困難な経験をポジティブなことと思えるようになった3日間

研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること

自信は自分でたてた目標をやり通すことで得られる

自分はそこまで自分に自信を持てていない人間ではないのですが、やはり他人の評価に依存していて不安定なものであり、例えば自分が誰かに嫌われているということを知ると自信が揺らいでしまうということが多々ありました。そのため、自分で目標を立ててそれを自分でクリアしていく、言い換えれば自分に対して約束をし、それを果たしていくことによって自信を得ていくという考えは確実であるという点で理にかなっており、とても驚きだったし、役に立つものだと感じました。

PREP法

PREP法とは要点、理由、具体例、要約の順で話を進めるコミュニケーション方法でありとても実用的だと感じました。
この方法が有用だと思った理由はあらゆるコミュニケーションに使え、かつ聞き手が最も集中しやすく、また好きなタイミングで話を切り上げられるからです。
例えば結論だけを聞いて話を理解できたとき、聞き手はそこで次の話に移れます。
このPREP法を用いてより有意義で効率的なコミュニケーションを行っていきたいです。(PREP法によって述べました)

ノルマはコミットメント化できる

このことは日々あらゆる取り組みで生かせることで、与えられた課題を主体的に取り組めるものに変えることができたり、つらい環境にも主体的に参加できるようになると感じました。

研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

最も大きな心境の変化は、困難なことを経験することをポジティブなことと思えるようになったことです。研修前想像していたよりも遥かに厳しい環境でしたが、誠実な取り組みがしっかり評価される環境であったことでどんどん失敗を恐れずチャレンジしていけました。その経験によって失敗の次への生かし方も学べましたし、困難な経験をプラスに変えられたことでそういった経験を恐れない人間に変われました。これはひとえにそのようなチャレンジできる環境を作ってくださった研修講師である森口さんのおかげです。大変感謝しております。
また、ほかのメンバーも自分より経験豊富でレベルが高く手本になってくださるような方々だった為、勉強になりました。ありがとうございました。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

僕としては今の自分の現状に納得していない方にこそ受けていただきたいと思います。この研修は自分の能力の限界を知れるため、自分自身の把握につながり、またその限界を超えるすべを学べます。現状を打開するには今の自分の限界を超えることが最も効果的です。実際自分も現状に納得していなかったのですが、この研修を通じて現在地を再確認し、そこから新たな自分として再スタートすることができそうです。皆さんもぜひ体感してみてください。

研修を通じて学んだこと

  • リーダーは準備できている人がなるべき
  • PREP法
  • リーダーは嫌われてでもメンバーのために行動すべき
  • 限界を作るのは我々のイメージ
  • 無形サービスと有形サービス
  • 目標達成を評価するのではなく誠実な取り組みを評価
  • SMARTな目標設定
  • 自信は自分でたてた目標をやり通すことで得られる
  • 信頼関係は約束を守ることで築ける
  • 立場によらず説得力ある意見を用いる
  • コーチングとティーチングの違い
  • ノルマはコミットメントに変換できる

推薦してくれた方へのメッセージ

この度は推薦して下さりありがとうございました。
川瀬さんが自分としっかり向き合い誠実に評価してくださったおかげでこの大変実りある研修に参加することができました。

この記事の著者/編集者

河津 大誠 慶應大学 医学部  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 佐藤幹太

    早稲田大学大学生 2021年11月06日

    河津さん
    最初1年生と聞いたときにとても驚いたことを覚えています、それほどまでに思考力や積極性が素晴らしく、年齢や学年関係なく刺激をもらっていました。
    困難なことを経験することをポジティブにとらえらるようになった河津さんが今後さらに成長していく姿が楽しみですし、自分も負けないように一緒に頑張っていきたいと思いました!3日間お疲れ様でした!

  • 小川勇

    早稲田大学 政治経済学部 2021年10月29日

    河津さん
    3日目、河津さんの様子を見ていて、PREP法をよく意識していることが伝わりました。自分の中で、ルール・約束を作り、それを実践し続けていれば、自ずと自信もついてくると思います。
    今回のリーダーシップゼミで学んだことを活かして、これからの活動も頑張ってください!引き続き応援しています。

    小川勇

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2021年10月21日

    自分の限界を超えていくことで現状を打開する。自分と向き合って再スタートを切ることは重要な一歩でしょう。
    その中でも、困難を恐れずチャレンジしていけることは河津さんの大きな強みになっていくと感じます。
    河津さんには自分が誠実な姿勢を持つだけでなく、誠実な姿勢が評価される環境を作っていくことができるのではないでしょうか。
    どのような場面でも誠実に挑戦し続けて活躍されることを応援しています!

