困難な経験をポジティブなことと思えるようになった3日間

研修を通じて気付けたこと・今後に役立てられること

自信は自分でたてた目標をやり通すことで得られる

自分はそこまで自分に自信を持てていない人間ではないのですが、やはり他人の評価に依存していて不安定なものであり、例えば自分が誰かに嫌われているということを知ると自信が揺らいでしまうということが多々ありました。そのため、自分で目標を立ててそれを自分でクリアしていく、言い換えれば自分に対して約束をし、それを果たしていくことによって自信を得ていくという考えは確実であるという点で理にかなっており、とても驚きだったし、役に立つものだと感じました。

PREP法

PREP法とは要点、理由、具体例、要約の順で話を進めるコミュニケーション方法でありとても実用的だと感じました。
この方法が有用だと思った理由はあらゆるコミュニケーションに使え、かつ聞き手が最も集中しやすく、また好きなタイミングで話を切り上げられるからです。
例えば結論だけを聞いて話を理解できたとき、聞き手はそこで次の話に移れます。
このPREP法を用いてより有意義で効率的なコミュニケーションを行っていきたいです。(PREP法によって述べました)

ノルマはコミットメント化できる

このことは日々あらゆる取り組みで生かせることで、与えられた課題を主体的に取り組めるものに変えることができたり、つらい環境にも主体的に参加できるようになると感じました。

研修参加前後での心境の変化・研修講師やA&PROメンバーへのメッセージ

最も大きな心境の変化は、困難なことを経験することをポジティブなことと思えるようになったことです。研修前想像していたよりも遥かに厳しい環境でしたが、誠実な取り組みがしっかり評価される環境であったことでどんどん失敗を恐れずチャレンジしていけました。その経験によって失敗の次への生かし方も学べましたし、困難な経験をプラスに変えられたことでそういった経験を恐れない人間に変われました。これはひとえにそのようなチャレンジできる環境を作ってくださった研修講師である森口さんのおかげです。大変感謝しております。
また、ほかのメンバーも自分より経験豊富でレベルが高く手本になってくださるような方々だった為、勉強になりました。ありがとうございました。

これからリーダーシップゼミを受ける人へのメッセージ

僕としては今の自分の現状に納得していない方にこそ受けていただきたいと思います。この研修は自分の能力の限界を知れるため、自分自身の把握につながり、またその限界を超えるすべを学べます。現状を打開するには今の自分の限界を超えることが最も効果的です。実際自分も現状に納得していなかったのですが、この研修を通じて現在地を再確認し、そこから新たな自分として再スタートすることができそうです。皆さんもぜひ体感してみてください。

研修を通じて学んだこと

  • リーダーは準備できている人がなるべき
  • PREP法
  • リーダーは嫌われてでもメンバーのために行動すべき
  • 限界を作るのは我々のイメージ
  • 無形サービスと有形サービス
  • 目標達成を評価するのではなく誠実な取り組みを評価
  • SMARTな目標設定
  • 自信は自分でたてた目標をやり通すことで得られる
  • 信頼関係は約束を守ることで築ける
  • 立場によらず説得力ある意見を用いる
  • コーチングとティーチングの違い
  • ノルマはコミットメントに変換できる

推薦してくれた方へのメッセージ

この度は推薦して下さりありがとうございました。
川瀬さんが自分としっかり向き合い誠実に評価してくださったおかげでこの大変実りある研修に参加することができました。

この記事の著者/編集者

河津 大誠 慶應大学 医学部  

するとコメントすることができます。

新着コメント

  • 佐藤幹太

    早稲田大学大学生 2021年11月06日

    河津さん
    最初1年生と聞いたときにとても驚いたことを覚えています、それほどまでに思考力や積極性が素晴らしく、年齢や学年関係なく刺激をもらっていました。
    困難なことを経験することをポジティブにとらえらるようになった河津さんが今後さらに成長していく姿が楽しみですし、自分も負けないように一緒に頑張っていきたいと思いました!3日間お疲れ様でした!

  • 小川勇

    早稲田大学 政治経済学部 2021年10月29日

    河津さん
    3日目、河津さんの様子を見ていて、PREP法をよく意識していることが伝わりました。自分の中で、ルール・約束を作り、それを実践し続けていれば、自ずと自信もついてくると思います。
    今回のリーダーシップゼミで学んだことを活かして、これからの活動も頑張ってください!引き続き応援しています。

    小川勇

  • 田村稔行

    早稲田大学 基幹理工学部 情報通信学科 2021年10月21日

    自分の限界を超えていくことで現状を打開する。自分と向き合って再スタートを切ることは重要な一歩でしょう。
    その中でも、困難を恐れずチャレンジしていけることは河津さんの大きな強みになっていくと感じます。
    河津さんには自分が誠実な姿勢を持つだけでなく、誠実な姿勢が評価される環境を作っていくことができるのではないでしょうか。
    どのような場面でも誠実に挑戦し続けて活躍されることを応援しています!

