年次に関係なく、フラットな組織づくりを目指す

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ

尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに馴れ合いを排除する勇気を持って「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を活かし合えるチームを作ります。

なぜ「尊敬し合う」必要があるのか

「良いチーム」とはどのようなチームでしょうか?

私は成果が出せるチームだと思います。

では、成果を出すにはどのようなチーム像が理想でしょうか?

成果を出すには互いの長所を認め、短所をカバーし合う事が理想的です。チームを構成するメンバーにはそれぞれ長所・短所があります。メンバーそれぞれの長所を活かしあい・短所をカバーし合う事ことで、チームの成果が高まります。

上記の理想のチームを作るために必要な風土はまさに「互いに尊敬し合う」風土だと思います。この風土がある事で、良いところを褒め、足らないところを指摘しあえる文化が醸成されます。

一見厳しい指摘も、思いやりがあるからこそできると考えます。成果を出すチームには「遠慮のないコミュニケーション」が必要だと思います。具体的に、リーダーメンバー・先輩後輩の関係にとらわれることなく、主張ができるチームが理想です。

私が定義する良いチーム=成果を出すチーム
           =長所を認め、短所をカバーするチーム
           →「互いに尊敬し合える」風土が必要
            …良いところを褒め、足らないところを指摘しあえる文化が醸成されるから。

私が目指すチーム:リーダーメンバー・先輩後輩の関係に捉われることなく、主張ができるチーム

私のチームの課題と2点の改善策

上記の内容を踏まえて、現在私がリーダーを務めているチームの現状を振り返ってみます。

課題1:後輩先輩という間柄がある以上意見を言いづらい風潮がある

私のチームには2年生〜4年生まで学年の幅があります。ミーティングの際に、2年生が遠慮しているのではないかと思う事が度々あります。

改善策
1.主張することの大切さを繰り返し伝える。
2.フラットに関われるレク・アイスブレイクを取り入れる。

当たり前のことですが、1は重要であると思います。しかし、私はこれまで積極的に取り入れていませんでした。これからのミーティングでは意識しながら、「自発的に主張すること」の大切さを伝ええようと思います。

ただミーティングで発言をするだけでなく、「違う」と思ったことを「違う」と言うこと・難しいことは「難しい」と主張することも大切だと思います。スケジュール面・仕事の量なども含め自分で管理できるようになるのが理想であると感じているからです。

2も私は軽視しており、あまり積極的に取り組んでいませんでした。12月中旬にランチに行き、交流を深める事ができました。

課題2:どうしても先輩が後輩のサポートをするという構図が出来上がってしまっており、メンバー同士の協力意識があまりない

私のチームは私ともう一人の4年生が2年生の個々の作業のサポートをする形で仕事を回しています。ここで上記の課題が生じてしまいます。2年生には個別に仕事を振っているため、2年生同士で協力し合う風土が醸成されていません。

改善策
1.主張することの大切さを繰り返し伝える。
2.共同作業をさせて、環境を整える。

1は前述した要素と同じです。積極的に取り入れようと思います。

2については今年から取り組みたいと思います。メンバー同士の共同でできる仕事をふれば、コミュニケーションが深まり、より良いチームの一歩になるのではないかと考えています。

最後に

今回の記事では「フラットな組織づくりを目指す」と言うテーマで私のチームを振り返ってきました。こうして考えてみると、まだ努力できる部分は多々あるなと感じます。私がリーダーを務めるのはおそらく2月いっぱいですが、足りない部分を埋めるためにこれから頑張ろうと思います。

この記事の著者/編集者

小川勇 早稲田大学 政治経済学部  

サークルの後輩や同期のキャリアの関心度が低いことを課題に感じ、それを変えるべくキャリア支援NPO法人『エンカレッジ』に加入。現在は1・2年生に向けてオンラインイベントを通してキャリア支援を行なっている。加えて、長期インターンの分野で学生と企業のマッチング事業の立ち上げのリーダーとしても活動している。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。