本気になることの素晴らしさがわかる、唯一無二の研修!

自分の可能性に気付き、感動。

 本気を出せば、人は驚くほど変われるということに気付きました。限られた時間でもできることはたくさんあるということを実感するとともに、頭をフル回転させ高い集中力を保ちながら研修に取り組んでいる自分に気付き、感動しました。

 理解できたのは、コミュニケーションは人間を豊かにしてくれるということや、コーチングはどんな場面でも人や物事を良い方向に進める方法であるということ。塾講師は生徒の将来を預かる仕事なので、自らの能力を高め続け、根拠ある自信と勇気を持って接しなければならないとわかりました。また、塾講師にとどまらず、人として大切なことを学ぶことができました。

研修講師へのメッセージ

 人間が本気になることの素晴らしさに気づくことができる唯一無二の研修でした。講師の方々は私に愛を持って本気で接してくれたので、研修の間は大変だと思うこともありましたが、乗り越えることができました。講師の方々が私をA&PROの一員として扱ってくれ、とことん育てようとこだわり抜いてくださったおかげです。生まれ変わったかのように成長できました。ありがとうございました。

A&PROより

 良い意味で「追い込まれる」ことで人は成長できる、という貴重な経験をしてくださったと思います。また、その厳しさは我々の愛であることを理解してくださいました。研修で発揮した「本気」を忘れず、今後の人生でも活かしていただければ幸いです!(人財開発担当:遠藤)

研修で学べた事(キーワード)


・あらゆる仕事はコミュニケーションと結びつけると豊かになるということ

・日頃から物事に敏感に気づき、感謝の心を持つことが重要

この記事の著者/編集者

Y.S. さん 東京理科大学 理学部  

最新記事・ニュース

more

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった3日間の集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレン…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野 歩華 伊藤 純希 35Picks

他人とコミュニケーションを取る上で意見を言うことはよくあります。アサーティブなコミュニケーションを磨くことがよい人間関係を築くことの手助けになると今回学ぶことができました。

断れない理不尽なお願いを受けたことは誰しもあるのではないでしょうか。それを引き受けてしまうのは自分を、無下に断るのは相手を大切にしていません。お互いを大切にするアサーティブコミュニケーションを作るにはどうしたらよいでしょう。

考え方の癖はコミュニケーションのくせに繋がります。 自分のつい使ってしまいがちな口癖からコミュニケーションタイプを判断し、理想的なアサーティブコミュニケーションを目指しましょう。

顧客に新しい価値を創造し続けるためには自らの脅威と向き合い、あえて自社の優位性を覆していくようなサービス・プロダクト開発が必要です。

藤原穫 1Picks

「最後まで成し遂げる」とはどういうことでしょうか?「最後まで成し遂げる」ことが大切だと言われるのはなぜでしょうか?「最後まで成し遂げる」ことで自信を持つことができると考え、自身の活動での活用法を示しました。

藤原穫 1Picks

自分を変えたい方に自信を持っておすすめしたい研修です。研修に参加する前の自分には表面を取り繕って満足してた部分がありました。しかし、本研修をきっかけに自分の限界値を更新して成長し続けます。