    リーダーズカレッジ:田村

  • 川瀬 響

    2021年10月30日

    河津さん、

    3日間、お疲れ様でした!
    河津さんが自分自身に向き合い、新たなスタートを切るきっかけにできたとのこと、とても嬉しく思います。

    私も感じていることですが、
    今回の研修で学んだことをこれからの日々の中で全て生かすことは、簡単なことではないと思います。
    だからこそ、1つ1つ実践していくことは、とても価値があるのだと思います。

    これからの河津さんの活躍を応援しています!
    学業も部活も、頑張ってくださいね!

    川瀬響

  • 山田飛翔

    2021年10月29日

    目標設定や目標をやりきることの重要性は今回大きな学びであったのではないでしょうか。また、研修中も学んだことを即座に意識して、誠実に取り組んでいるように感じました。
    河津さんは目標に対して真っ直ぐ進むことができる人だと感じたので、ぜひ今後の活動でも失敗を恐れずにチャレンジして自分の限界を超えていってください。応援しています。
    早稲田大学:山田

最新記事・ニュース

more

誰しも緊張して力を出しきれなかった経験があるのではないでしょうか?この記事では、緊張に対処する方法と、緊張に関する野球部での実体験を紹介します。

研修中でさえも成長を感じられますが、研修後に努力を継続することで計り知れない学びを得ることができ、自己実現に繋げることができると実感しています。

参加後は自分がリーダーとして目指すべき姿やリーダーとして欠けていた部分を理解することができ、今後私がやるべきことを明確にすることができました。

研修参加前は、リーダーとしてチームを引っ張ることに不安を抱えていました。しかし参加した後は、リーダーとして働くことに対してポジティブに捉えられるようになりました。なぜなら、「今のチームにはこれが足りないのか」といった気づきや、「リーダーはこれが必要だったのか」というような実践に落とし込めるような内容であったからです。本研修に参加していなかったら、こうした心境の変化はなかったと思います。

普段はなかなか感謝を伝えられていない人は多いのではないでしょうか?この記事では、感謝の表し方と私自身が照れ臭さから両親に感謝を伝えられなかった経験を紹介します。

今月の研修:マナー・ホスピタリティ・おもてなし 今回の研修では、マナー・ホスピタリティ・おもてなしについて学びました。 その中でもこの記事では、…

今月の研修:記憶のメカニズム 皆さんは「2×4」の答えを聞かれたとき、答えをどのように導きますか? 2が4個あるからという概念で考えたり、“にし…

リーダーシップゼミやビジネス基礎研修で学んだことを、机上の空論とせずに実践し続けることが重要。プロジェクト年間計画をもとに毎月、リーダー同士でチ…

須賀渉大 本田花 谷 風花 久野 滉大 髙橋開 23Picks

単なる就業体験では意味がない。 単なる発表会でも意味がない。参加者の能力開発にこだわった集中プログラム。 今のうちに自身の限界にチャレンジし、社…

前野 里歩 各務 祐樹 山下 莉奈 松本 康士朗 山本 陽太郎 81Picks

「想定外だったから仕方ないよね」このような言葉に違和感を抱いたことはありませんか。この記事では”リーダーとして組織として、想定外”に誠実に向き合うための戦略についてお話しします。

「報告・連絡・相談」の仕組みを作ることは、リーダーとしてメンバーをマネジメントする上で欠かせない工程です。組織内での連携をスムーズに行い、より確実なアウトプットを出すためにも、まずは「報告・連絡・相談」を正しく理解し、活用できる組織を目指していきましょう。

復習回数を闇雲に増やしたり、ノートいっぱいに何度も書かせる記憶法は、社会に出てから通用しない。 多忙なリーダーは、重要事項を一発で覚える。 たとえそれができなくても、復習回数を最小限にし、効果的・効率的に記憶することが大切。

久野 滉大 本田花 髙橋開 平山 大翔 上野美叡 18Picks

研修参加前、私はリーダーとして、周りの期待以上に頑張りたい、しかし、周りから何を期待されているのかわからない。このようなもどかしい状態が続いていました。しかし研修を通じて、今の私にリーダーとして不足している点が洗い出され、その弱みを克服していくことが出来ました。

本当に弱みに向き合うとはどういうことか、「誠実さ」とは何か、信頼や自信に繋がることは何かなど、多くの気付きを得られる研修でした。そして、その気付きを提供し続けるために必要なことを学び、実行することができました。

研修に参加することで「誠実でいること」の重要性に気づかされました。正直と誠実の違いを明確に言語化して理解することで、ただ正直でいるだけでなく、誠実でいることを絶対に忘れないでおこうと思いました。