• 【研修】マナー・ホスピタリティ・おもてなし

    「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年09月10日

      ■研修を受けて■
      ・分離礼・同時礼
      ・身だしなみのチェック
      1清潔感
      2仕事がしやすい動きやすい
      3相手に不快感を与えない
      ・第一印象は6秒で決まる
      ・真実の15秒間
      ・モラル
      ・マナー
      ・サービス
      ・ホスピタリティ
      ・おもてなし
      ・目配り
      ・気配り
      ・心配り
      ■今後に向けて■
      ・前回の内容と被るが、全てのサービスにはやはり各ステークホルダーのニーズ  把握が必要であると再認識した。
      前提として、それぞれの立場の人が、何を抱えているか把握することで、接客の質が変わってくると感じた。接客の全ての根元には「当事者意識」が挙げられると思う。

      ・顧客を感動させる「おもてなし」とは、目先の損得感情に左右されず、相手の目的意識を達成することに焦点を合わせることだと思った。短期的にではなく、長期的に、真に顧客のためになることを考える誠実さの重要性に気づいた。
      →ぶれない意見は説得力が増し、顧客の信頼を掴み取ることにつながると思う。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口さん
      最後のマナー・サービス・ホスピタリティ・おもてなしの講義が印象に残っています。サービス開発をする立場として、「自分だけにしかできないことは何か」、「対象が真に求めていることは何か」、この2点を意識して活動に取り組みたいと思いました。貴重な講義ありがとうございました。

      川瀬さん
      本日もありがとうございました。具体例を用いつつ、講義の深掘り・補足説明をしてくださり、理解しやすくなりました。グループワークで話を整理しつつ、得られた+aの部分もうまくまとめてくださいました。ありがとうございました!来月以降、また一緒のグループになった時もよろしくお願いします!


  • 【研修】プロジェクトマネジメント(基礎2)

    知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年08月10日

      ■研修を受けて■
      研修を受けて学んだこと
      ニーズ調査
      外部顧客だけでなく内部顧客も視野に入れる。
      顧客ヒアリングのロードマップ
      誰に聞くか・誰が聞くかによって回答内容が変わる。
      顕在的なニーズだけでなく潜在的なニーズを見つめる(アンケートが最適解とは限らない。例塾のパーテーションと集中力)
      聞く側・聞かれる側両方に権限が必要
      施策同士のコンフリクト・施策とニーズのコンフリクトの考慮
      あらかじめ考慮しなければ、行き当たりばったりのプロジェクトになってしまう)
      プロジェクトのアウトプットイメージの活用


      ■今後に向けて■
      活かしたい気づき1:
      分業している業務のプロジェクトにどれだけ踏み込むか。結果的にメンバー任せになっていないか。

      任せる責任を負うこと。進捗管理・テコ入れを適宜バランス良く行うことが重要。だが、難しい。

      活かしたい気づき2:
      流れ分析による施策の優先順位決め
      ex)記事で影響を与える人を増やしたい(大きな目的)
      記事を知る→見る→影響を受ける→行動を変革する。

      今伸び悩んでいることはどこに原因があるのか?
      影響を与えられる記事(質が高い記事)であるならば、知るきっかけに問題がある。優先順位をあげてSNS活動をする。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      自分の持っているプロジェクトに活かせそうな内容が盛りだくさんでした。品質機能展開の図はプロジェクトを始める上で欠かせないものだと思いました。施策同士、施策とニーズの衝突をどうなくすか考えながら、活動に取り組みたいと思います。

      藤原さん
      ワークの時間と発表で、仕事の割り振りに問題があることに気づきました。問題を深ぼりしていただいておかげで、課題がより明確になりました。アドバイスいただきありがとうございました。


  • 以前から逃げ続けていた自身の弱みに徹底的に向き合えた経験は絶対に自身の宝になる。

    研修内で自身の弱さ、改善すべきポイントに森口さんやチームのメンバーが真摯に向き合ってくださり声をかけてくださったこと、時には厳しい言葉もありましたが、それらを全て素直に受け入れられたこと、そしてその弱さに自分自身が一番真摯に向き合えたこと。これらによって自身の弱さに対して真剣に向き合う姿勢を研修後の私は身につけることができました。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月30日

      平本さんは今回の研修でノルマとコミットメントの繋がりに対してかなり深く学ばれたのですね。メンバーにふった「ノルマ」を「コミットメント」として捉えてもらうには、メンバーの目的意識の理解が不可欠です。メンバーは何のためにエンカレッジの活動に参加したのか、どのような経験を欲しているのか理解を深めることができれば、「ノルマ→コミットメント」の変換がしやすくなると思います。仕事を振るだけではなく、その仕事を振ることでメンバーにどのような価値を提供できるか、考えながら活動に取り組めると良いですね!

      今後の活動も頑張ってください!応援しております!

  • 「リーダーのあるべき姿とは?」考え続けた三日間

    これまでなんとなく生きて、リーダーをやって、これからもそうなんだろうなと考えていましたが、今回の研修を受けられたことで考えが本当に変わりました。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月30日

      今回の研修で阿部さんはコーチングにおいて、相手の目的意識の深掘りが大切であることに気づかれたのですね。どのエンターもそれぞれ潜在的なニーズ・目的が存在します。エンターの質問に答えるだけではなく、その質問の裏にどのような目的意識があったのか考えられると活動がより豊かになります。どのように対応すれば潜在的なニーズを満たせるのか、考えながら活動できると良いですね!

      今後も阿部さんの活動を応援しております!

  • 逃げ腰だった自分と向き合い、変わることができた

    3日間を通じて真剣に向き合ってくださったことには感謝の念が絶えません。これまで逃げ腰だった私の人生を大きく変化させるきっかけとなりました。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月30日

       「過去→現在」の繋がりは自分だけでなく、顧客やメンバーにも当てはまります。繋がりを持って考えることで、その人が抱えている潜在的なニーズ・目的意識が分かります。
       また「現在→未来」へつなげていくかを意識しながら、エンカレッジ、またはその他の活動に取り組んでみると寺西さん自身の成長につながっていくかと思います!

      今後の活動も応援しております!

  • 「3日間もあるのか」「本当に効果あるのか」参加前の疑心暗鬼と警戒心

    参加後の自分は、参加前と比べ一皮むけたと感じています。今までの動物的なコミュニケーションでなく、事実に直視して実践を積み重ねれば、表面的な部分に左右されずに「自信を持って」価値を提供することができる、その確信を得ることができました。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月16日

      「リーダーになるための準備」「自分の約束」は今の活動で原さんが体現されていることだと思います。
      エンカレッジにおけるMSという仕事柄、様々なチームのmtgに飛び込み、セクションの潤滑油となることが求められていると思います。すると必然的にタスクは増え、準備が大変になってしまいます。しかし、そのような状況下でも原さんは一つ一つのチーム・仕事に真摯に取り組み準備を怠らないことで人との約束を常に守り続けていると思います。これはまだ私には足りない能力であり、身に付けたい能力です。このような価値を発揮し続けている原さんを尊敬しています!
      これからの活動もお互い切磋琢磨しながら頑張りましょう!!

  • 未来の自分にプレゼント。

    クレド6.大変なことこそ率先して楽しむ。守るな、攻めろ! サービス深化・成長に近道なし。大変なことこそ深化・成長のチャンス。悩みながらも楽しむこ…

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月16日

      1年前の記事ですが、私が影響を受けた記事なのでコメントを残させていただきたいと思います。
      就活、エンカレッジ、アルバイト、サークル...等忙しくしている自分にまさに刺さる記事でした。苦しい現状を言い訳にして、今挑戦していることをやめてしまうよりも、現状を乗り越えた先にどのようなゴールが待っているか考えることは非常に大切な価値観であると思いました。
      これは自分のことだけでなく、一緒に活動する同僚や顧客にも言えることだと思いました。短期的な利益のために行動するのではなく、長期的に見てどのような価値があるかに焦点を合わせることは意義があると思います。
      藤原さんの記事に影響を受けて、自分も現状を真向きに捉えることができました!ありがとうございました!

  • 真のリーダーとは,「見えないところで準備ができている人」

    嘘偽りなく、この三日間を通して変わることができたと私は思う。参加前、私は「研修感覚でこのプログラムを通じて、何かコミュニケーションスキルやリーダーとしてのスキルを得たい」とだけ思っていた。しかし、初日参加しただけで私の意識は一変した。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月16日

      「自分本位にならず相手本位になる」点の重要さ、これは私もリーダーシップゼミに参加して気づいたことの一つです。ここでいう「相手」とは、エンカレッジで言えば、エンターですね。また一緒に活動するメンバーでもあると思います。それぞれのニーズを深掘りし、目的意識を探り、それを満たせるようなサービス設計・チームづくりができると良いですね!

      この研修に参加して、斎藤さんは弱みと向き合うことと、リーダーとしての責任感について理解を深めたことと思います。どちらも重要な要素であると同時に、一朝一夕では身につかないものです。常に行動に落とし込み、活動に反映していくことの積み重ねが非常に大切かと思います。週1回のセクションのミーティングの時にしかお会いする機会はありませんが、ミーティングを率先して取り仕切ったり、VCの活動に誇りを持っていることが伺え、自分もそのようになりたいなと思いました!これからもお互い、真のリーダーになれるよう、一緒に活動していきましょう!

      小川勇

  • 【研修】プロジェクトマネジメント(基礎1)

    知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年07月10日

      ■研修を受けて■
      ・プロジェクト=独自性×有期性
      ・重要な5つのプロセス
      1目的・目標の設定
      2計画の策定
      3実行
      4測定
      5分析し、計画を改善
      ・不確実性はプロジェクト開始時に非常に大きく、意思決定(判断・決断)を繰り返すことで急速に小さくなる。
      ・不確実性を乗り切るための3つのアプローチ
      1不確実性そのものを小さくする
      2衝撃に備える(バッファ コスト、時間)
      3 不確実性を徐々に小さくする。
      ・未解決の課題を記録し、対応状況を追いかける
      ・目的・ニーズ・成功基準の明確化

      ■今後に向けて■
      ・仕組み化と運用
      うまく進捗の仕組みを作っても、運用・管理を徹底しなければ意味をなさない。
      ex)to doリストのスケジュール化
           課題ログの運用→確認の頻度・完了報告・大まかだった業務の細分化など

      ・他力本願にならない
      当事者意識を持つ(メンバーも自分も)
      必要な情報があれば自分から取りに行く
      聞きに行く・提案する・議論に参加する事を怠らない。
      →メンバー・自身の目的意識の深掘り。状況把握。約束事を守る・守らせる。
       
      ・ゴール設定
      設定しないと判断と決断のサイクルを回すことができない。仮説・検証を行えない。
      ギャップがあるか、正しいか軌道修正ができない。
      →新しいサービスを考えるにあたり、逐一目的と内容と期限の基準を設ける。


      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      エンカレッジで、時間のルールを設けるというアイデアを頂きました。時間と仕事量が曖昧になってしまっている現状がある中、基準とその内容面でゴールを設けて、運用を管理していくことは非常に重要だと感じました。

      川瀬さん
      グループワークでの進行や発表をしていただきありがとうございました。自分の意見を掘り下げてくださるようなフィードバックをしていただけたことで、具体的なアイデアに落とし込むことができました。


  • 楽しいだけでなく、強いチームをつくりたい

    相手のモチベーションをあげられるようなコミュニケーションを通して強いチームを作っていけたらな、と思います。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年06月25日

      常に相手の立場に立ち、誠実であることの大切さに気づかれたのではないかと思います。
      高尾さんの「雰囲気づくり」持ち味と、今回リーダーシップゼミで学んだことを活かして、「楽しい」だけでなく「強い」チームが作れると良いですね!応援しております!

      リーダーズカレッジメンバー:小川

  • 弱みと向き合い、挑戦し続けた3日間

    時には厳しい言葉をかけて頂いたことで、自分が理想とする誠実な人物像を思い描くことができました。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年06月25日

      リダーシップゼミを受講して、様々な心境の変化があったことと思います。記事に書いていらっしゃる通り、真のリーダーになるにはまず、自身の弱みと向き合うことが重要になります。その姿勢を見せ続けることで、周囲のメンバーからの信頼だけでなく、自信にも繋がると思います。
      引き続きエンカレッジでの活動も応援しております!!

      リーダーズカレッジメンバー:小川

  • 【研修】記憶のメカニズム

    復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年06月10日

      ■研修を受けて■
      気づき
      ・短期記憶に持っていくためには、まずは海馬に必要だと判断させることが必要である。
      ・復習は初めが肝心。
      ・長期記憶には制限がない。
      ・繰り返すことのほかに、主体性、ストレス発散、楽しむことが必要になる。
      ・主体性を導くために、要所要所で親近感を与えることが大事。
      ・長期記憶に向けて、復習を仕組み化、習慣かすることが大事。
      ・自立を促し、履行管理なしでも復習できるようにする。

      ■今後に向けて■
      具体的に取り組みたいこと

      短期記憶へのアプローチ
      ・mtgにてあらかじめ最後に振り返り、要点整理を発表させることを告知
      →緊張感が生まれる。理解しようと主体的に取り組む
      ・振り返って貰う際にPREP法に整理して発表して貰う
      →思考の整理・短期記憶の定着につながる。
      ・導入で話が伝わりやすいよう意義・理由・目的を説明する

