具体的なアウトプットを明らかにするためのWBSとは。

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎2)

今回の研修では先月の研修に引き続き、プロジェクトマネジメントについて学びました。

ニーズの調査をするための顧客ヒアリング、ニーズを具体的手段に翻訳するQFD(品質機能展開)について学びましたが、今回は特にWBS(作業分解構成図)を掘り下げ、私が現在A&PROで取り組んでいる活動をご紹介します。

A&PROでの活動に興味をお持ちの方は是非ご覧ください!

Work Breakdown Structure

Work Breakdown Structure(WBS、作業分解構成図)とは、プロジェクトのアウトプットや作業を段階的に詳細化することで明らかにする方法です。抽象的なゴールをより具体的な作業に落とし込むことができ、それらを優先順位に応じて時系列に並び替えれば、大まかなプロジェクト計画の土台になります。

図のように、子要素を足し合わせると親要素と等しくなるよう、各作業の粒度を合わせ、MECE(漏れなくダブりなく)であることが求められます。

読者の皆さんは、WBSのような分解作業を、それがWBSだと認識せずに実行していたことがあるのではないでしょうか。

私は大学院で実験を行う際、実はWBSに近いことを行っていました。時間を無駄にせず実験Aと実験Bを並行して行うため、実験Aを終わらせてから実験Bに取り組むのではなく、実験Aの手順aの待ち時間に実験Bの手順bを進めるというように、部分を最適な形で時系列に並び替えて進めていました。

是非皆さんもWBSを活用できる身の回りの具体例を考えてみてください。

A&PROでの活動

私がA&PROで行っている活動に対しWBSを適用すると以下のようになります。以下の活動を通し、どこの組織でも誇れるリーダーとなることを目的としています。

セルフブランディング研修

記事執筆

本PJの根幹をなす活動です。毎月1回のビジネス基礎研修で学んだこと、A&PROで掲げられているクレドで示されていることを自身が活用できる形に咀嚼し、アウトプットします。主張を明確に、論理的に伝える力を伸ばすことができます。

記事FB

同じPJメンバーの記事をより魅力あるものにすべく、フィードバックを行います。メンバーが伝えたいことを明確にしながら記事をより良くすることは、相手に価値を与える重要なチャンスです。

コーチング

1日の研修の終わりにはGmap-cというツールを用いて振り返りを行います。A&PROには様々な目的意識を持つメンバーが集まりますが、その目的を意識することを忘れさせず、目標に向かって主体的に取り組むよう導きます。

Picks

A&PROで学んだことが社会で大切なことの全てではありません。社会で活躍される方々の考えを知れる記事を取り上げ、大切な考え方を吸収します。

人財開発

品質管理

Gmap-c、ならびにそれを含む出退勤報告システムのようなマネジメントツールを正しく活用することは社会人にとって不可欠でしょう。メンバーにそれらを適切に利用するよう推進します。

研修案内

既に参加しているA&PROメンバー、これから体験する新規参加者に対し、各種研修の案内を行います。さらに、新規参加者の研修後アンケートを記事に昇華し、その経験をより魅力あるものとします。

お手伝い活動監督

私たちは普段利用するA&PROのオフィス環境を自分たちで整備しています。特に、私はそのようなお手伝い活動の監督者として機能し、責任を持って社長へ報告する役割を果たしています。

これから研修を受ける方々へ

WBSの他に研修で扱われた、顧客ヒアリングのロードマップ、QFDは顧客ニーズの発見と満足のために重要な手法です。現在関わっているプロジェクトを顧客ニーズの観点から見つめ直したい方にとっては必須といえる研修なので、是非参加してみてください!

研修で学んだこと

  • 顧客ヒアリングのロードマップ
  • QFD(品質機能展開)
  • WBS(作業分解構成図)

この記事の著者/編集者

藤原穫   

秋田県出身。高校時代は強豪校でバドミントンをしていました。大学に入ってからは民族舞踊に励み、修士2年になった現在は薬物動態の研究をしています。趣味は旅行。死ぬまでにすべての温泉地を回りたいと思っています。これまで複数の組織で培ってきたリーダーシップに磨きをかけるべく、A&PROでの研修に励んでいます。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。

「大変なこと」を楽しむことは理想だとは分かっているけれど、中々そう上手くはいかない。そんな「大変なこと」との付き合い方に悩んでいる人に贈る、「大変なこと」を味方にするための記事になっています。

大庭彩 1Picks