学生と社会人で明らかに異なる、評価POINTとは。

クレド9、最後まで成し遂げる

中途半端な仕事を拒み、期待以上の成果を上げ、信頼を積み重ねます。

良いアイデアを生み出しても、中途半端に終わっては意味がない。

“最後まで成し遂げる”と聞いて自分が一番感じることが、何事もやりきらないことには意味がない、もっと言えば最後までやり切った上で良い結果を出さなければならないということです。

学生時代は、一生懸命考え努力をすれば一定の評価・成績が与えられます。しかし社会人は、いくら良いアイデアが浮かびたくさんの時間や労力をかけ行動したとしても、中途半端に終わっては意味がありません。社会貢献や顧客への価値提供は、“最後まで成し遂げる”ことを徹底して初めて生まれます。 こうしたことを感じる場面が、直営塾ヘウレーカでいくつかありました。

1つ目は、石橋先生から授業準備が不十分と指摘を頂いた時です。自分では理解していても、生徒に伝えるときの説明の曖昧さや、説明の仕方の引き出しの少なさは授業のレベルを下げてしまいます。このような自分基準の妥協した準備は、中途半端な仕事につながってしまいます。生徒に“最後まで成し遂げる”ことを求めていく立場である以上、自分自身が中途半端を許さない姿勢で仕事に取り組むことは大前提です。2つ目は、川瀬先生に教えていただいた授業以外諸々の業務に関して、抜けがあるまま終えてしまい後々先輩講師の方の二度手間を招いてしまった時です。信頼を積み重ねるという観点からも、1つ1つ任された仕事をやりきることは大事になってくると思いますので、日々の些細な業務を大切にしていきます。

 そして上記の経験に加え、生徒にとっても“最後まで成し遂げる”ことが大切であることを実感する経験がありました。数学でなかなか正しい計算結果を出せない生徒に自分がヒントを与えたことに関して、生徒が自力で解き切ることも大切にしてほしいという趣旨のアドバイスを荒先生から頂きました。これから自分が生徒にとっての手本となり、“最後まで成し遂げる”ことの大切さを伝えていければと思います。

生徒指導、そして社会人としてどう活かすべきか

生徒にとって“最後まで成し遂げる”ことは、答えまで完璧に出すこと、学習計画を忠実に実行すること、志望校に合格することなど様々です。だからこそ、生徒が学生のうちから“最後まで成し遂げる”ことの重要性を感じられるような指導をしていきます。

また、自分自身が1つ1つの約束や期限を守り、その時できる100%の仕事をする講師であり続けます。そしてより良いサービスを提供するために、周りの先輩方のアドバイスを積極的に受けつつ自分が納得できる準備をしたうえで授業に臨み、また1つ1つの仕事に関する報連相を徹底していきます。

そして社会人になってからは、“最後まで成し遂げる”姿を自分が見せていき、周りを巻き込んで組織をいい方向に引き上げられるリーダーとして活躍していきます。


この記事の著者/編集者

萩原佑太 早稲田大学 基幹理工学部  

高校まで10年間野球に打ち込み、一浪の末、早稲田大学理工学部へ

大学では、個別指導塾や引っ越しアルバイトを経験後、大学2年次からA&PROに所属している

A&PROでは塾講師を務め、4年次からはキャリア支援の学生団体にて顧客開拓部署のリーダーも務める
現在はA&PROと学生団体とのコラボプロジェクトに取り組み、日々相乗効果を目指し奮闘中

趣味はカラオケで、全国採点1位を獲得したことも!

最新記事・ニュース

more

周囲への感謝の気持ちを伝えることは、人間関係を豊かにし続けます。本記事では特に私が大切にする3つの考え方をお伝えします。読み終わった後にはつい照れてしまって感謝を大事な人に伝えきれていない人も「ありがとう」と周りに言いたくなるような記事です。

須賀渉大 羽田 優作 香山 渉 3Picks

感謝は大事だと分かっているけれど、感謝を後回しにしてしまう。そんな方に、感謝の価値を改めて実感していただき、実践するための準備となるメッセージになればと思います。

「ありがとう」と人に感謝を伝えるとき、皆さんはどのようなことを意識していますか。形骸化した「ありがとう」では、お互いに実りのあるコミュニケーションをとることができません。価値のある「ありがとう」を伝え、自分自身や相手、そして組織全体にプラスの影響を生み出していきましょう。

松本 康士朗 香山 渉 2Picks

プロジェクトマネジメントを機能させる土台となるのが『理念のマネジメント』 プロのリーダーは、「権威のマネジメント」を避け、「理念のマネジメント」を構築し、維持し続ける。 「好き・嫌い」や「多数決」ではなく、説得力ある提案を互いに尊重する文化を構築したいリーダーのための研修です。

須賀渉大 髙橋開 川村杏 久野 滉大 本田花 13Picks

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 突然ですが、皆さんはAさんとBさん、どちらの人と話したいですか? きっと、ほぼ全員がAさんを選ん…

今月の研修:災害時・緊急時の対応 以前、部下に信頼されるには、部下に相談するべきという記事を書きました。(部下から信頼されるリーダーになりたい)…

今月の研修:プロジェクトマネジメント(基礎1) 多くの企業、もしくは個人単位でも、ニーズを把握するために様々な取り組みが行われています。顧客のニ…

非常に重要な内容にも関わらず、なかなか記憶に定着しない、周囲のメンバーが覚えてくれない。そのような経験をはありますか。効果的に記憶を定着させるためには、「記憶のメカニズム」を理解し、活用することが重要です。

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷口 宗郁 吉田 美結 犬山 聖存 17Picks

ずっと思い出せる経験とすぐ忘れてしまう経験。この違いはどうして生まれてしまうのでしょうか。記憶のメカニズムを学び、この違いを一緒に解明してみましょう。

組織における尊敬とは、どのようなものなのか。尊敬を大切にする組織は何を実現することが出来るのか。尊敬と組織の関係性について、紐解いていきます。

互いに尊敬し合えるチームであるためには、「尊敬する努力」と「尊敬される努力」が必要です。仲間の尊敬できる部分に目を向け、発信していくこと。この重要性を記事を通してご説明します。