連載ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

判断に迷ったとき、立ち返るべきところ

自分たちの行動指針に基づき、無形サービスの質を高める

■今月の研修 サービス理論(基礎1)

 今回の研修では、目に見えない商品を扱う無形サービスについて、その特徴・品質を決定づける要素を学んだ上で、いかにして無形サービスの品質を向上させることができるかについて話し合いました。そんな中、特に自分自身まだまだ向上の余地があると感じたことが、判断に迷った際、自分たちの行動指針をベースに思考・行動をするということです。

 無形サービスの1つの特徴として、サービスの生産と消費が同時に行われる、という点が挙げられます。例えば学習塾では、生徒に数学の公式を紹介すること(生産)と、生徒が公式を学ぶこと(消費)は同時に行われます。そしてこうした無形サービスには、提供者が消費者の様子を見ながら適宜サービス内容を選択・改善できる、というメリットがある一方、1度提供してしまったサービスを取り換えることはできない、というデメリットもあります。

 そして、無形サービスの提供者の腕が試されるのが、マニュアルだけでは対応できない初めてのケースに直面した場面だと考えます。実際自分は、直営塾ヘウレーカの教室運営責任者を務めている時間帯に、自習予定のない生徒が間違えて来塾してしまう、というケースに遭遇しました。生徒が自習をすることを認めるのか否か、塾と生徒の間で交わしたルールや、普段の生徒の振る舞いなど、考えるべき要素はたくさんあります。その中で、結果として自分は最終的な判断を下すことなく、上司の判断を仰ぎました。

 その後上司からは、今回のケースは教室運営責任者である自分自身が判断を下してよいケースだった、とのフィードバックを頂きました。実際直営塾ヘウレーカで取り入れている「STAGE」と呼ばれるスタッフの行動指針には、“責任・権限・義務を活用したヘウレーカスタイルの実践”という項目があります。与えられている権限を最大限活用して対応する、という視点が自分には足りませんでした。

 繰り返しになりますが、無形サービスは、生産と消費が同時であるがゆえ、一度提供したサービスは取り換えることができません。しかし一方で、私たちサービス提供者・顧客の双方が初めて遭遇するケースにおいて、臨機応変かつ顧客にとって満足のいく対応ができれば、顧客からの更なる信頼獲得、延いては企業ブランドの向上に繋がります。そして、こうした対応に不可欠なのが、 自分たちの行動指針をベースに思考・行動をするということなのではないでしょうか。どれだけ想定を重ねたとしても、全て想定通りというわけにはいきません。

 判断に迷ったときほど、自分たちの行動指針に立ち返る。社会人として実践すべき大切な心構えを、身をもって学ぶことができた経験でした。

これから研修を受ける人へ

 今回の記事でのキーワードである「行動指針」には、普段の学生生活のなかではなかなか触れることはないと思います。大学生のうちに、こうしたことを大切にしている組織で経験を積みたい方はぜひ1度、1DAY就業体験へお越しください!! https://apro-c.co.jp/1day-apro/

研修で学んだこと

  • 無形サービスの4つの特徴(無形性・非分離性・変動性・即時性)
  • 有形サービスと無形サービスは、完全には分離されない
  • サービス品質を決める7つの要因

この記事の著者/編集者

萩原 佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

大学・学部:早稲田大学 基幹理工学部  部活:硬式野球(高校)先輩の中には甲子園でノーヒットノーランを達成した投手も!  サークル:硬式テニス(今年で63年目を誇る、日本最古のサークルに所属。)  趣味:カラオケ、ラーメン屋巡り、野球観戦(こだわりは太陽の下で楽しむ屋外球場!)  アルバイト:個別指導塾講師、引っ越し  その他の活動:Nexus(大学生の今から、社会で活躍するための基礎を学んでいます!)

この連載について

ビジネス基礎研修 -実体験に結びつける-

連載の詳細

~年間30万円/人からのプロジェクトリーダー育成プログラム~

クライアント企業のニーズと幹部候補社員の状況に合わせカスタマイズした育成プログラムを提供。

研修申込フォーム(メンバー向け)

※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks