バイアスを持たず、相手の欲求を読み取る

今月の研修:リーダーシップパワー理論

リーダーシップパワー理論

依存関係が発生した時、自分の欲求に応じて他人から影響を受ける

研修では上記の図のように7種類の影響力について学びました。左が影響力、右が影響を与える人を表しています。

上記の影響力は受け手の成熟度によって変化します。どこに影響を感じるかは受け手によって異なり、「影響」を与える側はこれに留意しておかなければなりません。

上記の影響力において依存関係が発生した時、受け手は自分の欲求に応じて他人から影響を受けます。そして時に影響力はとても強い力を発します。

例えば、テスト勉強の約束をしていた友人Aに「怖い店長からシフトに入ってくれと言われて断れなかった」と言われ約束を断られたとします。この場合、Aはより「懲罰を与える力」に影響力を感じる人物であったと考えられます。本来ならば約束を守ることが道理ですが、この影響力が強いためアルバイトの方を優先してしまったのです。

「影響力」を与える側もバイアスがかかる

実は、他人に影響力を与えようとする側も、自身の欲求に応じて行動してしまう傾向があります。この結果、受け手の欲求と摩擦が生じる可能性や、受け手を上手く導けない可能性があります。

影響力を与えようとする側には「自分だけが正しいとは限らない」ことを知っておく必要があります。「影響力」とは相手の中に生じるものであるからです。

また、与えようとする側は同じカテゴリの影響力でも受け手と相違がある可能性があることも知っておかなくてはなりません。

例えば、下から二つ目の「報酬を与える力」の1つを取っても、それが金銭的なものなのか、賞賛や評価、感謝なのかというように様々あります。

今までの活動を振り返って

今までの記事に書いてある通り、私は1年間1・2年生に向けて長期インターンの募集を発信するプロジェクトを立ち上げ、4人のチームのリーダーを務めていました。

私は一緒に活動をしていた1・2年生のモチベーションを上げるために、裁量権を持たせて仕事を振り分けていました。こうすることにより、「自分が頑張ってきたことが後の就職活動に活かせる」という付加価値を与えることでメンバーのやる気を掻き立てようとしました。

しかし研修を受けた上で当時を振り返ってみると、これは私が最も価値を感じていたことであり、「自分が就職活動に活かすことを念頭に活動に取り組んでいたから、きっと他のメンバーも同じであろう。」というバイアスがあったことに気づきました。

もしかしたらチームのメンバーは他の部分に価値を感じていたかもしれません。例えば、報酬という切り口で見ても、それが「就職活動に活かすこと」だけではなく、「コミュニティ・人との繋がりを増やすこと」や「自分の能力を伸ばすこと」にもあった可能性があります。もしかしたら「就職活動に活かすことができる」というモチベートの方法以外にも、もっと有効な手段があったかもしれないと反省しています。

組織運営に携わるにあたって

私は春から4年生に進級し、エンカレッジでもインターン生としてではなく運営側の10期のメンバーとして活動を始めます。まだ移行期間であるため具体的な仕事内容は決まっていませんが、内人事のポジションで活動をすることが決まっています。

エンカレッジに参加してくるメンバーは私の代では100人を超えると予想されています。ある意味で「分かりやすい」金銭的な報酬がないエンカレッジでは、参加するメンバーそれぞれのニーズを満たすことが組織運営の中で何よりも大切だと思います。

「社会人に備えてビジネス経験をしたい」「漠然と力を入れることが欲しい」「後輩のために就活支援がしたい」「様々な人と交流を深めたい」というようにメンバー各々の目的意識は違うと思います。できる限り多くのメンバーのニーズを満たすためにも、あらゆる手札を持つことが大事だと思います。具体的な施策が思い浮かんでいるわけではありませんが、今回の研修を受けてそれぞれの価値観を大切にしたいと改めて思いました。

これから研修を受ける方へ

グループワークを通して参加者同士で意見を深め合いながら、リーダーシップ・人を動かす力について学びました。リーダーとして周囲の人を巻き込みたい人・引っ張りたい人に特におすすめできる研修です。

今回の研修で学んだこと

・リーダーシップパワー理論
人は依存関係が生じたときに、自分の欲求に応じて他人から影響を受ける。
他人に「影響力」を与えようとする側も、自分の欲求に応じて行動してしまう傾向がある。
→摩擦が生じる可能性や、うまく導けない可能性もある。影響力は相手に中に生じるものである。
・信頼口座
信頼は日々コツコツと積み上げることが必要
損なうことは一瞬

この記事の著者/編集者

小川勇 早稲田大学 政治経済学部  

サークルの後輩や同期のキャリアの関心度が低いことを課題に感じ、それを変えるべくキャリア支援NPO法人『エンカレッジ』に加入。現在は1・2年生に向けてオンラインイベントを通してキャリア支援を行なっている。加えて、長期インターンの分野で学生と企業のマッチング事業の立ち上げのリーダーとしても活動している。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

早稲田大学商学部の4年生。 "新たな価値観を知りたい"という思いのもと、幼少期から多くの挑戦を重ねてきた。 大学時代は様々な方法で将来の進路に悩む中高生のサポートに力を入れてきた。大学四年時は自らができる価値提供先を増やしたいと考え、キャリア支援団体にて就活生の自立支援をおこなっている。団体においては人事部署のリーダーを務め、組織力の向上を目指している。

報告・連絡・相談。 言葉だけを知っていても意味がない。 報告・連絡・相談の違いと「判断力・決断力」の関係 報告・連絡・相談のタイミングと「マネジメント・人材育成」の関係 これらを理解し、効果的に使い分けることが重要。 理屈と機能を理解することでチームワークが大きく向上したいリーダーのための研修です。

荒 諒理 川瀬 響 本田花 須賀渉大 上野美叡 19Picks

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

本田花 西本 明希 谷口 宗郁 香山 渉 古屋大和 15Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原駿介 星野歩華 伊藤純希 65Picks

今回の研修で弱みを初めて言葉にし、弱みが単に触れたくないものから、本気で克服したいものへと変わっていきました。自分の弱さと向き合うことはその瞬間は苦しいですが、本気で自己変革をしたいと思う原動力になります。今後は自身の弱さから目を背けず、向き合って準備をやりきり、自分にも相手にも約束を積極的にして守り続けられる人になりたいと強く思っています。

須賀渉大 古屋大和 2Picks

世の中の商材は有形商材と無形商材に大別されます。それぞれの長所を理解し、活かすことで生産性の高いサービスを作り上げましょう。

研修前の自分は正直、リーダーの経験はこれまでたくさんやってきたし、ノウハウなんてどうせ知っているものだろうと思っていました。しかし、この研修をしてみて自分のリーダー力はまだまだだなと心の底から思うことができました。

研修講師の森口様は、私を学生扱いして甘やかすことなく、社会人としてできているところは褒め、できていないところはしっかりできるように宣言させてくださった。2日間で学生としての甘えについて顧みて向き合うことができた。学生だから」という理由で社会人に甘やかされてきたり、時間が有り余っていることが当然であると感じたりしている人がほとんどだと思う。そのような人にこそ研修を受けてほしい。

田村稔行 1Picks

メンバーの主体性を引き出すためには戦略的にメンバーを育成する必要があります。メンバーの主体性を引き出したいリーダーにはぜひ読んでほしい記事となっています。

星野歩華 信宗碧 原駿介 3Picks