「リーダーの基準」が大きく上がった!

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

約束を守る人が、リーダーになれる

リーダーシップ研修では、求められたアウトプットに対して、4回、時間を守ることができませんでした。これまでの大学生活では、良くも悪くも自分だけで完結する約束が多く、「他人に迷惑をかけた」と感じる場面が殆どありませんでした。今回の研修では、その部分を森口さんから都度都度ご指摘をいただき、自分の基準の甘さに気づくことができました。リーダーならば、「他人に迷惑をかけない」というレベルでなく、「他人の基準を上げる」という視点で、時間を初めとした”約束”を守る必要があると学びました。

判断力・決断力と4つの”人材”

判断力が無く、決断力がある人は、組織を誤った方向に導いてしまうため、4つの人材の中でも最悪の「人罪」ということを学びました。研修を通して、今の自分はまさに「人罪」ということに気づけたので、判断力を磨くために、決断の前に判断力のある人に相談したり、構造で捉える力をつけていきたいと思います。

準備ができている人が、リーダーになる

今回の研修中、プレゼンの準備をしなかったことで、自分は3分のプレゼンを2分で終えてしまいました。準備をしなかったことで、価値提供できるものが少なく、自分の価値を最大限に発揮することができませんでした。決断力がある人ではなく、最も価値提供できる人がリーダーであるため、組織や個人で動くときも「準備はできないか?」という視点を持ちたいと思います。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

研修に参加したことで、一言でいうと、「リーダーとしての基準」が大きく上がりました。リーダーになろうとする身として、「今の自分には足りない部分が沢山あるんだろうな」という認識はありましたが、「でも、それが何かは分からない」という状況でした。研修に参加して、森口さんにご指摘を頂いたり、一緒に参加したメンバーの方と相対化したりすることで、今の自分に足りない部分が次々と浮き彫りになっていきました。自分の中のリーダーの基準が大きく上がり、これを書いている今では、現状と理想とのギャップを埋めていくことにワクワクしています。

今回、このような環境を設けていただきまして、本当にありがとうございました。自分の身の回りの人や社会に価値提供するために、今回の学びを最大限に生かしていきます。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

・「とにかく、成長するためにボコボコにされたい」
・「目標達成を加速させるために、成長したい」
・「リーダーとしての自分に足りない部分を明確にしたい」
という自分みたいな人には、特におすすめです。

研修中、森口さんや他の参加者の方から指摘を頂いた時に、一時的に「耳が痛い、、」と感じる機会があると思いますが、後々になって「あの時の指摘はありがたかったなぁ」と感じるタイミングが必ず来ると思うので、ぜひ前のめりで研修に参加してみてください。

推薦してくれた方へのメッセージ

飛翔さん

ご紹介いただいて、本当にありがとうございました!研修中も、これを書いてる今も「有り難いなぁ」っていう気持ちが連発しています。

「まさに、今の自分に必要なものだった」というのが、偉そうですが正直な感想で、これからの行動の方向性が明確になりました。紹介から、準備から、フォローまで、見えない所で自分たちのために動いてくださって、本当に感謝しか無いです。しつこいですが、本当にありがとうございました!今後とも、是非よろしくお願いします!

研修を通じて学んだこと

・約束を守る人が、リーダーになれる
・準備ができている人が、リーダーになる
・目の前の物事を、「構造」「仕組み」で捉える
・あらゆる仕事は、コミュニケーションと結びつけると抽象度が上がる
・学ぶ時は相手に気づきを与えよ
・知って満足ではなく、実践して初めて意味を成す
・判断力・決断力と4つの”人材”
・目標設定は、「SMART+C」で
・塩梅を大切にする
・話を伝える時は、PREP法で
・できる人の基準に合わせる
・使えるリソースを、知恵を使って、拡張させる

この記事の著者/編集者

白井 敦士 早稲田大学  

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。