自分自身をぎりぎりまで追い込んだ3日間

日常は学びであふれている

 自分をぎりぎりまで追い込むとともに、今の自分の限界を把握してスタートラインを知った3日間でした。自分ができていると思っていたことが実は口だけであったり、自分にはできないだろうと思っていたことも、やってみると意外とできていたりというように、新たな自分を発見できました。時間は有限であるという意識を常に持ち、自分を追い込む習慣をつけたいです。

 また、学びは一つの事から無限に得られるということを知ることができました。なぜそうなったのかを考えることで自分の失敗や成功の原因が分かりますし、それをさらに深掘りしていけば、新しい学びが得られます。そういう意味では日常は学びであふれているということであり、自分の物事に関する見方・考え方が大きく変わりました。

研修講師へのメッセージ

 森口先生は、私自身のことを見つめてくださりました。例えば、私が気づきを共有したいと思っている時に、しっかりと発言の機会を与えていただいたり、分からないところは一つ一つ論理的に説明しながら教えてくださるなど、非常に親身に接していただきました。私も教育者を目指す身として、単なるプレゼンのような指導ではなく、コーチング理論を用いて生徒のモチベーションを上げられるような指導をしたいと強く思いました。3日間本当にありがとうございました。

研修で学んだこと

 コミュニケーションに対するイメージがあいまいなものから科学的なものへと変わりました。同時に、人のモチベーションを良くも悪くも変えてしまうコーチングの絶大な力と、それを使う難しさがよくわかりました。

A&PROより

 “日常は学びであふれている”という言葉には自分自身とても考えさせられました。何気ない瞬間から学ぶ姿勢をお互い大事にしていければと思っております。3日間本当にお疲れ様でした!(人材開発担当:萩原)

この記事の著者/編集者

T.W. さん 東京大学 文科三類  

最新記事・ニュース

more

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。

研修参加前は、私はリーダーの素質がないと思っていました。しかし研修を通して、私には素質がないのではなく準備ができていないということに気付かされました。