周囲のお手本となるリーダーになるために

研修を通じて気付けたこと、今後に役立てられること

「理論と実践の両輪」が非常に大切である

知っていることと実際に自分が使っていることには、雲泥の差があります。学んだものをその場でやってみることで、「なるほど!」と効果を体感できます。たとえば、書籍で「目標を立てることは大事」ということは誰でも聞いたことがあります。

しかし、実際に自分の「適切な目標」を立てている人は滅多にいません。研修で学んだ目標の立て方をその場で実行し、常に心に留めておくことで、非常に効果が高かったです。私も早速「今日の目的・目標」を朝に決めて、実行することを「自分と約束」しました。

失敗は過程でしかない、その先に成長がある

失敗はある時点で区切れば「失敗」ですが、長い目で見ればプロセスの1つでしかないため、失敗が怖くなくなります。

この研修では「うまくいかない…!」ともがく場面もたくさんありました。しかし、「どうにか乗り越えよう」と自分をフル回転させることで、大きな成長に繋がりました。「これくらい何も恥ずかしいことではない」と感じられました。

教えてもらうだけではダメ。相手に「気づき」を与えよう

教えてもらう「受け身」の姿勢では、当事者意識が薄れて学びが浅くなります。メンバーとともに互いに気づきを与え合うことで、「なるほど!」と学びが深まります。双方向で話すことで、より効果的な学びを得ることができます。

研修参加前後での心境の変化、研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

非常に濃い2日間を過ごすことができました。ありがとうございました。以前は「理想のリーダーは、優しく受け入れて、皆が気持ちよく過ごせる場をつくる人」と考えていました。私自身それを目指してサークルの部門を運営していました。

しかし、この研修に参加してそれは不適切だと気づきました。リーダーは「相手の成長に真に向き合える、お手本になれる人」だということは、非常に大きな発見でした。自分や周囲への日々の向き合い方の視点が大きく変わり、成長を感じられました。本当にありがとうございました。圧倒的な成長機会を得ることができました。得た学びを正しく理解した上で、実践していきます。

同日に参加したメンバーも、ワークを通して学びを互いに深め会える仲間でした。濃密な2日間を共に過ごすことができて本当によかったです。ありがとうございました。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

研修前は「リーダーの心構えを学ぶのかな?役立つのかな?」と正直感じていました。しかし受講後には、「ここまで自分は伸びるのか!全然心の感覚が違う!」と驚きました。「机上の空論ではなく、理論と実践を大切にする」という言葉の意味について、参加して初めて理解できました。この研修に参加せずにプロジェクトのリーダーになっていたら、組織は空回りしてしまっていたと思うと恐ろしいです。
12時間の2日連続講義は長いかと思いきや、あっという間です。非常に濃い時間で、深い学びをたくさん得られました。

一般企業のインターンシップでは、机上の安易な「新規事業立案」が多いです。しかし、この研修は「自分の舵を自分で握る社会人」となるために必須の研修でした。

推薦してくれた方へのメッセージ

推薦していただきありがとうございました。この機会をいただけたことを本当に感謝しております。これほど「社会人への成長」を感じる充実した2日間を過ごしたことはありません。自分の人生で大きな柱を立てた感覚があります。今回学んだことを早速日々に実践して、より大きな成長、信頼の厚い真のリーダーになれるよう努力を積み重ねていきます。改めてありがとうございました。

研修を通じて学んだこと

  • 知恵を武器にして生きよう。身の回りから学べることはたくさんある。「お勉強」よりも「生きる知恵」を。
  • 基本ができていない。「聞いたことはある」「覚えて正しく理解している」「行動できる」は別物。
  • 挨拶を本気でやれば、すごく気持ちが良い。中学生以降見失っていた感覚。
  • 学びは「自分から気づきを与える」こと。受け身になるな。
  • 失敗したっていい。どうにでもなるし、そこで大きく成長する。
  • 仕事を作業化するな。コミュニケーションと結びつければ豊かになる。
  • 判断と決断は別物。判断力を身につけた上で、決断できる人になろう。
  • リーダーはお手本になる。約束を絶対に守れ。
  • 相手から時間を奪うなら、全力で意味のある時間にしよう
  • 人は苦しい過去から逃れたくなる。正しく触れれば、大きなパワーをもつ
  • ノルマとコミットメントは異なる。コミットメント型の人間になろう
  • 塩梅(さじ加減)が大切。極端な二者択一ではなく、「程度の問題」ということに気づこう。

この記事の著者/編集者

桑井 康行 早稲田大学  

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

そもそもプロジェクトとは何か。それを知ることによって、あなたが現在取り組んでいる活動をもっと豊かにすることができるはずです。プロジェクトの基本を学び、そのプロセスについて考えてみましょう。

大庭彩 上野美叡 2Picks

タスクには明確に優先順位が存在し、正しい優先順位でタスクに向き合うことが締め切りへの余裕につながります。緊急度と重要度のマトリックスを用いて改めてタスクへの優先順位をつけることを意識したいです。

大庭彩 1Picks

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。