講師としてだけでなく、人として成長できる。

社会勉強になった、様々なビジネスの知識。

生徒に教えるということ以外にも、社会勉強ができる機会がたくさんありました。今日の話では、「責任・権限・義務」の関係について、また教育業界が有形・無形サービスという概念と大きな関わりを持っているということを知ることができてよかったです。特に、無形サービスにおいては事前の品質管理がいかに大切かということを学べました。今回学んだ内容だけでも、今後に役立てられることばかりでした。また、研修を受ける側は自分で考える力が重要であると感じました。

研修講師へのメッセージ

 今回の研修を通して、「人に教えること」以外にも、社会に出てから必要なことを学べてよかったと思います。講師としてだけでなく、人として成長できた研修でしたので、非常に良い機会となりました。

これから研修を受ける方々へ

 生徒の力を引きのばすということだけでなく、社会に出ても役立つような話が聞けます。以前に受けた別の個別指導塾の研修では業務内容が中心でしたので、その部分で大きな差を感じました。ここの研修では、社会勉強を同時に受けられると思います。

A&PROより

 表面ではなく芯から教育者を育成していく、我々の研修を体験していただきました。ここでの学びがご自身の成長を少しでも後押しできていたら幸いです。(人財開発担当:遠藤)

研修で学べた事

[教室見学]

  • 周りの音を気にせず、しっかりと問題に向き合っており、かなりの集中力を感じました。
  • 怠けている生徒もおらず、しっかり勉強に向き合っているという印象を受けました。

[ 教室見学以外]

  • 生徒が自分自身で宿題を決めていると聞き、生徒の主体性を伸ばしているというイメージを抱きました。
  • 自発性は受験のみならずその先の人生でも役立つものなので、そうした生徒の将来まで考えた教育が良いと思いました。


この記事の著者/編集者

M.I. さん 東京医科歯科大学 歯学部  

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。