主体性を引き出すために・・・

■コーチング理論 実践1

大切なのは、欲求レベルの向上

今回の研修では、コーチングをするための前提知識として必要なマズローの欲求5段階・マグレガーのXY理論について復習したのち、実際に直営塾ヘウレーカに在籍している生徒に対する、よりよい具体的なアプローチの方法を模索しました。そもそもA&PROでは、コーチングをする際の基本的な考え方として、以下の2つを掲げています。

  • 目的・目標とモチベーションを結びつける
  • 目標に向かって主体的に努力できるよう導く

そして今回私は、根幹であるマインド面に関わる1つ目の考え方に関連して、生徒の目的・目標とモチベーションを結びつけるためには、どんなコミュニケーションをとるべきなのかについて、ある意味当たり前のことの重要性を再認識しました。それが、生徒の欲求レベルを段階的に向上させることです。

例えば、塾で学ぶ事自体が初めての生徒に対しては、まずはお互いの信頼関係を築き、ヘウレーカという環境への所属欲求を満たすことが必要です。また勉強へのモチベーションがなかなか上がらない生徒に対しても、以下のようなアプローチが考えられます。

  • 大学という環境への所属欲求を掻き立てることにより、生徒自身に行きたい大学を考えさせる。
  • 偏差値や人気度といった高いハードルを越えることで、周囲からの承認を得たいという欲求を掻き立てる。
  • 自己承認を得るために、生徒自身が設定した基準により志望校を定めさせ、そこに向かっての努力を促す。
  • 大学に入ってどんなことを実現させたいのかを考えさせ、マズローの欲求5段階における最上位の自己承認欲求を掻き立てる。

ここまでたくさんのケースに言及してきましたが、全てに共通しているのは常にワンランク上の欲求を引き出していることです。周囲から適度な期待をされたり、自分がレベルアップしたりすることに対して、人は誰しもプラスの感情を抱きます。生徒が今どの段階にあり、次に目指すべきステージは何なのかを適切に見定める。そしてワンランク上の欲求を引き出すことができれば、本当の意味で、生徒の主体性を引き出すことができるのではないでしょうか。

これから研修を受ける方々へ

 ここまでは学習塾特有の話題が中心となっていました。しかしコーチングは、「導く側」と「導かれる側」が存在するすべての場面に関わることは言うまでもありません。親・上司などの立場になったとき、皆さんの多くが必要とするコーチング。ぜひ一度、学んでみませんか!?

研修で学んだこと

  • コーチングにより、相手の潜在的な自己実現欲求を引き出すことができる
  • X理論の状態にいる相手に対しては、コーチングではなく圧倒的なティーチングを短期間で行うことが重要で、これにより将来的には、Y理論に基づいたコーチングにシフトすることができる
  • 組織内での生存・安全欲求を満たしてあげるためには、その組織内での役割・存在価値を認識させてあげることが有効である

この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

皆さんがリーダーを務める組織にはMVVやスローガンと言ったメンバー全員が認識している「共通目標」はありますか? そして、今その「共通目標」を何も見ずに口ずさむことができますか? もし、一度決めたことがある共通目標が形骸化してあまり浸透していない場合は私と同じ苦悩を経験するかもしれません。

大庭彩 1Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1~3を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「自分と仕事をしたいか」と思われているかどうかは他者の言動を大きく変化させます。相手方の時間を頂いているという認識があなたの評価を変えるでしょう。適切な準備を行うことで周囲と豊かな関係性を築きたい方に必見の記事です。

大庭彩 香山 渉 谷口 宗郁 3Picks

たとえ意見が対立しても、プロのコンサルタントやコーチは相手を導くことができる。 基礎1と基礎2を通じて、科学的なメカニズムから築き上げた実践型コーチングについて、ロールプレイを中心に活用方法をトレーニングしていきます。 現場の活動と有機的に結びつける知恵と、今後のプロジェクトに活かす行動力。 これらを大切にするリーダーのための研修です。

「周りの声を意識して思っていることを伝えられず、自分だけが辛い思いをしている...。」「それもあって、周りに対して愚痴が溜まっている...。」この悪循環を引き起こすコミュニケーションを、A&PROではPassive(受身的)なコミュニケーションと捉えます。そして悪循環を解決させるには、「Passive(受身的)」を「Assertive(自己主張的)」へ変容させていくことが重要です。

矢後慶樹 前田佳祐 大庭彩 3Picks

「メラビアンの法則」や「真実の瞬間」と向合い、各メンバー自身がブランド形成の重要要素であることを自覚していきます。 「目配り」「気配り」「心配り」の各段階を理解し、「マナー」「サービス」「ホスピタリティ」「おもてなし」の違いについて研究。 「マニュアル」「サービス」を理解・実践するのは当然。 「ホスピタリティ」「おもてなし」を顧客・メンバーに提供したいリーダーのための研修です。

メンバーに尊敬されるリーダーは当たり前ですが、メンバーを尊敬できるリーダーは少ないのではないでしょうか? 今回の記事ではメンバーを尊敬することで得られるメリットについてご紹介していきます。

大庭彩 1Picks

知識として体系化されているプロジェクトマネジメント。 ただし、頭で理解していても習慣化できていないと、顧客やステークホルダーの期待値とは程遠い『自己満足なプロジェクト』となってしまう。 各種マネジメントツールにもてあそばれず、プロジェクトマネジメントの本質を理解し、やるべきことを実践し続ける。 そんな責任あるリーダーを対象とした研修です。