尊敬する努力とは?上司と部下という立場を超えて学ぶ。

クレド2. 「互いに尊敬し合えるチームであれ」

 尊敬し合えるチームでなければ、最高のサービスは提供できない。プロ同士、互いに「尊敬される努力」と「尊敬する努力」をし続け、長所を生かし合えるチームを作ります。

クレドにまつわる私のエピソード

 直営塾のへウレーカでは毎日講師全員で生徒情報や重要事項を共有するミーティングを行っています。その基盤となっているのが、価値を提供できる人財として重要な10のマインドが凝縮されているクレド。この中から毎日1つのマインドに焦点を当て、エピソードの共有を行っています。

 へウレーカで勤務をする中で、メンバーに共通すると感じるのは「尊敬される努力を怠らない」ということと、「上司や部下という立場を超えて、相手を尊敬する努力を行っている」ということです。 現在私は大学での勉強と両立しつつ、部活動でダンスを続けており、大きな公演や学祭に向けて練習をしています。その中でオーディションを受ける機会があり、結果としては落選しましたが目標に向かって取り組み、挑戦したことはダンスのスキルだけでなく、緊張する場面でも力を発揮するという面で精神的にも大きく成長できた経験となりました。このエピソードをミーティングで共有したところ、普段とても尊敬している上司の方から「生徒に対しても現状に満足せず成長させられるように良い意味で攻めていきたいと感じた」というフィードバックを頂き、周囲に価値を提供できたことを大変嬉しく感じました。私自身、これから部下が増えていく中でメンバーとして相手を尊敬し、自分の成長にも活かすという姿勢を大切にしていきたいと思います。

生徒指導、そして将来医師としてどう活かすべきか

 現在、私が関わっている生徒は全員受験生であり、毎授業、一生懸命に学習に取り組んでいます。その努力や姿勢をしっかり尊敬しつつ、必要であれば生徒にとって耳の痛い話も共有できる存在でいたいと改めて感じました。 また、将来医師となった際には看護師や薬剤師など様々な職種の方々と連携していく必要があり、まさに「互いに尊敬し合えるチームである」ことが重要となります。そのため、様々な人との出会いやコミュニケーションをとる機会を大切にし、 「尊敬される努力」と「尊敬する努力」を磨いていこうと思います!

この記事の著者/編集者

松崎 佑希乃 埼玉医科大学 医学部  

話題のニュース

more

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的成功) 毎日忙しく働いているのになぜか今日も仕事がたまっている。 自己研鑽する時間が取れない。 そんな状況…

今月の研修:社会人の持つべき習慣(公的習慣) 突然ですが、先日あった出来事をご紹介します! 私は、所属するキャリア支援団体であるメンバーと打合せ…

周囲から「忙しそうな人間」と思われていませんか?忙しそうな人間には周囲から情報が入らないこともあります。今回はその状況を乗り越える方法を共有します。

良いチームを作りたい。そう思って「頑張って」動いている。しかし、なかなかその思いが伝わらない。自分が言わなくても、メンバーのみんながもっと主体的に動いてくれたらいいのに。もっとチームで力を合わせて前に進みたい。皆さんは、そんなことを思ったことはありませんか?

今月の研修:社会人として持つべき習慣(私的成功) はじめに チームの理想状態ってどのような状態だと思いますか? この言葉を聞いて、 組織の目的に…

頭と心と体に働きかける、人財育成のためのプラットフォーム この3つの機能を組み合わせながら科学的に、確実に、人を成長へと導いていくのがA&…

0Picks