんが利用することで、今からどうやって就活に対して行動していくかが明確にできると思う(C)

カワモト「そうなんですね!今の不安を解消できるのであればぜひ利用してみたいです。」

ヤマグチ:「きっと解消できると思うよ!ありがとう!それでは下記URLから面談の申し込みができるので登録よろしくお願いします!」

カワモト:「はい!わかりました!!ありがとうございます!」

失敗例との大きな違いが何か分かるでしょうか?

今回は、自身の要求や意見を伝える前に、相手の要求や意見を傾聴した点が失敗例と大きく異なります。(DとEの部分)
※傾聴の方法の詳細についてはこちらの記事で紹介されています。

相手の意見や要求を先に聞くことによるメリットは2点です。

  • 相手が自分自身の要求や意見が尊重されているという安心感を得られる。
  • 相手の要求・意見と自身の要求や意見を擦り合わせた上で中立的な提案をすることができる。

今回の例のように、先に相手の要求や意見を確認したことで、相手の要求や意見(=就活を始めるために今から何がすればいいのか知りたい)と自身の要求や意見(=面談サービスを利用してほしい)の中立的な解決策(=就活開始時のアクションを明確にすることができる面談サービス)を提示することができ、双方が得をする状態(Win-Win)を得ることができました。(※双方の意見や要求が合致しない場合には「合意しない(No-Deal)」解決策もある。)

自分自身が結果を出すことに焦っている場合、人はAggressiveなコミュニケーションに陥りがちです。そんな時も落ち着いてAssertiveなコミュニケーションを意識することが状況を打破する最善策なのです。

最後に

いかがでしたか?

このように、相手に自身の要求や意見が伝わらないのは、Aggressiveなコミュニケーションを取っていることが原因だとわかりました。

相手の意見や要求も自身の意見や要求も伝え合うことで、双方が得をする状態(Win-Win)を得るために、Assertiveなコミュニケーションを目指しましょう。

これから研修を受ける方へ

1月の研修テーマは「アサーティブコミュニケーション」でした。

そして今回の記事では、どのようにして相手とwin-winな関係を築くことができるかについて取り上げました。

本研修ではリーダーとして活躍するために必要となる基本姿勢や考え方などを講師との対話やロールプレイを通して学ぶことができます。本気でリーダーを目指す方の受講をオススメします。

研修で学んだこと

  • コミュニケーションには、assertive・aggressive・passiveの3つの状態が存在する。
  • まずは相手の状況を客観的に伝える。
  • ただ伝えるだけでなく、相手になったつもりでその時の心情を表現する。

この記事の著者/編集者

山口賢人  早稲田大学 法学部 

2つのキャリア支援団体を経験してきた早大法学部の4年生。一つ目のキャリア支援団体で学生の仕事に対する考え方に違和感を覚える。現在は早大生2500人が利用する大規模キャリア支援団体にて、未だ日本社会に浸透していない、1・2年生からのキャリア支援に挑戦する新規事業の責任者として日々活動中。

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。