人の人生を変える責任と覚悟

研修を通じて気づいたこと・今後に役立てられること

この研修はリーダーシップを発揮するために必要なことを学べる場です。その一例に生徒指導の方法・向き合い方がありました。
私は別の場所で生徒指導をしていた経験があります。その時のことを振り返ると、自分が今までどれだけ生徒のことを考えられていなかったのかを強く実感しました。一人の人間の人生を左右するかもしれない「先生」としての責任をまったく自覚できていませんでした。

また、コミュニケーション能力が高い人とは口が上手く、盛り上げ上手で、口数が多い人のことだと考えていました。しかし、真のコミュニケーションとは相手の話をしっかり聞くことから始まります。この研修を通じて、聞き上手な人こそがコミュニケーション能力が高い人なのだと分かりました。
改めて自分のことを顧みると、今までの私は話を聞く振りをしていただけだったと思います。これを機に、人の話を聞けるリーダーになろうと決意しました。

そして、研修で教わったコーチングには人の人生を変える大きな力があることを学びました。大きな力こそ取り扱いに注意しなければなりません。決して周囲の人々を実験台にすることなく、何度もロールプレイングをしてコーチングにあたろうと思いました。

心境の変化

最初は無料で3日間も研修を受けられるということに対して不安が大きかったため、コーチの森口先生のことを信じることができず申し訳ありませんでした。そして、私の人間としての弱さや中身のなさに向き合わせていただき、ありがとうございました。今回頂いたものは、今後大きく成長することで必ずお返しします。

また、山中さんを始め、研修の準備をしてくださった皆さん、非常に学びの多い3日間を設けてくださりありがとうございました。

3日間の実践記録

研修で学べたこと・感じたこと

  • 相手のことを相手以上に考える
  • 口が上手いはコミュニケーション上手ではない
  • コーチングはとても大きな責任を伴う
  • 約束を守ることで信頼は高まる
  • リーダーは孤独である
  • 相手との共通点を探す
  • 同情ではなく共感する
  • 実践と理論のギャップ
  • コミュニケーションは聞き手を参加させる
  • 発言ではなく習慣を見る(自身も含む)
  • コーチングは成長したい人に効果を発揮
  • 良い組織は自分の足りないところに気づいて努力する人を喜ぶ

これから研修を受ける方々へ

A&PROは本当に成長したいと願う人にとって、これ以上ない場所だと思います。まずは3日間だけ、コーチを信じて参加してみてはいかがでしょうか。指導は厳しいですが、とても濃い学びが得られるはずです。

A&PROより

A&PROに来る前に、私も別の塾で講師をしていました。2年間勤めた後、このワークショップに参加したのですが、生徒のためにもっとできたことがあったと気づかされ、過去の自分を悔いたのを覚えています。
私がもっと早くに自分で気がついて行動できていれば、もしかしたらあの子は辞めなかったかもしれない、あの子は志望校に合格できたかもしれない。そう思うと非常に申し訳ない気持ちとやるせなさでいっぱいになりました。当時の私は、人の人生を背負う覚悟ができていなかったのだと思います。

しかしそれに気づけた今は、かつての生徒たちにできなかった分まで他の人たちに価値を提供できるよう、日々の活動に取り組んでいます。それが一つの償いであり、自分なりの誠意を示す方法だと思うからです。過去の苦い経験は、より良い未来を切り拓くために今どうするべきかを示す指針になり得ます。

S.C.さんもこのA&PROの研修を経て、同じ気づきを得たのではないでしょうか。きっとこの先、あなたは責任も覚悟も備えた、形ばかりでない優れた「先生」になることでしょう。ここで学んだことを活かして、周りの人たちをより良い方向へ導いてあげてください。

(リーダーズカレッジ:久保井)

この記事の著者/編集者

S.C さん 東京大学 理科1類  

最新記事・ニュース

more

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

「やばい、キャパオーバーしていて仕事を回しきれていない・・・。」成果を生み出すためにリーダーを務め、多くの責任を引き受けたのはいいものの、こうした悩みを抱く方は少なくないと思います。本記事は、リーダーの方の中でも、「仕事を回しきれていない。」と実感している方、経験した方、キャパオーバー対策したい方に届けていくことを想定して進めていきます。キャパオーバーは解決できます!

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。