指摘してくれる人に感謝できていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝

私たちが社会で生きていけるのは、周りの人・物事のおかげです。相手から感謝される人は自分自身が周りに感謝している人。すべてに感謝し、豊かな人間関係を構築し、社会貢献していきます。

はじめに

皆さんは知人、友人に間違いを指摘されたことがありますか?
また、そのときにどのような感情になりますか?

私は指摘されるときには凹んでしまうことが多いです。中には指摘そのものに反発してしまう人もいるでしょう。

今回のテーマである”周囲の人・物事すべてに感謝”というクレドについて考えたときに、私はもっと指摘されること自体と指摘してくれる人に対して感謝するべきだと強く感じました。

一回の注意が一生の教訓に

顧問からの指導

私はたった一度怒られたことで一生の行動が変わった経験があります。

私は中学校でバスケットボール部のキャプテンを務めていました。キャプテンになってからは試合に毎試合出場していましたが、骨折をしたときを除き、1回だけ試合に出られなかったことがありました。

それはある練習試合の日に、私が審判のジャッジに対して抗議をし、聞こえるように文句を言ってしまったときです。審判の大変さを知らず、正しいジャッジをできなかった審判が悪いという幼稚な考えからこのような行動をとってしまいました。

顧問からは

「試合ができるのは審判のおかげなんだ、試合ができるのは当たり前だと勘違いするな!」

と、ベンチにてとてつもなく怒られ、試合終了後も舞台の上で怒られ、その日は試合に出してもらえませんでした。

正直に言うと、当時は試合に出られなくなるという事態にまで発展するとは思っていなかったです。

この出来事は私が怒られた後に審判に謝罪しにいき、無事に解決することができました。そして顧問に怒られてからというもの、審判のおかげで試合ができていたのだと理解することができたため私のバスケットボール人生において一切審判に文句を言うことがなくなりました。

高校に入ってからは私も審判をすることになり、審判の大変さを身をもって経験しました。その中で審判に文句を言っている人に対して「文句を言うことはおかしい」という思いも強くなっていきました。審判を経験したことで、顧問が言っていたことを理解するだけではなく、共感できるようになったのです。

顧問に対して真に感謝できたのは7年後のことだった

顧問から怒られたことに対して真に感謝できたのは7年も後のことでした。

なぜ7年後かというと、大学4年生になり、教育実習に行った際に教師という立場としてなかなか怒りにくかったということを経験したからです。

教師は生徒指導をする立場と分かってはいますが、生徒に対して怒る上で「これまでと同じ接し方ができなくなるのではないか」「嫌われてしまうのではないか」と考えてしまい、予想以上にかなりのエネルギーが必要でした。

だからこそ、そんな今では顧問が私に怒ってくれたこと、そして気づかせるために試合に出さないという判断をしてくれたことに対してすごく感謝しています。

もし、あのとき怒られていなかったら、私は試合ができることが当たり前と感じて審判に敬意を示さない人であり続けていたかもしれません。怒られたことを真摯に受け止めて自分を変えることができて本当に良かったと思っています。

高校生の頃、私が審判をしているときに文句を言われるたびに中学生の頃のエピソードを思い出しました。

指摘してくれていることに感謝

クレドで書いてある”周囲の人・物事すべてに感謝”というのはこのように耳が痛い話だとしても、しっかり指摘してくれる人に対しての感謝を忘れず向き合うという意味でとても重要だと考えています。

ほとんどの人は全く無関心な相手にわざわざ怒ったり指摘しないでしょう。
逆を言えば、指摘してくれる人は私の行動を本当に直してほしいと思うからこそ指摘してくれているわけです。

確かに指摘されると100%いい気持ちはしないかもしれません。ですが、大体の指摘は正しいことが多いです。指摘されたというところだけを切り取ってしまい、"相手がしっかり自分のことを考えてくれていること"、そして"それをしっかり伝えてくれること"に対して感謝を忘れてはいませんか。

さいごに

22歳になった私にも、コミュニケーションの取り方という面で悪い癖を指摘してくれる友人がいます。指摘してくれる人は皆さんの周りにもいると思います。彼らに対しての感謝を忘れてしまうと、そのように私のことを考えて指摘してくれる友人はいずれ周りからいなくなってしまうでしょう。

私は全てに感謝することを心がけることで、自分のことをしっかりと考えて指摘してくれる人に対しての感謝を忘れないようにしたいです。そして、指摘を真摯に受け止めることで、より人間的に成長していきたいです。

この記事の著者/編集者

中都智仁 早稲田大学 教育学部数学科 

早稲田大学在籍。サークルとバイトだけの大学生生活を送っていたが、コロナ禍になり自分のキャリアを見つめ直し、ビジネススクールに入校。
『もっと早くからキャリアを考えればよかった』という後悔からキャリア支援団体のen-courageで早稲田生のキャリア支援をしている。現在は1、2年生向けのイベントを企画、運営するセクションに所属し、10人規模のマネジメントを行なっている。
メンバーの成長を促進する一流のリーダーになるべく、リーダーズカレッジに参画。

するとコメントすることができます。

新着コメント

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。