      中期記憶へのアプローチ
      ・履行管理は始めはしつこく、丁寧に行う。
      ・成功体験を積ませる→それをしっかり褒める
      →扁桃体に刺激を与える・繰り返し行いやすいマインドを作る。

      長期記憶へアプローチ
      ・復習の習慣化
      →これにより生徒の自立を促す。

      ・自分で学習のメソッドが身に付く。リーダーに依存しすぎない組織作り。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■
      森口様
      記憶のメカニズムを学びました。最初のインプットさせる際に必要な要素・継続させ定着するためのアプローチを学ぶことができました。引き続き、リーダーシップゼミ・エンカレッジの活動に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。

      川瀬さん
      PREP法で振り返らせるというアイデアがとても参考になりました。グループディスカッションを通して様々な効果的なフィードバックをしていただきました。ありがとうございました。
      記憶のメカニズムの説明もわかりやすく説明していただき、ありがとうございました!

  • 【研修】報告・連絡・相談

    報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

    • 小川勇

      小川勇

      2021年05月10日

      ■研修を受けて■
      準備/責任権限義務/4種のじんざい/報告・連絡・相談

       リーダーは想定外のことを想定し、準備することが必要になることを学びました。特に、突発的に生じた問題に対して瞬時に対応できる準備が必要になるという重要な気づきを得ました。加えて、これは今日学んだ他の領域にも応用が効くことを学びました。

       例えば、報告連絡相談にも想定と準備は必要で、瞬時に対応できるような状態にしなければならないと感じました。部下に仕事を振る時(連絡)には具体的な期限だけではなく、なぜ期限内に済まさなければならないか、済まさないとどのようになるのかといった意義やリスクの言及が必要だということがわかりました。

      ■今後に向けて■

      学んだことは実行しなければ意味がありません。エンカレッジの活動においても活かしていきたいと思います。

      特に参考になったのは4種のじんざいについて。
       今回は判断力・決断力をもとに人財・人材・人在・人罪の四つに分類されることを学びました。またその「じんざい」の育て方の手順を学びました。
       現在のチームのメンバーがどこに分類され、どのような手順で成長させていくか・どのような仕事を割り振るか、考えながら活動に臨みたいと思います。

      ■研修講師(森口敦)へのメッセージ ■

      森口さん
       一つの研修でしたが、内容は盛りだくさんでした。学んだことを自身の立場や経験に基づきながら、記事を通してアウトプットしていきたいと思います。

      石橋さん・久保ヰさん
       ディスカッションにおいて、自分の意見を深掘りしてくださったり、問題があった時の対処法・解決法についてアドバイスをいただきました。自分の意見が整理され、明確化できたほか、新しいアイデアが浮かびました。今日一日ありがとうございました。

  • 【研修】コーチング理論(基礎1)

    「マグレガーのXY理論」「マズローの欲求5段階」「コーチングの領域」を身近な具体例で深掘りし、コーチングの実践に役立てる。 現場の活動と有機的に…

    • 小川勇

      小川勇

      2021年04月10日

      ■研修を受けて■
      クライアントの目的の背景にあるものを聞き出すことが大切であると実感しました。目的の本質が何であるかを詰めることで、クライアントのモチベーションへ結びつけることが可能にあると考えました。

      また、コーチングにおいて領域の設定が不可欠であることも学びました。引き出しが少ない中で、ある程度原因ごとにアプローチを考えておくことで、スムーズで自然、且つ本質にフォーカスしたコーチングができると思います。

      ■今後に向けて■
      エンカレッジの活動を振り返った時、チームのメンバーへ目的・目標とモチベーションの結びつけが足りてなかったことが課題であると感じました。お給料が出ない中でどのようにしたら、メンバーにモチベーションを感じてもらえるか、目的を掘り下げつつ考えていきたいと思います。

      ■リーダー(藤原さん)へのメッセージ ■
      コーチングのワークを通して、目的の深堀の大切さを教えてくださいました。一番大切なことであるにも関わらず、私はできていませんでした。なぜそれを目的としているのか、クライアント自身に考えさせることで、自発的にその意義を見つけ出すことを手助けすることこそがコーチングのあるべき姿ではないかなと感じました。
      とても良い気づきを与えてくださり、ありがとうございました。



森口 敦

A&PRO President & CEO

26フォロー 18フォロワー
20フォロー 12フォロワー
藤原穫

東京大学大学院薬学系研究科  リーダーズカレッジ リーダー

28フォロー 18フォロワー
上野 美叡

日本歯科大学・生命歯学部

29フォロー 14フォロワー
29フォロー 15フォロワー