判断に迷ったとき、立ち返るべきところ

自分たちの行動指針に基づき、無形サービスの質を高める

■今月の研修 サービス理論(基礎1)

今回の研修では、目に見えない商品を扱う無形サービスについて、その特徴・品質を決定づける要素を学んだ上で、いかにして無形サービスの品質を向上させることができるかについて話し合いました。そんな中、特に私自身まだまだ向上の余地があると感じたことが、判断に迷った際、自分たちの行動指針をベースに思考・行動をするということです。

無形サービスの1つの特徴として、サービスの生産と消費が同時に行われる、という点が挙げられます。例えば学習塾では、生徒に数学の公式を紹介すること(生産)と、生徒が公式を学ぶこと(消費)は同時に行われます。そしてこうした無形サービスには、提供者が消費者の様子を見ながら適宜サービス内容を選択・改善できる、というメリットがある一方、1度提供してしまったサービスを取り換えることはできない、というデメリットもあります。

そして、無形サービスの提供者の腕が試されるのが、マニュアルだけでは対応できない初めてのケースに直面した場面だと考えます。実際私は、直営塾ヘウレーカの教室運営責任者を務めている時間帯に、自習予定のない生徒が間違えて来塾してしまう、というケースに遭遇しました。生徒が自習をすることを認めるのか否か、塾と生徒の間で交わしたルールや、普段の生徒の振る舞いなど、考えるべき要素はたくさんあります。その中で、結果として私は最終的な判断を下すことなく、上司の判断を仰ぎました。

その後上司からは、今回のケースは教室運営責任者である私自身が判断を下してよいケースだった、とのフィードバックを頂きました。実際直営塾ヘウレーカで取り入れている「STAGE」と呼ばれるスタッフの行動指針には、“責任・権限・義務を活用したヘウレーカスタイルの実践”という項目があります。与えられている権限を最大限活用して対応する、という視点が私には足りませんでした。

繰り返しになりますが、無形サービスは、生産と消費が同時であるがゆえ、一度提供したサービスは取り換えることができません。しかし一方で、私たちサービス提供者・顧客の双方が初めて遭遇するケースにおいて、臨機応変かつ顧客にとって満足のいく対応ができれば、顧客からの更なる信頼獲得、ひいては、企業ブランドの向上に繋がります。そして、こうした対応に不可欠なのが、 自分たちの行動指針をベースに思考・行動をするということなのではないでしょうか。どれだけ想定を重ねたとしても、全て想定通りというわけにはいきません。

判断に迷ったときほど、自分たちの行動指針に立ち返る。社会人として実践すべき大切な心構えを、身をもって学ぶことができた経験でした。

これから研修を受ける人へ

今回の記事でのキーワードである「行動指針」という言葉には、普段の学生生活のなかではあまり触れることはないと思います。大学生のうちに、こうしたことを大切にしている組織で経験を積みたい方はぜひ1度、1DAY就業体験へお越しください!! https://apro-c.co.jp/1day-apro/

研修で学んだこと

  • 無形サービスの4つの特徴(無形性・非分離性・変動性・即時性)
  • 有形サービスと無形サービスは、完全には分離されない
  • サービス品質を決める7つの要因

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。