出勤を通して学んだこと

4.誠実・謙虚であれ

周りの人たちに対して、損得ではなく誠実・謙虚に行動していきます。小さな約束もきちんと守り、信頼を積み重ねていきます。

はじめに

信頼を掴み取るには誠実の積み重ねが必要である

読者の皆さんは信頼を掴み取る社会人になるには何が必要だと思いますか?

もちろん要素であげれば様々なものが出てくると思いますが、私は第一に誠実であることが必要であると思います。

人から誠実であると認識されるには時間がかかります。一方でその認識が崩れてしまうのは一瞬であり、簡単です。

誠実であるために必要なこととは?

私は①態度で示すこと、②事前の報・連・相の2つが必要であると考えます。

出勤を通じて得た気づき・学び

私はA&PROの出勤を通じてこの2つの必要性に気づきました。

約束したことを態度で示す

恥ずかしながら、私は生活習慣がだらしなく、A&PROでの活動を始めた4.5月頃は毎回ぎりぎりに出勤していました。厳密に言うと遅れてはいなかったのですが、本来活動を始める前に記入すべきであったGmap-c(毎回の活動で使うワークシート)の記入が活動時間にずれ込んでしまうことが多々ありました。当時これに対して、森口さんに時間の部分の詰めの甘さを指摘されていました。

指摘された当時は自分のだらしなさをとても恥ずかしく感じたと同時に、二度と同じことを指摘されたくないと思いました。それ以降は毎回活動の15分前には必ず到着できるように改善しました。私が覚えている限りでは、交通機関の遅延などのイレギュラーな場合を除いて、指摘されて以降15分前に来れなかったことは1度もありません。

できている方からすれば、時間通りに来ることは当たり前であるとも思います。加えて、記事に取り上げるほどのことでもないとお考えになるかと思います。。しかし私の中では、交わした約束を態度で示し続けたことで守った大事な経験です。

事前の報・連・相

先日のビジネス基礎研修の際の話です。交通機関の遅延で到着が遅れるリスクがあったため、私は事前にメンバーに連絡を入れました。結果的には時間ギリギリで間に合ったものの、当日は私がグループワークのリーダーを務める予定であったため、報告がなければ森口さんをはじめ周囲は混乱していたと思います。

このように報告を事前にしていたことで、報告をしない状態に起こると想定された混乱は避けることができました。

最後に

たかが出勤一つをとっても、求められる「誠実さ」はしっかりとあると思います。上記の経験を通して学んだ2つのこと(①態度で示すこと、②事前の報・連・相)を忘れずに、社会人になっても心がけようと思います。

この記事の著者/編集者

小川勇 早稲田大学 政治経済学部  

サークルの後輩や同期のキャリアの関心度が低いことを課題に感じ、それを変えるべくキャリア支援NPO法人『エンカレッジ』に加入。現在は1・2年生に向けてオンラインイベントを通してキャリア支援を行なっている。加えて、長期インターンの分野で学生と企業のマッチング事業の立ち上げのリーダーとしても活動している。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。