連載リーダーシップゼミ -参加者の声-

自分自身をぎりぎりまで追い込んだ3日間

日常は学びであふれている

 自分をぎりぎりまで追い込むとともに、今の自分の限界を把握してスタートラインを知った3日間でした。自分ができていると思っていたことが実は口だけであったり、自分にはできないだろうと思っていたことも、やってみると意外とできていたりというように、新たな自分を発見できました。時間は有限であるという意識を常に持ち、自分を追い込む習慣をつけたいです。

 また、学びは一つの事から無限に得られるということを知ることができました。なぜそうなったのかを考えることで自分の失敗や成功の原因が分かりますし、それをさらに深掘りしていけば、新しい学びが得られます。そういう意味では日常は学びであふれているということであり、自分の物事に関する見方・考え方が大きく変わりました。

研修講師へのメッセージ

 森口先生は、私自身のことを見つめてくださりました。例えば、私が気づきを共有したいと思っている時に、しっかりと発言の機会を与えていただいたり、分からないところは一つ一つ論理的に説明しながら教えてくださるなど、非常に親身に接していただきました。私も教育者を目指す身として、単なるプレゼンのような指導ではなく、コーチング理論を用いて生徒のモチベーションを上げられるような指導をしたいと強く思いました。3日間本当にありがとうございました。

研修で学んだこと

 コミュニケーションに対するイメージがあいまいなものから科学的なものへと変わりました。同時に、人のモチベーションを良くも悪くも変えてしまうコーチングの絶大な力と、それを使う難しさがよくわかりました。

A&PROより

 “日常は学びであふれている”という言葉には自分自身とても考えさせられました。何気ない瞬間から学ぶ姿勢をお互い大事にしていければと思っております。3日間本当にお疲れ様でした!(人材開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

T.W. さん 東京大学 文科三類  

この連載について

リーダーシップゼミ -参加者の声-

連載の詳細

1DAY体験後は、実際に自身がどれだけ成長できるかを実感してもらいたい。

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。

参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラムです。

今のうちに自身の限界にチャレンジし、社会で本当に役立つ自身の強みを見つけ、今後の学生生活や就職活動に大いに役立ててほしい。

(1)コミュニケーション研修
社会に出ると様々な職業や年齢の方々と仕事をすることになります。
A&PROの主なクライアントでもある企業の経営者や幹部などを想定しビジネスで使えるコミュニケーション方法を理論とゲームを通して学びます。

(2)コーチング研修・アサーティブ研修
たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。
科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。

(3)リーダーシップ研修
人は何に対して導かれるのか、「パワー理論」「信頼のメカニズム」「影響力の種類」について体系的に研究し、その場で実践。


参加希望の方はこちら ⇒申込フォーム
※A&PROと提携する大学・企業から推薦されたメンバーのみが参加可能

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks