• 【研修】記憶のメカニズム

    復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年06月10日

      ■研修を受けて■
      気づき
      ・短期記憶に持っていくためには、まずは海馬に必要だと判断させることが必要である。
      ・復習は初めが肝心。
      ・長期記憶には制限がない。
      ・繰り返すことのほかに、主体性、ストレス発散、楽しむことが必要になる。
      ・主体性を導くために、要所要所で親近感を与えることが大事。
      ・長期記憶に向けて、復習を仕組み化、習慣かすることが大事。
      ・自立を促し、履行管理なしでも復習できるようにする。

      ■今後に向けて■
      具体的に取り組みたいこと

      短期記憶へのアプローチ
      ・mtgにてあらかじめ最後に振り返り、要点整理を発表させることを告知
      →緊張感が生まれる。理解しようと主体的に取り組む
      ・振り返って貰う際にPREP法に整理して発表して貰う
      →思考の整理・短期記憶の定着につながる。
      ・導入で話が伝わりやすいよう意義・理由・目的を説明する

      中期記憶へのアプローチ
      ・履行管理は始めはしつこく、丁寧に行う。
      ・成功体験を積ませる→それをしっかり褒める
      →扁桃体に刺激を与える・繰り返し行いやすいマインドを作る。

      長期記憶へアプローチ
      ・復習の習慣化
      →これにより生徒の自立を促す。

      ・自分で学習のメソッドが身に付く。リーダーに依存しすぎない組織作り。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口様
      記憶のメカニズムを学びました。最初のインプットさせる際に必要な要素・継続させ定着するためのアプローチを学ぶことができました。引き続き、リーダーシップゼミ・エンカレッジの活動に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

      川瀬さん
      PREP法で振り返らせるというアイデアがとても参考になりました。グループディスカッションを通して様々な効果的なフィードバックをしていただきました。ありがとうございました。
      記憶のメカニズムの説明もわかりやすく説明していただき、ありがとうございました!

      +4
  • 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      準備/責任権限義務/4種のじんざい/報告・連絡・相談

       リーダーは想定外のことを想定し、準備することが必要になることを学びました。特に、突発的に生じた問題に対して瞬時に対応できる準備が必要になるという重要な気づきを得ました。加えて、これは今日学んだ他の領域にも応用が効くことを学びました。

       例えば、報告連絡相談にも想定と準備は必要で、瞬時に対応できるような状態にしなければならないと感じました。部下に仕事を振る時(連絡)には具体的な期限だけではなく、なぜ期限内に済まさなければならないか、済まさないとどのようになるのかといった意義やリスクの言及が必要だということがわかりました。

      ■今後に向けて■

      学んだことは実行しなければ意味がありません。エンカレッジの活動においても活かしていきたいと思います。

      特に参考になったのは4種のじんざいについて。
       今回は判断力・決断力をもとに人財・人材・人在・人罪の四つに分類されることを学びました。またその「じんざい」の育て方の手順を学びました。
       現在のチームのメンバーがどこに分類され、どのような手順で成長させていくか・どのような仕事を割り振るか、考えながら活動に臨みたいと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■

      森口さん
       一つの研修でしたが、内容は盛りだくさんでした。学んだことを自身の立場や経験に基づきながら、記事を通してアウトプットしていきたいと思います。

      石橋さん・久保ヰさん
       ディスカッションにおいて、自分の意見を深掘りしてくださったり、問題があった時の対処法・解決法についてアドバイスをいただきました。自分の意見が整理され、明確化できたほか、新しいアイデアが浮かびました。今日一日ありがとうございました。

      +5
  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 小川勇

      小川勇

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      クライアントの目的の背景にあるものを聞き出すことが大切であると実感しました。目的の本質が何であるかを詰めることで、クライアントのモチベーションへ結びつけることが可能にあると考えました。

      また、コーチングにおいて領域の設定が不可欠であることも学びました。引き出しが少ない中で、ある程度原因ごとにアプローチを考えておくことで、スムーズで自然、且つ本質にフォーカスしたコーチングができると思います。

      ■今後に向けて■
      エンカレッジの活動を振り返った時、チームのメンバーへ目的・目標とモチベーションの結びつけが足りてなかったことが課題であると感じました。お給料が出ない中でどのようにしたら、メンバーにモチベーションを感じてもらえるか、目的を掘り下げつつ考えていきたいと思います。

      ■リーダー(藤原さん)へのメッセージ ■
      コーチングのワークを通して、目的の深堀の大切さを教えてくださいました。一番大切なことであるにも関わらず、私はできていませんでした。なぜそれを目的としているのか、クライアント自身に考えさせることで、自発的にその意義を見つけ出すことを手助けすることこそがコーチングのあるべき姿ではないかなと感じました。
      とても良い気づきを与えてくださり、ありがとうございました。



      +4
森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
藤原穫

東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー

28フォロー 18フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

29フォロー 14フォロワー
29フォロー 15フォロワー