    リーダーズカレッジ:田村

  • 川瀬 響

    2021年10月30日

    河津さん、

    3日間、お疲れ様でした!
    河津さんが自分自身に向き合い、新たなスタートを切るきっかけにできたとのこと、とても嬉しく思います。

    私も感じていることですが、
    今回の研修で学んだことをこれからの日々の中で全て生かすことは、簡単なことではないと思います。
    だからこそ、1つ1つ実践していくことは、とても価値があるのだと思います。

    これからの河津さんの活躍を応援しています!
    学業も部活も、頑張ってくださいね!

    川瀬響

  • 山田飛翔

    早稲田大学大学院 創造理工学研究科 2021年10月29日

    目標設定や目標をやりきることの重要性は今回大きな学びであったのではないでしょうか。また、研修中も学んだことを即座に意識して、誠実に取り組んでいるように感じました。
    河津さんは目標に対して真っ直ぐ進むことができる人だと感じたので、ぜひ今後の活動でも失敗を恐れずにチャレンジして自分の限界を超えていってください。応援しています。
    早稲田大学:山田

最新記事・ニュース

more

「人は強く望んでいることを容易に信じてしまうものである」噂・偏見・思い込みで、誠実に行動している人を傷つけてはいけない。本質を理解し、誠実に行動…

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

嶋田 夏生 草野柾樹 原 駿介 星野歩華 伊藤純希 45Picks

研修参加前は、本当に自分はリーダーに向いているのか不安に感じていました。それは、リーダーはセンスや性格で決まるものだ、という考えに基づくものでした。しかし、研修を通じて自分自身も努力次第でリーダーになることができることに気づき、リーダーをやることに対して積極的に考えるようになりました。 また、自分自身の甘さやリーダーになることの大変さにも気付くことができたので、それと真摯に向き合って誠実なリーダーを目指し、継続的な努力を続けていきたいと思います。

まさに想像を超えてくる研修だと思います。 日常では気づけないことにたくさん気づくことができます。当たり前のように使っているコミュニケーションの奥深さに気づくこともできます。 これまで数多くの会社のインターンに行きましたが、ここまで自分と向き合い、実際のビジネスにおける視座でコミュニケーションを取れる機会はありませんでした。間違いなく貴重な経験となるので、自身の弱みは隠さず、全てを吸収するという覚悟を持って臨むことをお勧めします!

クレド2.互いに尊敬し合えるチームであれ 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

二日間の研修で、表面的な親切心は妥協でしかなく、本当に相手のことを思った言葉ではないと気づきました。リーダーは相手の未来の成長を常に考え、耳の痛いアドバイスも与えることができる人です。私も「いい人」ではなく「嫌われる勇気を有する人」としてコミュニケーションできる人材になろうと、根本から価値観を転換することができました。

台風、大雨、洪水、大雪、地震などたくさんの災害が起こる日本。リーダーとしてメンバーの命を預かる際、これらの災害に対して正しく向き合えていますか?

クレド1.周囲の人、物事全てに感謝 普段、感謝を伝える機会を作れていますか?恩返しとして行動に移すことも素晴らしいことですが、相手に言葉として感謝を伝えることで、より有り難さをお互いに認識することができるのではないでしょうか。

地震が起きた際、コミュニケーションを使い分ける必要性があります。最初は強いコミュニケーションで身の安全を守ることを命令し、その後は大きな声で落ち着いて指示を出すとよいでしょう。いつ起こるかわからないからこそ、準備ができているリーダーになりましょう。

誰しもが受けたことがあるはずの避難訓練。しかし、それも生活様式の変化によって変わってきているはずです。今回の記事では、テレワーク下における避難訓練についてお話します。

早稲田大学の星野歩華と申します。大学生活ではダンスサークルの活動に注力しており、広報部長を務めていました。最後の1年はコロナの影響で普段の活動ができませんでしたが、逆境を成長のチャンスと捉え「今しかできないこと」に取り組み乗り越えました。